GUMKA工房記

千葉県南流山にあるGUMKAミニチュアの備忘録を兼ねたブログです。

カテゴリ: 動植物


 クラウドファンドで出版支援させていただいた「特盛 山椒魚本」が届きました。日本に住む有尾両生類サンショウウオとイモリを網羅した写真図鑑と研究者・専門家による寄稿で構成されています。

R1050140

R1050142

 2019年は、これまで1種とされてきたカスミサンショウウオが、アキサンショウウオ、アブサンショウウオ、イワミサンショウウオ、カスミサンショウウオ、サンインサンショウウオ、セトウチサンショウウオ、ヒバサンショウウオ、ヤマグチサンショウウオ、ヤマトサンショウウオの9種に再分類されまして。この冊子は新分類の全種を写真付きで収録しており、編集作業は本当に大変だったと思います。


 最近は同一種か否かを外観の特徴ではなく、遺伝子で調べるので、ニホントカゲからヒガシニホントカゲが分かれたり、これまで同種だったイシカワガエルが奄美大島と沖縄本島は別種になったりと数年前の爬虫類・両生類図鑑が役に立たなくなりつつあります。


 この流れに対応して出版社も過去の図鑑を改訂したいものの、編集を終えて、いざ発売の直前・直後に今回のカスミサンショウウオ並みの再分類みたいな大きな変化が起こると困るので、なかなか行動を起こせない閉塞的な状況だそうです。そんな中で、この本はシリケンイモリをオキナワとアマミに分けてないなど気になる点もありますが、ことサンショウウオに関しては全種写真収録という点で高く評価できます。


 一般に需要があるとは思えない両生類の専門書故のクラウドファンドでしたが、今回、出版の支援した人は335名でした。もし私が「ズリーニィ本の続編でトゥラーン戦車の資料本を出したいから、皆さん支援してください!」と叫んでも、たぶん10名も集まらんでしょうから、これは凄い数字だと思います。


いつの間にか芽が出て、ちゃんと御彼岸に花が咲いている不思議。

 

f:id:gumka:20190924024433j:plain

 

f:id:gumka:20190924024457j:plain

 

 父方の祖父は、この花が好きで秋になると群生している場所に出掛けて眺めていました。かつては市川市にも沢山の彼岸花が咲く場所があり、子供の頃、一緒に連れて行ってもらいました。


 戦争中、祖父と父は疎開や避難をせず、東京で終戦を迎えますが、戦争が終わって一か月ほど経った頃、倒壊した家の庭や焼け跡に彼岸花が咲き、その光景が、この世のものと思えなかったと言っていました。


 松戸市に引っ越す前、どうなっているか気になって数十年ぶりに再訪しましたが、田んぼも土手も完全に宅地化され、面影すらなかったです。

 
 3月23・24日は一泊二日で「南房総イシガメ観察会」に初参加しました。1991年から千葉県南房総にて、春と秋にイシガメの生態調査が行なわれており、2013年秋以降は「千葉県ニホンイシガメ保護対策協議会」の調査と合わせて観察会が開催されています。
 
 23日は前日までの温かな天気とはガラリと変わって、気温が10℃以下も低くなり、観察日としては条件が良くなかったものの、参加者全員が川の中に入り、イシガメを探します。
 
 天気が良ければ、陸に上がり甲羅干しをしている個体もいますが、さすがに、この日は皆無。ただベテランともなると的確に川のポイントに手を入れて大きなカメを捕獲していました。
 
イメージ 1
 
イメージ 7
 
 
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 6

イメージ 2
 
イメージ 3
 
 
 私も尻尾が折れた子亀を1匹見つけました。昨年秋に孵化して幼体越冬した個体とのことで、尻尾はモクズガニの仕業ではないか?と専門家の見立てです。
 
 捕獲したカメは一匹ずつ甲長、体重を計測し、甲羅の縁に個体識別用の小さな穴を開けて、元の場所に戻します。
 
 24日は天気も回復して別のポイントへ。幼体越冬した子亀が多い場所に行きましたが、残念ながら1匹もおらず。その後、前日の川の別地点での調査を行い、捕獲・計測して放流を。気付いたら、夕方4時になっており終了。
 
イメージ 4
 
 
 10年前は同じ場所で100匹以上も調査捕獲できて、計測が大変だったそうですが、2012年以降は激減しています。イシガメが減る原因は環境の変化や外来種に生息地を奪われるなど様々ですが、この地域では、販売目的でカメを捕まえていく「採り子」とカメを捕食するアライグマの増加とのこと。
 
 2012年頃から中国本土でペットとしてニホンイシガメの人気が高まり、2013年6月から2015年9月まで、あらゆるサイズのイシガメが約2万8千匹も正規に輸出され、密輸出も相当あったので、どれだけのイシガメが国外に持ち出されたのかわかりません。
 
 輸出されたイシガメは、きれいな個体はペットとして高値で取引され、輸送中に弱ったり、傷があったり、状態のよくないものは漢方薬や健康食品などの加工材料となります。輸出業者にカメを売るのが採り子です。車で川にやってきて、文字通り根こそぎカメを持っていきます。

 2015年12月に環境省は甲長8cm以上のイシガメが輸出禁止としましたが、まだ国内の需要はあるので、今でも採り子はカメを捕まえています。彼らは保護・調査エリアにも、おかまいなしで入り込むので、国内のペット店で、甲羅に個体識別用の穴が開けられたイシガメが、どうどうと販売されています。
 この記事を読んだ方の身近で、もしイシガメを飼いたいという人がいたら、野生で捕獲されたカメではなく、ブリーダーが殖やした飼育下繁殖個体を入手するよう勧めてあげてください。多くの飼育下繁殖個体は配合飼料で育てられており、野生個体よりもず~と飼い易いです。

 アライグマは農作物の被害も深刻ですが、カメやカエルの捕食者でもあり今回も前脚を喰い千切られた個体が何匹もいました。
 
イメージ 5

 


 先週末、もう花壇のヒガンバナが咲きました。例年だと20日過ぎなので、ちょっと早いですね。この花を見ると季節に移り変わりを感じます。

イメージ 1


 ただ、南流山周辺は、日中の気温が、まだ25℃以上なので、もう少し過ごし易くなってくれないかな?と思います。


台風の翌朝、駐車場にオオミズアオがいました。前に見たのは、まだ中学生だったから、40年以上も昔ですね。

イメージ 1


台風でどこからか飛ばされてきたのか、羽根はボロボロ。

「こんな羽根で飛べるのかな?」と思っていたら、目を離している間にいなくなっていました。自然は逞しいです。

このページのトップヘ