GUMKA工房記

千葉県南流山にあるGUMKAミニチュアの備忘録を兼ねたブログです。

カテゴリ: 家電


 2月9日は関東地方に雪が降りました。幸い5年前のように大雪が積もるということはなかったのですが、よりによって、この日、エアコンが故障しました
イメージ 1


 電源は入るものの全く風が出ず、止まったままの状態です。このエアコン、納品の時も稼働しないということで、一度、新品交換しておるのですが、半年も経たないうちに、再びトラブルで大丈夫なのか?富●通?

イメージ 2


 「なんだよ~」と思いながら販売店に連絡すると、折り返し富士●から電話があり、リモコンに表示されたエラーコードを尋ねられ、翌日、修理に来てくれるとのこと。

 んで、10日にノートパソコンを携えてサービススタッフが来ました。説明によるとエラーコードから判断して、ハードの故障ではなく、ソフトの問題ということで、外へ出て室外機のパネルを外し、ノートPCを繋いでカタカタやったら終了。電源を入れたら温かい風が出てきました。エアコンの頭脳部は屋内の本体にあると思っていたので、ちょっと驚きました。
富 「今のエアコンは、昔と違って、設定温度以下になったら自動的に温風がでるという仕様ではなく、部屋に人がいるか、室内全体で温度差はどのくらいあるのか、連続運転をこのくらいやったから風量はこうしようなどセンサーで感知した情報を自分で分析して、少ない消費電力で最適な温度と風量の風を出しています。今回は、たまたま、様々な条件が重なって、冷却触媒が漏れていると間違った分析をしてしまい、自らロックして稼働しないという間違った選択をしてしまったようです。これは壊れているのではなくエラーです。なのでROMを書き換えて、同じ状況でも、そういう選択をしないよう設定し直しました」

私 「バグがあったということですか?」

富 「いや、バグではありません。機械が間違った分析と選択をしたというエラーです」

私 「エラーはバグと違う?」

富「(それには答えず)ですから今のエアコンは、昔と違って、設定温度以下になったら…(省略)、つまりエラーです」 

ああ、技術者にありがちな、わかり易い説明が苦手な人ですね。直ったからいいけど、いろんな意味で大丈夫か●士通


 数千台に一台(?)の大当たりを引いたエアコンですが、本日、無事に交換作業が終わりました。前の30年物三菱と比べて、とにかく動作音が静かですね。あと操作すると「自動運転を始めます」「設定温度を下げました」という具合に音声確認するのに技術の進歩を感じました。(電気代も安くなるらしい)

イメージ 1


 年間1000台以上の工事を請負っている取付業者の方の話では新品なのに動かない、冷却ガスが漏れるなどの不良は稀にあり、たまたまかもしれないが二社ほど事故が少ないメーカーもあるが、他はまんべんなく発生しており、富●通も後者だそう。(二社は教えてくれなかった)

 おもしろかったのは、最近はエアコン寿命は10~15年程度と言われているのに、工事をしていると1980年代~90年代初頭製エアコンの稼働台数が意外と多く、逆算すると25年~38年も使えたことになり、昔の国産家電は、本当に丈夫だったを実感するそうです。



 最近、臨時収入があり「何に使おうかな?」とあれこれ考えていたところ、まるで入金を待っていたかの如く、工房のエアコンが不調に(泣)

イメージ 1


 引っ越してきたときから付いていた約30年物が、問題なく使えたので「調子が悪くなったら買い替えよう」と思い、そのまま10年経ったので仕方ないのですが、臨時収入があると家電が壊れる現象は「●●の法則」とかないんですかね?それにしても昔の国産家電は本当に丈夫です。

 たまたま近所の某家電量販店で、2018年製エアコンのセールをやっていたので購入し、今日が工事日でした。

 朝9時から取付工事が始まり、11時過ぎになっても終わらないので「結構、時間がかかるんだな」と思っていたら、工事業者の方が「これ、初期不良品で冷却ガスが漏れます」との驚愕の台詞が。え~聞いたこともない中華製品じゃなくて、富●通なのに?!

イメージ 2


 数千台に1台の割合で、極めて稀にあるそうです。当然、新品交換ですが、取り寄せに1日かかるので、明日また再工事となりました。

 よりによって、今夜は冷えます。宝くじならともかく、こんな大当たりは勘弁して欲しいです。

前々から調子の悪かった仕事場の冷蔵庫が、とうとう壊れました


イメージ 1

夏場に冷蔵庫がないと辛いので、近所のケーズデンキへ。

2ドアの小さいタイプを捜したら、
商品の半分は、中国のハイアールの製品でした

店員に「これ、大丈夫なの?」と尋ねると、
日本の家電メーカーにOEM供給もしているんで、
性能的には遜色ないし、今は、日本にサービスセンターもあるから…との説明。

う~ん、台湾人と香港人は、西側のルールが通用するけど、
大陸の人は自分が万物のルールだからね…

80年代初頭のアメ車やソ連の工業製品と同じで、
いくら基本設計はしっかりしていても、ラインの工員の質が悪いと、
結局、機械はダメなんですよね。

ふと見ると、シャー●の製品が、既に安くなっている店頭価格から、さらに値引きとなっていました。

TVや新聞報道などで御存知のように、会社の将来について不安があると、
 御客様も敬遠されるんで…」

ああ、なるほどね。修理不能になる可能性が皆無でないんで、売れないわけか。

「具体的には幾らなの?」

 とっても、お買得ですよ~、そのかわり、色は白のみですけど

待ってましたとばかりに電卓の数字を見せられ、即決でした。

イメージ 2

ちゃんと冷えて、省エネな冷蔵庫って、良いですね


 昨日の朝、工房の冷蔵庫が壊れました。私が買ったのではなく、前の入居者が置いていったものを
そのまま使っていましたが、とうとうダメになったみたいです。普通、冷蔵庫が壊れると言えば、冷やせなくなりますが、その真逆で、牛乳やオレンジジュースがカチカチに。缶コーラや缶ビールなんか、凍って容積増えて、缶が変形していました。

 調整目盛を最弱にしても、カチカチだったオレンジジュースがスムージー状態以上は溶けないので、
少なくとも冷やすのレベルは超えています。今は冬なんで、冷たい飲み物は、さほど必要ないですが、
春までに買い替えの必要がありそうです。

 う~ん、予期せぬ出費だ 

 午後、懇意にしている都内の模型店さんから電話がありました。用件は御客さんから、プラモデルの部品について質問があったが売り切れており、お店で確認ができない。もし、手元にあったら説明書を見くれないか?という依頼。

 この模型、香港製の輸入品ですが、設計開発をしたのは、我々だったので、わかるだろうと直接、問い合わせたようですが、手持ちのキットは、よりによって今週の月曜に、古い模型仲間から懇願され、譲ったばっかり。設計担当の岡田さんは、京都の実家に帰省中。メーカーの香港の会社は22日からの春節休み直前なうえ、休み明け早々にあるドイツの玩具見本市の準備でテンヤワンヤで、そんな質問に、すぐ回答してくる状況でありません。仕方なく、キットを譲ったばかりで、わからない旨を伝えると、「そうですか、わからないですか…」という言葉とは裏腹に、電話口から、使えない奴!というオーラがモワモワと。役立たずですいません。でもね、いきなり電話で部品番号を言われてもわからんですよ。


 夕方、通販で頼んでいた防寒ジャケットが届きました。商品説明で、

「海外製品なので普段Mサイズを着ている方はSを、Lサイズを着ている方はMを注文してください」

とあったので迷わずS、色はブラックを注文。でも届いたのはLLのブラウン…??? 販売会社に電話したら、荷造りした担当者の間違いなので、送料着払いで返送してください、とのこと。

 夜、こういう不運な日は、写経よろしく、模型制作に打ち込んで、精神統一だと、H2のハンドルマウントを削り出していたら、部品を飛ばす……

まだ見つからないんで、最初からかな?

最後のアクシデントが一番、精神的にコタエました。

朝から晩まで、ダメダメな一日でした。


このページのトップヘ