GUMKA工房記

武蔵野線新松戸~南流山の中間辺りにあるGUMKAミニチュアの備忘録を兼ねたブログです。

カテゴリ: お買い物

 
 8月1日(木)から4日(日)まで夏季休業で、南の島(もちろん、国内)で命の洗濯をさせていただきます。
 
 んで、旅行に備えて、豊洲市場の水産仲卸売場棟4階にある老舗長靴店「伊藤ウロコ」に行って、約1万円のゴム長靴を買ってきました。
 
 
イメージ 1
 
 
 6月に行った台湾のフィールド観察旅行で、リーダーの方がこれを愛用していまして。お高いマリンブーツやトレッキングシューズよりも水やぬかるみに強く野外の長時間歩行に適しています。


イメージ 2
 
  6月に台湾にフィールド観察に行ったとき、リーダーの方が、これを履いており、お高いマリンブーツや防水トレッキングシューズより水や泥濘に強く、歩き易く、長時間の観察行脚に適しているそうです。さらに過去にハブに足首を咬まれたとき、この長靴の丈夫なゴムのお陰で何ともなかった実績もあるとのこと。
 丈夫だけど重いダンロップ製(雪掻きや洗車で活躍)や軽量で持ち運びし易いけど、薄い日本野鳥の会の長靴(フェスや旅行用)も持っているけど、これは履き心地からして根本的に違います。御値段はお高めですけど、市場で鍛えられた納得の逸品です。
 

WiTzの塗装済み完成品のZ1000Rを買いました。

イメージ 1


2年位前に出て、即売り切れた人気商品でした。

店頭で現物を見たら、形状がちょっと「エンジン?カウル?う~ん~」で、
結局買わないままでした。

ところが最近、逆輸入品なのか、ネットショップやミニカーショップ、オークションなどで、
独Schucoのシールが貼られた製品が流通しています。

イメージ 2


今回、某所でこのSchuco版が半値以下の投げ売り処分品 お買得商品になっていたので、
この値段ならいいかと思い買いました。

イメージ 3

現物を手にし、改めてエンジンがJ系には見えないし、
やっぱりカウル形状、そしてタンクやサイドカバーも気になるのですが、
値段が値段だったので、良しとします(笑)

唯一の1/12のローソン・レプリカだしね…




デザフェスで買ったヒメシオマネキの樹脂封入標本です。
 
カニは食物としても造形物としても好きで、
中でもシオマネキは非対称なデザインが大好きです。
一時は、工房のトレードマークにしようか、真剣に考えたこともあります。

イメージ 1


気泡もなくキレイに樹脂封入されています。


イメージ 2

ペーパーウエイトに使うつもりです。

1977年公開のサム・ペキンパー監督の戦争映画で、主演はジュームズ・コバーンとマクシミリアン・シェル。

 

ハリウッド映画では悪者扱いされるドイツ軍側の物語で、舞台は1944年の東部戦線(ロシア戦線)、戦況は、すでにソ連軍が優勢となっています。ビデオ、DVD共に長らく入手難でしたが、廉価DVDで発売されると聞き、予約し本日到着しました。

 

さっそく、長女と奥さんと一緒に見ましたが、やっぱり、シュタイナー軍曹は漢だなと痛感。

 

公開時、「ドイツ人に見えない」とジュームズ・コバーンは酷評されていましたが、シュタイナー軍曹は、この人じゃなければと確信。この年齢になると、仕事をする上で、幾つかの不条理を経験するので、余計に軍曹の生き方や台詞は鮮烈に感じます。湧き出るように、無表情に襲ってくるソ連軍の不気味さは、昔に見たまんま。

 

以前は何とも思わなかったけど、年齢的に近くなったためか、ジェームズ・メイソン演じるブランド大佐にも共感です。

 

奥さん曰く

 

「高校入学と同時に、この映画の鑑賞を義務づければ、ちょっとは世の中、まともになるよ」

 

うん。同意だね。今の世の中、シュトランスキー大尉みたいな奴が多すぎる…

 

イメージ 1

恒例ワンフェスのお買い物です。

まずは、前回買い逃した「こうぼうふで」さんの冬虫夏草を。
塗装済み完成品で、文句なしの仕上がり。

ディラー名は不明ながら、カニのレジン製フィギュア2点、
「森口修の猫」さんのスマートな猫フィギュア。

イメージ 1


KS workshopさんの1/12 KTM FRR250(2007) のフルキット。
いつもながら見事な仕上がりです。

インターアライドさんのブースでは、ソ連対戦車ミサイル戦車IT-1を。
ベースとなるT-62もセットされていました。
デルポイント製の同アイテムのレジン改造パーツも持っていますが、ここは押さえで。

イメージ 2



上の集合写真には入っていませんが、
1/12 ドゥカティ998用エンジンも買いました。
3D CAD/CAM原型だそうです。

イメージ 3


最後は中古キットで、グンゼハイテックシリーズ1/24の
ジャガーXK-E ハードトップアオシマの1/12モトコンポ
どちらも格安だったので、お買い上げ。

まあ「脈絡ないぞ」「雑食」とかの野暮はなしということで…

今回のWFは、1/12カワサキ750SSのPRが目的だったので、卓を長い時間、留守にできず。
トイレや知り合いの卓に挨拶に行ったついでに、目に入った物を買っただけです。
なので終わってから「ああ、あそこ、行き忘れた」てな状態でした。

イメージ 1


収穫の全てで、アサヒガニのフィギュア、1/12ヘルメット、カエルの根付け二種、
イマイの1/12謎ハーレー「Zero 2」のプラモです。

イマイのハーレーはショベルヘッドのエンジンが欲しくて、前から捜していたのですが、
さすがに、最近では店頭の不良在庫も見なくなりました。
かと言って、オークションでプレミア付きで買う気もなく、
フリマやイベントで安く売られていたら、と思っていたアイテムでした。

この「Zero2」という商品、どっかのバイクショップが製作した、
カスタム・ハーレーのキット化なのか、イマイのオリジナル・デザインなのか不明ですが、
一応、タンク、シート、フロント廻りが新金型です。中古キット販売をしていた卓で、
1400円だったので、当然、文句なしにお買い上げ。

昔から、カニ・エビの造形物は、木彫りであれ、フィギュアであれ、鋳物であれ、
気に入ったら買っているので、アサヒガニは即決。鹿児島辺りでは、
お正月に食べるらしく、奥さんの親戚が、年末に冷凍物や浜茹物を送ってくれます。
関東地方の伊勢海老やタラバガニと同じ感覚の縁起モノのようですが、
食べられる部分が少ないのが難点です。奥さんは「そいういうモン」だと言っています。

ヘルメットは、1/12レーサーのレジンキット・ディーラー、
アツシバシブランドさんにて購入しました。

イメージ 2


カエル根付けは、その世界では有名なアクアプラントさん。
いい感じです。

このページのトップヘ