GUMKA工房記

千葉県南流山にあるGUMKAミニチュアの備忘録を兼ねたブログです。

カテゴリ: エビ・カニ料理


 秋葉原で打合せの後に世間話をしていたら、先方様が個人的にいろいろあって、大変な状況と判明。

 気分転換にどっかで美味しい天丼が食べたいというので、浅草に移動し、かき揚げで有名な某店に行こうとしたら、まさかの臨時休業。

 お腹は完全に天丼になっていたので、大黒家を覗いてみたら、平日でお昼時を外れていることもあってか、土日の長蛇の列より、かなり短めな行列。これなら、待ってもいいかと並ぶと、運良く10分ほどで御案内が。
 
 大黒家といえば、海老天四本がのった天丼が名物として有名ですが、私はかき揚げの小海老のプリプリ具合が好きなので、海老天二本・かき揚げの天丼を。これか海老天・キス天・かき揚げ天丼のどちらかを注文します。


イメージ 2

f:id:gumka:20190817122854j:plain

 
 甘辛なタレをたっぷり吸い込んだホクホクの衣が美味しい昔ながらの天丼です。今風のサクサク天丼が好きという方には不向きかな?先方様も喜んでくれたので、やはり、美味しいものを食べると人間、幸せな気持ちになりますね。

世界最大の甲殻類タカアシガニを出してくれる宿や料理店といえば、
西伊豆の戸田が有名ですが実は千葉県でも僅かながら流通しており、
食べさせてくれる宿も内房に二軒ほどあります。

その中の岩井湯元温泉の「ろくや」にて季節限定メニューでいただきました。


イメージ 1


タカアシガニを食べるのは久々でしたが、蒸し加減も良く美味しくいただけました。


 秋のサクラエビ漁が解禁となったので、夫婦で静岡県由比へ行き、漁協直営の食堂「浜のかきあげや」に行きました。

イメージ 1

イートイン・スペースは、テーブルは会議机まんま。屋根こそあるものの壁がなく、食事の余韻を楽しむには程遠い環境ですが、朝10時過ぎに着くと、日曜ということもあってか、駐車場には地元の静岡、沼津だけでなく、大阪、尾張小牧、岩手、高崎など県外ナンバーの車も沢山いました。

注文したのは、沖漬け丼セット。御飯の上に刻み海苔、ワケギ、漁船の上でタレ漬けにした獲れ立てサクラエビがのった沖漬け丼に衣よりサクラエビの具の方が多い真っ赤な掻揚がセットされています。味噌汁もサクラエビ出汁というありがたさ。


イメージ 2


イメージ 3

沖漬け丼を半分くらい食べたら、机に置かれた保温ポットの出汁のスープを注げば、出汁茶漬けに。こいつが最高です!

すっかり堪能しましたが、この美味しさは産地ならでこそ。由比近郊にお住まいの方々が羨ましいです。


千葉県在住のライダーには有名な富津市金谷の海鮮料理店「かなや」に行きました。

注文したのは、「おばけ海老・穴子天丼」

イメージ 1

料理名に偽りなしの立派なサイズの海老と穴子でした。

イメージ 2

目の前に置かれたときは、完食できるかな?と思いましたが、
御飯の量が少なめだったので食べられました。

こちらは、一緒の頼んだ「貝五種のかき揚げ」

イメージ 3

美味しかったのですが、揚げ物づくしだったので、
刺身か煮魚にすべきだったなと反省です。

静岡県の清水へ。

イメージ 1

 駅から見えた謎の白い巨大オブジェ。一体何でしょう?

イメージ 2

お土産に生しらすと、5~6月が旬の生桜エビを買い、
まず御飯に海苔、その上に両方を載せ、刻みワケギを一握り。
そこに、生姜醤油を掛けて、かき混ぜ、1/2ほど喰らいます。

イメージ 3


イメージ 4

 う~ん、たまらん!

さらにウズラの卵を2個入れて、かき混ぜ、
残りを食べる! ひたすら掻き込む! 
滲みるくらい、旨い!

イメージ 5


あ~、日本人で良かった~♪

千葉県の外房には、伊勢海老関連の特産品が沢山ありますが、
今回、「伊勢海老ラーメン」を御土産で頂きました。


イメージ 1

箱を開けると、生麺と液体スープがセットされています。
伊勢海老がレトルト具で入っているとか、
麺に伊勢海老の身が練り込んであるとかではなく、
スープが伊勢海老風味という内容です。


イメージ 2


焼豚とメンマを用意して、さっそく作ってみました。


イメージ 3

確かにスープは伊勢海老の風味がします。
生麺タイプのインスタント・ラーメンとしては、普通に美味しいです。
Y先生、ありがとうございました。

このページのトップヘ