GUMKA工房記

模型の企画・設計とロシアのレッドアイアンモデルズの代理店をやっている「GUMKAミニチュア」の備忘録を兼ねたブログです。雨が降ると電車が止まるJR武蔵野線の新松戸と南流山駅の中間辺りに事務所はあります。近所に素材や塗料が揃う模型店がありません。最近、昔からやっている本屋が閉店しました。

カテゴリ: 千葉県


 ブロ友の馬鹿模型番長さんが遊びに来たので、地元の洋食マツノで昼食を。私は、ソースかつ丼で、模型馬鹿番長さんはトンカツ定食を注文。ラードをたっぷり使って揚げるトンカツに満足いただけた様子でした。
 少し前、流山が舞台になったアニメがあり、マツノも店名を変えて出てきたそうで、全国各地から若いファンが訪れるようになり、模型馬鹿番長さんが静岡から来たとわかると、女将さんが、「じゃあ、記念にノートに書き込みしていって」と言いながら、イラストやメッセージが沢山、書かれたノートを渡していました。以前は、こんなノートなかったです。


イメージ 1

食後の運動を兼ねて、流鉄線に乗って流山散策へ。

イメージ 2

 開業100周年だそうです。流鉄線も流山の街もアニメとタイアップしているようで、ファンの方々が地図を片手に巡礼する姿が、ちらほら見られましたが、私らは、ひたすら流山の脱力風景を。

イメージ 3


生憎、天気が良すぎて、あまりに暑く、早々に退散。

坂川のアカミミガメだけが暑さに負けず元気そうでした。

イメージ 4



川沿いに立つカエルの看板。
スローガン、コピーには同意です。

イメージ 1


でも、このカエル、ヘソがあるんですよね。


イメージ 2


カエルは両生類で卵生という生物学の基本を無視しています。

あと、お腹は体色の緑ではなく、白だと思う…

 近所の寿司屋がランチをやっているのですが、
そのメニューの表示場所が、かなり斬新です。

イメージ 1

 
おかげで、周囲で誰も食べた人がおらず、
おいしいのか、そうでないのか判断できません。



 近所の住宅地のど真ん中に広い麦畑があり、そこが収穫の季節となりました。

イメージ 1

イメージ 2

 日本では、北海道以外、麦の刈り取り時期が梅雨になってしまうため、そもそも麦栽培には適していないという話も聞きましたが、一面の麦は稲穂とは違った趣があります。

イメージ 3

 偶然、この場所を発見し、「プチ・ウクライナ」と名付けて実りの季節を毎年、しみにしてきましたが、とうとう、今秋に宅地造成されるらしく、この東部戦線みたいな光景も今年で見納めとなります。



千葉県某所にあるコイン遊具です。
イメージ 1


どう見てもモチーフは日産のエスカルゴですが実車の発売期間は意外と短く、1989年と90年の2年のみ。

イメージ 2


通常、こういう遊具は実車の現役時代に製作されますが、状態がかなり良く、とても25年ほど経っているとは思えません。もちろん、再塗装などメンテが十分だった可能性もありますけど…

ひょっとしたら、割と最近、デザインされたのかも…

でも、古い車を遊具化するなら、ローバーミニやVWビートル、シトロエン2CVとか、いろいろ題材がありそうですが、なぜに、日産エスカルゴ?



このページのトップヘ