GUMKA工房記

模型の企画・設計と資料同人誌の販売をやっている「GUMKAミニチュア」の備忘録を兼ねたブログです。雨が降ると電車が止まるJR武蔵野線の新松戸と南流山駅の中間辺りに事務所はあります。近所に素材や塗料が揃う模型店がありません。最近、昔からやっている本屋が閉店しました。

カテゴリ: お買い物

イメージ 1

イメージ 2

10月に発表されたときから、気になっていました。
最初は本体とホイール、チェーンだけでいいかな?とも思っていましたが、
某ネット通販で20%超の割引率だったので、フル・オープションで買いました。
自分に御褒美でございます(←何の?)

エンジンが良いですね~。
新規金型の細いタイヤも見事です。

簡単に組みたいモデラーは、キット素組みで充分ですし、
拘りたい人は、別売りのOPパーツを買えば、
かなりの完成度になるというコンセプトには感心しました。

本来、レーサーには、あまり興味のない私ですが、
「良い買い物をした」と心の底から思っています。

ちょっとでもバイクに興味があったり、
今のスケールモデルの方向性が気になる方は、
ぜひとも手にしてください。

タミヤの熱意が伝わってくる模型です。

イメージ 1

模型店をやっていた頃は、問屋から荷物が納品されると、
ワクワクしながら、新製品の箱を開け、
中身を見ているうちに欲しくなって、
自宅の在庫は、どんどん増えました。

南流山に引っ越してからは、模型店もないので、
ほとんど買わなくなりました。
どうも、私は現物を見ないと購入意欲が湧かないようです。

隣駅の新松戸は、常磐線武蔵野線の乗り換え駅だけあって、
模型店もあるにはあります。
引っ越して来て、最初に発見したのは、
ほとんどの箱が白く日焼けしている飛行機専門店でした。

近所に模型店があって良かったと思って、行ってみたら、
元航空自衛官という店主が、本当に、つまらなそうに
「売れない」「模型雑誌が悪い」「問屋が悪い」
「メーカーが悪い」「モデラーも悪い」
と他人に責任転換するグチばかり聞かせてくれます。

お客さんは、カウンセラーではないんですけどね。
元同業者としては、信じられない接客態度で、残っている商品も微妙。
品揃えと接客を工夫すれば、いくらでも売上改善する余地はあるのに、
こういう人は、気付かないんでしょうね。

最近、ダイエーなどがある新松戸の中心部に、
流山鉄道のマイナーな駅「小金城趾」から模型店が移転してきました。

こちらは鉄道模型・ミニカー・トイガンがメインで、
店番のおばさんも、結構、知識豊富。
プラモデルはガンプラが大半で、AFVや飛行機は、ちょこっとだけ。
ただ、サフェーサーや塗料など消耗品が切れたときは重宝しています。

一般の人が働いている時間に、不定期に買い物に行くので、
私のことを失業中で、プラモ初心者だと思っているらしく、
なかなか、味のある人生訓や、模型に対する心構えを説いてくれます。

「いきなり、難しいものじゃなくて、簡単なものからね」
そうですね。750SSや八九式甲はしんどいです。ラビットS-1は楽かな。

「でも、簡単なものでも、油断すると、失敗するよ」
そうそう。ラビット、フロント周りと本体の接合がわからないんだよ

「一生懸命、やっていれば、うまくいくよ、腐ったり、投げちゃダメ、
プラモデルも人生も同じ」
うん。一生懸命、やっているつもりだけどね。どっちも投げていないよ

…というわけで、AFVクラブもタスカもピットロードも、
この辺一帯にはなく、かくして、話題の三点を、元自分の職場で購入しました。

このページのトップヘ