GUMKA工房記

千葉県南流山にあるGUMKAミニチュアの備忘録を兼ねたブログです。

カテゴリ: 心惹かれる食べ物


 先月、所属しているサークルの年次総会があり、会場が市ヶ谷のJICA地球ひろば でした。そこの二階にJ's cafeという週替わりで開発途上国のメニューを提供している食堂があり、昼食はそこに行きました。

 この日のメニューはスーダン風牛肉とオクラのピーナッツトマト煮。
R1050167

R1050162

R1050164

 注文してみましたが、スパイシーなのかと思いきや、全然、そんなことはなく、濃いめなミネストローネみたいな感じ。オクラもいいアクセントになっていました。

 J's cafeのエスニックメニューは1食あたり20円が難民救済に寄付されるので、微々たるものながら、食べて国際貢献ができます。


 

 
 御彼岸の墓参りで浅草の日輪寺に行ったので、昼飯は「天麩羅 多から家」で穴子と芝エビの天丼を食べました。

イメージ 1


イメージ 2

 創業90年余の老舗で、店内も昭和の雰囲気そのまま。胡麻油の香りが食欲を湧き立てる昔ながらの天丼が食べられます。

 それにしても最近の浅草は、外国人旅行者だらけですね。なんだか年々、増えている気がします。以前は浅草寺仲見世通りに集中してて、お墓のあるお寺周辺で見ることは、まずなかったのに、最近は地元の方しか行かないような裏通りの食堂や古い喫茶店などでスマホで動画を撮りながら食事やお茶をしています。



 千葉県を中心に店舗展開する「回転寿司やまと」にてマンボウの唐揚げを食べました。

イメージ 1


 魚というよりは鶏の軟骨や動物の内臓肉に近く、唐揚げにはぴったりの素材でした。やまとは水産会社が運営している回転寿司店で、ネタが新鮮なうえに地魚メニューが豊富で、こんな変わりダネが食べられます。
 

 
 徳之島から帰った直後、「エブリワンが消滅しファミリーマートになる」という衝撃的なニュースを聞きます。実は我々が徳之島旅行をしていた2015年12月、既にエブリワンの運営会社が大手コンビニチェーンのファミリーマートに吸収合併されており、エブリワンの全店舗を逐次、ファミリーマートに転換していく方針だったそうで、翌2016年には徳之島にあったエブリワン4店舗も全てファミリーマートに看板が変わります。
 
 転換が先行した鹿児島や熊本の店舗では、エブリワンの特徴でもあった店内で調理する弁当やパンが廃止され、利用者をガッカリさせましたが、中西さんの友人の昆虫採集仲間が、2016年夏に徳之島に行ったときは、ファミマのおにぎりや弁当、ファミチキ、大手製パン会社のパンと共に、エブリワン時代のお弁当や総菜、パンが引き続き店内調理されており、ポーク玉子巻きおにぎりも健在で、徳之島が離島であるという事情を考慮しての処置では?とのことでした。
 
 2017年12月、我々が再度、徳之島を訪れたとき、現在の状況を確認すべく、すぐに旧エブリワンの天城町支店へ行きました。写真は撮り忘れましたが、当然の如く、看板や入口は改装されてファミリーマートになっていました。
 
 事前の情報どおり店内ではファミマのおにぎりやサンドイッチ、惣菜も売っていますが、エブリワン時代の弁当や総菜、パンも併売されています。肝心のポーク玉子巻きおにぎりは見つからず、とりあえず、お腹が空いていたので、類似の「ばくだんおむすび」を買いましたが、これはこれで美味しかったです。


イメージ 1
 
翌日、別のファミマで、ポーク玉子巻きおにぎりを見つけました。
 
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
 エブリワン時代とはラベルデザインが変更され、商品名も「巻きおに」から「巻きおむすび」になり、ベルマークが付きました。鹿児島県産のお米使用もアピールしていますね。肝心の味は全く変わらず、一同、安堵でした。
 
 2015年の旅行では一度しか買えなかったのに、今回は飲み物を買いに夜にファミマに寄ったら、運良く二度目の遭遇がありました。インスタントのカップ味噌汁と共に買って、宿で夜食として堪能しました。味噌汁が黒く見えるのは赤出汁だからです。
 
イメージ 4
 
 とりあえず、自分の眼でポーク玉子巻きおにぎりの健在を確認できて良かったです。
 
 それにしても、セブンイレブンでもローソンでもいいから、どこかで商品化してくれませんかね?絶対に売れると思うんだけどな…ときどき、無性に食べたくなるときがあります。


 
 初めて徳之島に行ったのは、2015年12月でしたが、旅行前に昆虫採集マニアだった旧友の中西さんから情報収集しました。彼は八重山諸島や南西諸島の甲虫に魅せられ、シーズンになると沖縄本島石垣島西表島奄美大島、徳之島に通って、夜は虫を求めて島中を彷徨い歩き、昼間はレンタカーの軽ワンボックスや軽トラの荷台で寝るという過酷な採集旅行をやっていた過去があり、普通の旅行者は知らない(知る必要ない?)情報を持っています。

 「徳之島で、これだけは食べておけとかある?」を尋ねると「そりゃー、エブリワンのスパム玉子巻きおにぎりと、鶏飯(けいはん)だね」と。
 
 エブリワンは鹿児島や熊本、沖縄など九州のローカルコンビで、徳之島には4店舗がありました。各店舗でお弁当や総菜を手作りして、パンも焼いており、中でもスパムの乗った玉子巻きおにぎりは、島民も狙っているので厳しい争奪戦となり、なかなか買えないという話でした。

 徳之島に着いたら「とりあえず、エブリワン行こうぜ」と空港から一番近い天城にある支店へ。

イメージ 1
 
 店内を見まわすと、事前情報通り沢山の美味しそうなパンやお弁当、惣菜が並んでいます。おにぎりのコーナーの端に目をやると…
 
 
イメージ 2
 
 正式名称は「ポーク玉子巻きおに」らしいです。「大袈裟に言っちゃって何が、なかなか買えないだよ。普通に売っているじゃないか」と思いつつ、みんなで1個づつ買って、景色の良い場所で食べました。


イメージ 3
 
 徳之島では一般的な海苔巻きおにぎりもありますが、薄焼き玉子で巻いたおにぎりもスーパーマーケットや持ち帰り弁当店で売っています。エブリワンの玉子巻きおにぎりはサイズが大きく、焼いたスパムが乗っており、とにかく旨い!島民が売っていたら買うという話も納得です。
 
 ちなみに、我々はたまたまビギナーズ・ラックなだけで、中西さんの言葉どおり、この後、島を離れるまで「ポーク玉子巻きおに」をエブリワンで見ることはなかったです。
 
(続く)
 

このページのトップヘ