GUMKA工房記

武蔵野線新松戸~南流山の中間辺りにあるGUMKAミニチュアの備忘録を兼ねたブログです。

カテゴリ: ミリタリー


 T-80U/T-80U-E1の資料同人誌ですが、アンドレイ・マルイシェフ氏からT-80Uのインテリア写真を御提供いただけることになりました。

 マルイシェフ氏は、ロシアのファッション業界で活躍中のカメラマンですが、基地公開日や兵器展示会に行き、戦車や航空機の写真を撮るのが趣味だそうです。

AMA_0044m2

AMA_0071m2

AMA_0040m2

AMA_0111m





 ロシアのAFV研究者でカメラマン&イラストレーターでもあるアンドレイ・アクセーノフさんと共作で冷戦期~現用のソ連・ロシア戦車、大戦中の戦車・トラック・軍用自動車の資料同人誌を年に数冊、シリーズ化して刊行していきます。

 前作のズリーニィ本とは異なり、実車開発や構造に関する文章を減らして解説付きの細部写真集みたいな内容を目指しています。

 第一弾は、T-80UとT-80U-E1で「T-80UってT-80BVのレンガみたいなERA装甲が変わった程度じゃないの?」という方も多いかと思いますが、これが結構、違います。


DSC_0050m2

 
AMA_0082m2


22A_0346m2


TYA_0155m2


 写真の解説もアクセーノフ氏御本人が担当しているので、各装備の正確な名称や「砲塔の上にある、これは何に使う物なの?」がよくわかります。現在、翻訳&編集作業中で、今年5~6月頃に販売予定です。どうかご期待ください。



 


 発端は去年の4月、模型店時代のお客さんだったYさんから「ズリーニィの資料本、GUMKAでやりませんか?」と提案されたことでした。
 その後、ハンガリーの研究家コヴァーチュハーズィ・ミクローシュさんの原稿が届き、読んでみると非常におもしろく、当初は原稿を翻訳して、30枚ほどの写真解説を書くだけだから、秋には出版できるなと気楽に考えてスタートしました。
 
 しかし、翻訳文の裏取り作業(地名や階級は正確なのか、他資料との整合性はどうかなど)と、それに伴う加筆修正をしていたら、どんどん時間が過ぎて、その間に収録できる写真も増えてきたので
 
「ズリーニィの本なんて、そうそう出す機会はないんだから、どうせ出すなら開発史だけでなく、構造も詳しく解説して、写真も各生産タイプごとに分け、細部写真も掲載しよう」
 
 かくして1年以上となりました。自分でも悪い癖だなという自覚はあるのですが、こればかりは治りそうもありません。

イメージ 1

 予想外だったのは原稿・写真解説が全て終了し、あとは編集だけという段階で、担当予定だったデザイナーさんより、本業が多忙で手が付けられないと言われたこと。

 これは秋まで出版が遅れるなと一時期は諦めたのですが、フェイスブックの告知記事を読んだ編集者の加藤武さんが急遽、作業を引き受けて下さり、レイアウトをし直して90ページ以上あった原稿を74ページに減らし、印刷所まで手配してくれて、ただ、ひたすら感謝しかありません。
イメージ 2
 

 内容は開発史と構造の解説、ロシアに残る実車の細部写真、試作車、先行量産車、第1生産ロット(1943年型)、第2生産ロット(1944年型)それぞれ形式別の写真、新考証に基づくカラー塗装図など。

イメージ 3
イメージ 4
 

 B5版74ページ(表紙を入れると78ページ)カラー9ページ、カラー正面図4点、カラー三面塗装図3点、インテリアのカラー写真、貴重な大戦中のカラー写真2枚の他、収録モノクロ写真は100枚以上。頒布価格は2000円です。 

イメージ 5
 
イメージ 6
イメージ 7

 同人誌のため一般書店での取り扱いはありませんが直販サイトの他、下記の模型店でも販売しています。
 
 イエローサブマリン秋葉原本店☆ミント スケールコーナー(東京都:秋葉原
 キヤホビー(東京都:荻窪
 サニー(東京都:下北沢)
 ホビーランド(大阪:本町)
 マキシム(千葉県:市川)
 
同人誌専門店「コミックとらのあな」でもお求めいただけます。

 

 

 5月20日東京大学五月祭での講演用の原稿を書いているとき、過去の資料を確認するうち、いろんな物を発掘しましたが、その中で「これは!」というネタを紹介します。

 
 私の持っている資料の多くは、社会主義国時代の東欧やソ連の友人から送ってもらったもので、PCもメールもなかったので、郵便でやりとりをしていました。

 チェコポーランド、東独など東欧から発送される郵便物は、手紙も本も写真も問題なく届くのに、ソ連からは雑誌や本はともかく、手紙は遅配や行方不明が、たまにあり、特に戦車の写真が同封される手紙は高い確率で行方不明(未着)になりました。

 ロシア人の友人によれば、本来、第二次大戦中の戦車の写真に関しては、機密もなく問題ないはずなのに、西側行きの手紙に写真が同封されているとわかると、当局によって検閲のため開封され、検閲官は大戦中の戦車か現用戦車かの区別ができないので、とりあえず没収するとのことでした。

 受取る側の私は「まあ、ソ連だからな」と諦めていましたが、発送元である彼は、この仕打ちに、かなり腹を立ており「当局の裏をかく」と息巻いておりました。
 
 ある日、彼から「次回は、雑誌と一緒にIS-3の写真を送る」と手紙が届き、翌月、ソ連の模型雑誌と共に一冊の切手帳が送られてきました。
 
 
イメージ 1
 
 大祖国戦争がテーマの切手ばかりだったので、最初はプレゼントかな?と思いましたが、一枚の切手が浮いているなと思い、何気なく触ると
 
 
イメージ 2
 
 あ、IS-3のカラーポジがこんなところに…
 
 
イメージ 3
 
 これじゃ、まるでスパイ小説です。

 彼によれば、IS-3は第二次大戦中の戦車とは言い切れない微妙な存在なので、当局に没収されないよう工夫したとのことですが、いやいや、そういう問題じゃなくてさぁ…

 このままエスカレートされると彼が逮捕されかねないので、なんとかせねばと考え、ソ連から東欧に写真を送るのは問題なかったため、一旦、チェコの友人宛に送ってもらい、そこから日本に転送する方式に変更し、以降、時間は余計に掛かるものの、無事に写真が届くようになりました。

 もし、私が同じ状況なら、当局に目を付けられるような真似はしませんが、彼曰く「この程度なら逮捕はされない」「万一、呼び出されたら、もっとルールを勉強して社会主義を担う労働者たる誇りを以て職務を遂行しろ、と抗議してやる」とのこと。逞しいのか、アホなのか、反骨精神なのか、はたまた、そういう国民性なのか?

 あまりに衝撃的だったので、切手帳ごと30年くらい保管しておきましたが、講演のネタに使わせていただきました。

アーセナル1/35 UAZ-452/-452Dのキットがウクライナから届いたので、
同梱するレジンパーツを量産中です。

イメージ 3



イメージ 1


原型製作などで部品を数個程度、複製することはあっても、
数十個も手流しで量産するなんて、ここ何年もやっていなかったので、
今一つ勘所が戻らず、5個に1個の割合で失敗しています

あ成型色がマーブルなのは、ワンボックスバンの淡いグレーの
成型色に近づけようと、レジンを着色したら、
見事に失敗したから 

慣れないことを適当にやってはいけませんね。

イメージ 2


品質に差はないので、御安心ください。



上田 信先生の画集「上田 信 ミリタリー・イラストレーションズ」が
イカロス出版株式会社より発刊され
献本を頂戴しました。


イメージ 1


今年の初夏に、上田先生から香港のドラゴンモデルズのために描いた
ボックスアート用の原画を画集に収録したいという御相談があり、
御手配をさせていただきました。

不幸だったのは、ドラゴンモデルズの創業当初から上田先生や
ロン・ヴォルスタッド先生などの原画をキチンと管理してくれていた
ベテランのデザイン・スタッフが退職していたうえ、
後任者は全くのミリタリー音痴で、

「(保管庫の)どこに原画があるか、全然、わからない」

という泣きたくなるような状況で
したが、「上田先生のためなら」と
当時のスタッフの方々から御協力をいただいて、
なんとか、先生の御希望に沿える形になりました。
これは、上田先生の人間力のなせる業だと思います。


先生が原画をお描きになられた1993~1995年は、
自宅と先生の御宅が割と近かったので、
原画を引き取って梱包し、香港に発送する作業を
私が担当していました。

原画を受取りに行くと、ミリタリー好きには、たまらん、
いろんな話を聞かせてくださったので、
これらの原画は、単に懐かしいだけでなく、
個人的に、いろいろと思い出が深いです。

イメージ 2


そんなこんながあったためか、巻末に名前を記載いただけて、
上田先生とイカロス出版様に、ひたすら感謝です!!


このページのトップヘ