GUMKA工房記

模型の企画・設計とロシアのレッドアイアンモデルズの代理店をやっている「GUMKAミニチュア」の備忘録を兼ねたブログです。雨が降ると電車が止まるJR武蔵野線の新松戸と南流山駅の中間辺りに事務所はあります。近所に素材や塗料が揃う模型店がありません。最近、昔からやっている本屋が閉店しました。

カテゴリ: 旅行先で見たもの


 先月、世界自然遺産登録される見通しとなった奄美大島・徳之島・沖縄本島北部・西表島ですが、2017年12月に忘年会旅行でその中の徳之島へ行きました。

 
小原の滝は、空港で入手した島の観光マップに載っていました。旅行前に買ったガイドブックには掲載されておらず、宿の方に伺うと島の南西部にある断崖絶壁から海に落ちる滝で、断崖全体が鍾乳石で絶景だけど、途中、崖をロープで降りねばならない難所とのこと。しかし気になったので近所まで行くだけは行ってみようとレンタカーのナビに「小原の滝」と入力して出掛けました。

kobaru_5

 島の周回道路から脇道に入るとあたり一面に収穫間近のサトウキビ畑が広がっており、その真ん中を車で走るので全員のテンションが一気に上がります。ナビの指示どおりに右左折を繰り返すと次第に道が細くなり、小さな集落の中に入る頃にはギリギリ車が通れる狭い道になり、端まで行ったら行き止まりでした。正確には未舗装の細い歩道?は続いていましたが、どうあっても車は通れません。
 実はレンタカーのナビが、かなり旧式で、小原の滝以外でも地名や店名を入力しても該当なしと表示されたり、バイパス道があるのに狭くて曲がりくねった旧道を案内したりと、いろいろなトラブルに遭遇するのですが、この時点では、まだ気付いていません。

 仕方なく戻ると集落の入り口付近でベトナムの指導者ホー・チ・ミンみたいなお爺さん(写真参照)がおり、こっちを見ていたので声を掛けました。
ホーチミン

「すいません、ちょっと道を教えて欲しいんですけど、小原の滝は、どう行けばいいですか?」

「アンタたちは観光客かい?なんで、こんな季節に?」

 本来、徳之島の観光シーズンはゴールデンウイークから10月頃までで、冬はオフシーズンのため、お爺さんが不思議がるのも当然です。

「この季節なら島中どこ行っても空いているし、忘年会旅行でのんびりしたかったんですよ」と説
明すると笑って、

「それはいいや。夏は忙しくて、みんながギスギスしてて嫌なもんだよ。●%▲@#$だ。小原の滝ってウトゥムジの滝だな。車で行くなら、この道を戻って…」

うん?なんか途中、聞き取れない言葉があったぞ?地元では小原の滝をウトゥムジの滝と呼ぶのか。

「ずっと行くと信号があるから、そこを右に曲がって真っ直ぐ行くと小原海岸の看板があって▲x#〇●=%で、□>▲#~vg●<○p●、▲#:〇M●~◆\+、そしたら、そこでまた聞けばいい」

 最初と最後以外が島言葉で名詞か動詞かの区別もつかず、もう一度、聞き返しましたが結果は同じでした。御礼を言って、とりあえず戻り、信号を右に曲がったら確かに看板はあったものの、結局はたどり着けず。そこでまた聞けばいいとは言われましたが、そもそも誰も歩いてないんでお手上げでした。

 島言葉、全然わからんぞと思っていましたが、2020年1月、緋寒桜を見に再び徳之島を訪れたとき、某飲食店でカウンター席に座ると女性店主が話し掛けてきました。

「お客さん、見ない顔だね。こんな
季節に観光?それともお仕事かな?」てな感じで会話が始まりまして。

 話が興じてくると次第に島言葉が入り始めたのですが、不思議と理解できます。以前のホー・チ・ミン爺さんとはえらい違いだなと思って、女将さんの言葉はわかり易いけど、年齢層によって島言葉は標準語化しているんですか?と小原の滝のエピソードを話したら、急に笑い始め

「種明かしをすると、私のしゃべりは標準語に雰囲気で通じそうな単語だけ入れる観光客向け島言葉よ。ほら、なんか知らない単語を聞くと旅してる感が出て、あー俺、今、離島に来てるってなるでしょう?」

「バリバリの島言葉を話したら、(観光客は)誰も付いてこれんから商売にならんもん。▲x#$〇●=%、@#:M●~◆ね。あはははは」

ある意味、この人はプロなんだなと感心しました。あなどれんぞ徳之島!


 2003年の4月に取材でドイツに行ったときの出来事です。取材先の戦車博物館があるムンスターは小さな田舎町。それなりに観光にも力は入れている様子でしたが、近隣都市のハンブルクで見たような大勢の日本人観光客も、この街では一人もおらず。


 駅に置いてあった市のパンフレットによれば、観光資源が戦車博物館と古い水車小屋、街のそこかしこに置かれた彫刻でしたから、普通の日本人観光客は、まず来ませんね。おまけにパンフレットの水車小屋の写真は上手に撮影して、歴史的貴重感を演出していましたが実物は普通でした。

 滞在3日目の話です。目的の取材は、ほぼ終わっていたのですが、この日も同行者の五十嵐さんと岡田さんは個人的な興味と将来の仕事になるかもしれないアイテムの下調べで、朝から戦車博物館に行きました。私は家族や友人への土産を買いたかったし、本屋にも行きたかったので別行動で街の中心部へと向かい、午後からは観光を兼ねて街外れまで散歩をしました。

 小さい街なので、中心部から2030分も歩けば草原です。農家や森、川などの風景を撮っていると、自転車に乗った5~6人のいたずら盛りの子供たち(10才くらい?)が
街からの一本道を走って来ます。私の傍まで来ると、リーダーらしき男の子が声を掛けてきました。

Japaner?(日本人か?)」

そうだと返事すると
男の子の眼がキラキラ輝き、息をすぅーと吸い込むと、

「●☆、●☆、●☆、●☆♪~」


といきなり、大声で叫びます。

 その他の男の子と女の子は、私の反応を見逃すまいと、じっと観察していますが、聞き取れなかったので、思わず日本語で「え?なんだって?」と聞き返すと、もう一度、叫びます。

「バス!バス!バス!バスぅ~(最後がウームラウト気味になる)」

今度は聞き取れました。でも意味がわかりません。でも、どこかで聞いたことのあるリズムです。

「バス! バッス バス! バスぅ~」、「バス バース バス! バスぅ~」

男の子が抑揚を少しづつ変えて、何度も叫ぶうちに、突然、閃きました。

バス、ガス爆発?

あははは、あははは、と全員が大笑いし、叫んだ男の子は、かなり得意&満足げな顔で、そのまま街の方に自転車で猛スピードで戻って行きました。どうやら正解だったみたいです。

 多分、日本人旅行者か滞在者から教わり、叫ぶうちに言いやすいように変形していったのかな?それにしても、これを教えた人は数ある日本語の中で、なぜ、この言葉にしたんですかね?


  三泊四日の徳之島旅行の最終日、一緒に来たメンバーは飛行機で帰りますが、私は亀徳(徳之島)ー鹿児島新港のフェリーに乗ることにしました。

 私事ですが昨年12月上旬、義父が急逝しました。義父は奄美大島生まれで、大勢の親戚が鹿児島から葬儀に参列してくれました。そのとき、たまたま奥さんの従兄に「1月に徳之島に行くけど、帰路はフェリーにしようか検討中です」と話したところ、絶対にフェリーがいいですよ。今のフェリーは8000トン級でスタビライザーも装備しているので、昔と違ってほとんど揺れないし、徳之島は亀徳港を夕方に出るので、晴れていれば船上から海に沈む夕日が見られる。夕日を見て、食堂でウドンでも食べて、缶ビール飲んで気持ちよくなって、目が覚めたら鹿児島ですよ…と強く推されたので12月末に予約をしました。

 徳之島ー鹿児島間は飛行機なら一時間ほどですがフェリーだと15時間。昔なら時間がもったいないので絶対に選択することはなかったですが、サラリーマンなら定年の年齢となり、のんびりした旅行がしたくなりました。船室は雑魚寝の大部屋でなく、2等寝台個室を予約しましたが、意外にも料金は飛行機と大差なかったです。
025m

 フェリーの出港は17:00なので一時間前に港へ。予約券と乗船券を引き換えて待合室でのんびりと待ちます。フェリー会社の方に「今日は揺れそうですか?」と尋ねると「波の高さが4mを超すと、かなり揺れるんですが、今日は予報では3~3.5mだから、そこまでではないでしょう」との微妙なニュアンスの回答。

 乗降客の多い鹿児島新港や奄美大島の名瀬港にはボーディング・ブリッジがあり、船とターミナルが連結され、楽に乗下船できますが、徳之島の亀徳港にゃ、そんなリッチな装備はないので通常は船体側面のタラップ階段を登って乗船します。荷物が多いときやお年寄り、妊婦さんにはキツイです。

 フェリーが入港するとスタッフが待合室に来て「今日は湾内の波が高く船体の揺れが激しいので、(乗船用の)タラップからでなく、後方乗船となります。あらかじめ御了承ください」との説明がありました。乗り慣れている風の島民の方から「ヤバい」「今日は、とっとっと寝よう」の声がありましたが、後方乗船はヤバさとしては軽めで、もっと波が高いと島の反対側の平戸野港への入港となり、本当にヤバいと運休になるそうです。念のために予め用意しておいた酔い止め薬を飲みました。
IMG_0237m

 乗船は普段なら自動車やコンテナが入る後方ランプから。

IMG_0246m

 乗り込む際、後ろに並んでいた同年代の島民から「なあなあ、なんで、この入り口をランプっていうか知っている?」と急に話し掛けられます。知らないと返事したら「ランディング・プレート(Landing plate)の略なんだよ」とちょっと自慢げに語ってましたが真偽は不明です。
 
 全員が乗船し、コンテナの積み降ろしが終わると出港です。

IMG_0255m

IMG_0265m

 残念ながら曇天で夕日を見ることはできなかったですが、島が段々と遠のいて小さくなり、最後は見えなくなる光景は飛行機では味わえません。これだけでもフェリーにして良かったなと思いました。
 
R1056198

 
IMG_0280m

IMG_0272m

 2等寝台個室は二畳ほどの広さでベッドの他に机とTVがありました。徳之島や奄美大島が近いうちは地上波放送が入りましたが、洋上だとBSのみ。船内Wi-Fiもありますが、回線状況は、あまり良くなかったです。

 17:30になると食堂がオープンします。昼食が遅めで、それほどお腹は空いていなかったのですが、僅か30分だけの営業時間なので、とりあえず沖縄そばを注文しました。
R1056191

IMG_0268m

 実はレンタカーを返す直前、最後に寄ったファミマで巻きオニギリを売ってまして。最後の2個だったので躊躇せずに買い、夜食の確保ができていたので沖縄そばで十分でした。

R1056171

IMG_0189

 21:00に奄美大島に到着。もうすっかり真っ暗です。乗船用のボーディング・ブリッジが見えます。

IMG_0282m

 奄美大島を出発して間もなく、従兄の言葉とは裏腹にフェリーが砕氷船の如く上下動を始め、通路も手摺を掴まないと歩けなくなり、仕方なく部屋で横になっていました。結局、そのまま寝たのですが、揺れ大きく、途中、何度か目を覚ましました。
 
mmk

 翌朝、鹿児島に近づくと桜島が見えました。義父が生前、千葉は火山灰が降らないだけでありがたいと言ってましたが、もうもうと上がり続ける噴煙を見ると「なるほどな」と納得です。季節風の関係で夏は、もろに鹿児島市内に灰が降るそうです。

 鹿児島新港には定刻どおり8:30に到着しました。船を降りた後も一日中、身体が上下に揺れていました。

 


 徳之島産の珈琲豆を使う喫茶店があります。お店の名前は「コーヒースマイル」で、場所は戦艦大和の慰霊塔がある犬田布岬です。

 慰霊塔に行く度に寄ろうと思うのですが、いつも店の前に入店を阻止する悪い二人組がおり、毎回、全然どいてくれないので果たせず。

RIMG0077

 
RIMG0083

 今回、運良く不在だったので初めて入ることができました。

 店主の旦那さんである吉玉誠一さんが島内で珈琲農園をやっており、そこで収穫された珈琲豆を使って奥さんが徳之島コーヒーを提供している…と書いてしまうと簡単ですが、お話を伺うと大変なご苦労があったそうです。

 吉玉誠一さんは宮崎県の出身で珈琲農園をやりたくて徳之島に移住しました。珈琲の栽培に適しているのは北緯25度から南緯25度のコーヒーベルトと呼ばれる地域ですが、実は徳之島は、このエリアから北に外れています。しかし、吉玉さんは島内の植物層から栽培が可能ではないかと考え、最初は徳之島の気候に合った品種探しから始め、たまたま島内で観賞用に珈琲の木を植えていた方から苗木を分けてもらって農園はスタートしました。

 しかし、この苗木があまり実が生らない品種だったので、新たな苗木を探さねばならなくなったり、島内でサトウキビ栽培が盛んになると、そっちが儲かるからと借りていた農地を地主に追い出されたり。なんとか軌道に乗りかけた農園が台風で壊滅的打撃が受けるなど文字どおり苦労の連続の40余年だったそうです。

R1056152

 現在、吉玉さんの奥さんが切り盛りしている喫茶店も40年前から営業していましたが、前オーナーが引退するということで店名と共に引き継ぎ、2016年に改装して今の姿になりました。以前は季節限定だった徳之島コーヒーも収穫量が増え、最近は通年提供できるようになったそうです。

 さらに、2017年から味の素AGFや丸紅、町役場が一体となって「徳之島コーヒー栽培支援プロジェクト」始まり、徳之島での本格的なコーヒー栽培を支援してくれることになりました。「主人も75歳。もう10年早く、この話が来てくれれば、苦労が減って楽ができたかもね」と笑っていました。数年後、徳之島産のコーヒーが全国で飲めるようになるかもしれません。

R1056146m

 犬田布岬に行く途中に道でヤギの親子が放し飼いに。人馴れしているのか車が傍を通っても逃げません。いろいろ気持ちが和んだ犬田布行きでした。


 今回、恒例だった忘年会旅行を新年会旅行に変更した大きな理由がヒカンザクラ(緋寒桜)です。早咲きで有名な伊豆半島の河津桜と同種で、徳之島では1月下旬~2月中旬に満開となります。
IMG_0139

  忘年会旅行で何度か徳之島を訪れるうちに「年が明けたらヒカンザクラの季節ですよ」と聞くようになり、それなら一度、島の桜を見ようじゃないかということで日程を遅らせました。
IMG_0140


IMG_0141

 ただ、航空券は直前では席がなかったり金額も高くなるので、数か月前に今年は暖冬だから開花は早めの1月下旬だとヤマを張り予約しました。「外れたら笑い話だね」などと言っていましたが、嬉しいことにドンピシャリ。

P1250033

 南国らしい濃いピンクが綺麗でした。


 空港でレンタカーを借りて、午後1時過ぎに去年の夏に訪島したときに気になっていたジビエ料理を出す「ジビエカフェとうぐら」へ向かいます。ランチタイムが午後2時までですが、島内の道なんで渋滞などなく午後1時半前に到着しました。 車の温度計で外気温は28℃で完全に真夏です。

P1250027

 お店があるのは島北部の金見地区で観光名所のソテツトンネルのすぐ傍です。海に面した高台というロケーションなので、店内からの眺めは最高です。

P1250024

 ここではリュウキュウイノシシの肉を使ったジビエ料理が食べられます。リュウキュウイノシシは、本州、四国。九州に住む二ホンイノシシより小柄で、島では「シシ」と呼ばれています。島内で増殖中で、サトウキビや野菜など農作物の食害が深刻だそうで、この店で使われる肉は駆除した野生のシシです。

P1250023


 注文したのは「あまちゃん定食(1500円)」シシカツ、落花生ご飯、野菜天ぷら、酢の物、サラダ、味噌汁などがセットされた盛沢山な内容。盛り付けも御洒落です。

P1250020


 シシカツは獣臭さもなく、おいしくいただけました。


このページのトップヘ