GUMKA工房記

千葉県南流山にあるGUMKAミニチュアの備忘録を兼ねたブログです。

カテゴリ: 自動車


 ディーラーからハガキと電話をもらい、今年が車検だと思い出しました。

 臨時収入があったとき、たまたまエアコンの調子の悪くなったので、何の躊躇もなく、買い換えましたが、当時の私に言いたい。どうしてお前は「車の車検、いつだっけ?」と思い出せなかったんだと。


イメージ 1


 きちんと計画立てて、お金の使い道を考えられる。そういう大人に私はなりたい



 街道から脇道に入った場所にある自動車修理工場のヤードに日産パオが2台置かれていました。エンジンやミッションはわかりませんが、外観は、どちらもレストアベース車としては充分なレベルでした。

 一時期、購入を考えていた車だったので、久々に実車が見られて幸せでした。
 
イメージ 1


 残念ながら、数日後にはなくなっていましたが、個人的には知り合いの中古車業者に引き取られ、巡り巡ってファンの手に渡ったと信じたいです。

 もう今の日本では、こんな車、作れないのが悲しいです。

車検が間近な車のバッテリーが4年目なので交換しました。2014年に納車された際

「バッテリーがダメになっていたんで交換しておきました」

と言われたので、てっきり新品だと思っていたのですが、製造年月日を見たら、その時点で2年過ぎてる2012年11月。まだ使えるバッテリーに交換したという意味でした(笑)

 車種や年式によって異なるのですが、区間走行距離計トリップメーター)やナビのデータが消えることがあるので、念のため電池式の補助電源を取り付けて作業し、すぐに終わりました。

イメージ 1


新しいバッテリーは、フォード・モンデオ、フォーカスに乗っていた頃、冬場の強さを実感したボッシュです。

イメージ 2


大手カー用品店やネットショップで値段を比較したら、アマゾンが一番安かったのは意外でした。


工房を訪問される方の送迎用に使っているオレオのリアウインカーが
点滅しなくなりました。

たぶん球切れだなと思ったものの、
ベース車の日産マーチとはテールライト関連の部品が違うので、
どの品番の電球が使われているか確認すべくレンズを外します。

イメージ 1


意外にも電球は問題なし。そうなると、接触不良か断線ですね。
というわけで、さらに分解。


イメージ 2


 原因は接触不良でした。テールライトのユニット部品は
イギリス製なのですが電極を保持する部品が厚紙製で、
それが湿気を吸って変形していました。

 とりあえずボール紙を切って作り直し、組み直しましたが、
将来的に同じ結果になるでしょうから、塩ビかポリに置き換えるべく、
100均かホームセンターで材料を捜してみます。

イギリスも湿度は、それなりにあるだろうに、
こんな材質で大丈夫なんですかね?



某ショッピングモールの駐車場で、
久々に日産ラシーンを見ました。

イメージ 1

今の日本では、一連のパイクカーシリーズみたいな車は、もう生まれないでしょうね


このページのトップヘ