GUMKA工房記

模型の企画・設計とロシアのレッドアイアンモデルズの代理店をやっている「GUMKAミニチュア」の備忘録を兼ねたブログです。雨が降ると電車が止まるJR武蔵野線の新松戸と南流山駅の中間辺りに事務所はあります。近所に素材や塗料が揃う模型店がありません。最近、昔からやっている本屋が閉店しました。

カテゴリ: 1/12 750SSを組む


まずは左右フロントフォークにアンダーブリッジの部品をセットします。
この段階では、まだ接着はしません。

イメージ 1


次にウインカー基部をセットします。
この部品は、フロントフォークに接着します。

イメージ 2


以前も書きましたが、ヘッドライトステーは,、私の修正忘れがあって、
高過ぎるので、下部を削ってください。すいません

イメージ 3

ヘッドライトステーをフロントフォークを挟むように取り付けます。
完全に接着していないので、くるくる回ります。

イメージ 4

フロントブレーキの中間ジョイントにブレーキホースを取り付けるために、
真鍮線を植え込みます。

イメージ 5

それをアンダーブリッジに接着します。

イメージ 6

(続く)


メタル製マフラーは、それなりの重さがあるため、
単にフレームに接着するだけでは強度的に心配があるので、
真鍮線で補強します。

まずは真鍮線を入れる穴を各部に開けます。

イメージ 1


イメージ 2


車体右後部に真鍮線のブレーキロッドを接着し、
リアサスも取り付けます。

イメージ 3

マフラーを付けると、一気に重くなるので、先にフロント周りを組むことにします。



前回、形にしたフレームに部品を付けていきます。
まずリアフェンダー。国内・北米向けの短いタイプです。

イメージ 1

ウインカー基部とバッテリーケースの下部に接着ガイドがあるので、
そこに合わせて接着します。

イメージ 2

スイングアームのガイドに合わせて、チャーンカバーを取り付けたら、
リアホイールとフレームにサスペンションを付けます。

イメージ 5


チェーンとスイングアームの位置が決まったら、
エンジンの左カバーを接着です。



イメージ 3

左側はこれで終わりです。だんだんバイクらしくなってきました。

イメージ 4

今回は組立の山場です。

まずホワイトメタルの部品状態のままだと、スイングアームがフレームの取り付け穴に填りません。

イメージ 1

3mmのドリルで、穴を大きくしましょう。それでもうまく填らない場合は、
スイングアームをヤスリ掛けして調節してください。

イメージ 2

フレーム上部の補強パイプを半田付けします。

イメージ 3


エンジン、ホイール&チェーン付きスイングアーム、バッテリーケースをセットして、
フレームの左右を半田付けします。まずは、後部から。

作業に没頭していて、半田付け作業後の画像を撮り忘れていました。すいません

イメージ 4

次に、フレームヘッド部をしっかりと半田付けします。
ちらと画像に写っていますが、私は半田を盛り気味にしてから、
削って成形するので、半田は模型用や工作用ではなく、
自動車やバイクに使用する板金用を使っています。
各自のやり方に合わせて選んでください。

イメージ 5

一気に形になるのが、バイク模型の楽しさ。

イメージ 6

通常は塗装しながら組むので、部品に加工やら、
組む手順を考えなければならないのですが、
今回は組むだけなので、ストレートに作業を進めます。

イメージ 7


イメージ 8


スイングアームとフレームの位置関係はこんな感じです。

イメージ 9

(続く)


センタースタンドはフレームに半田付けしました。
イベントで見本として展示したり、
何度も車で運んだりするので、
強度が必要だからです。

完成後は展示して触らないという一般モデラーさんなら、
もちろん、接着でもかまいません。

何の写真かわからないかもしれませんが、フレームを固定しています。


イメージ 1

まずは、軽く固定してから、

イメージ 2

しっかりと半田付けします。上手な方だと一発で決まりますが、
私はホワイトメタルの半田付けが苦手で、何度か作業をしました。

イメージ 3

スタンドが固定できたら、試しに、エンジンやスイングアームを取り付けて様子を見ます。

ここで問題が発覚。

フレーム側のセンタースタンドの取り付け基部は、
実車では細いパイプですが、強度を確保するために直径を太くしました。

そこにエッチング製チェーンが微妙に干渉しています~


イメージ 4

申し訳ありませんが、組むとき、軽くヤスリがけして、干渉しないようにしてください。

手作り原型故のトラブルなんで、どうか許してやってください

ホワイトメタル製のフレームは耐熱ゴム型を使って
遠心注型器で量産するため、どうしても変形や歪みが生じます。

これは製品の特性上、仕方ないんで修正しましょう。

クラフト用ペンチやピンセットペンチなどで、ゆっくりと丁寧に曲げていきます。

イメージ 1


この作業、運が良いと30分程度で終わりますが、
今回は、どこから始めれば効率良いか調べたくて、
あれこれやっているうちに土壺にハマり、
2時間ちかく、格闘する羽目に


イメージ 2

結局、エンジンを挟み込んで、ちゃんと固定できるように修正するという、
オーソドックスなやり方が一番良いみたいです

このページのトップヘ