GUMKA工房記

千葉県南流山にあるGUMKAミニチュアの備忘録を兼ねたブログです。

カテゴリ: 日々の出来事


 前回のWさんの体験談を掲載しましたが、それを読んだ友人のNさんが教えてくれた話です。

 やや几帳面が過ぎる元昆虫採集マニアのNさんといえば、模型店時代のホームページを読んでいた方には御馴染みかと思います。結婚して都内のマンション暮らしでしたが、その後、義母さんの住む沖縄に引っ越し、現在は仕事の都合で静岡県某市に単身赴任中です。これは彼がまだ独身で昆虫採集に夢中になっていた頃の話です。

 昆虫採集のシーズンは春から秋。ある夏の夜、Nさんは灯火採集をしようと、友人から勧められた近畿地方の山に泊まりがけで出掛けました。灯火採集とは、昆虫が明かりに集まる習性を利用して、白いシートや布に強い照明を当てて昆虫をおびき寄せる採集方法です。当時のプロやハイアマチュアは露店商が使うような携行発電機や本格的な照明機材など大掛かりなセットを車に積んで移動していましたが、彼は車が入れない場所での採集をするために身体一つで運べる範囲の機材を揃えていました。

 この日も麓の駐車場に車を置いて、乗用車がギリギリ通れるような細い山道を歩きながら、仕掛けを設置するポイントを探します。途中、理想的な場所がありましたが先客がおり、ライダー二人が天幕とテントを張ってキャンプをしてました。向こうが、ぶっきらぼうに「おぃ、こんな時間から登山か?」と尋ねてきたので、昆虫採集ですよと言ったら笑って、こっちを小馬鹿にしたようなジェスチャーをしてきました。Nさんもムッとはしたものの相手にはせず。そのまま、しばらく山道を登ると開けた場所があったので、機材を設置して照明を点けました。
 Nさんの機材は携行性が優先のため、それほど光量が強くなく、条件が揃えば成果はありますが、この日は不発気味。しかも夜10時頃から雨が降り始め、止む気配がなかったので「あと2日あるしな」と諦めて撤収することにしました。

 雨具は折り畳み傘を持っていましたが、白いシートが防水仕様だったので、雨合羽代わりに頭から被り、両端をサリーのように体に巻き付けて、麓の駐車場を目指してトボトボ下山していたら、途中の空き地近くで、いきなり懐中電灯の光を当てられます。

 眩しいと思った瞬間、「うわー!」「ひぃー!」と叫び声がして、登るとき会ったライダー二人がバイクもテントもそのままで、雨の中を一目散に逃げて行きます。どうやら、白いシートを被ったNさんを幽霊と見間違えたようで、一人は逃げる途中の泥濘で転び、立ち上がるときにも滑って、漫画みたいにジタバタしていました。普段なら「幽霊じゃないですよ」と言いますが、最初に会ったときの印象が良くなかったので、敢えて何のリアクションもせず。宿に戻って「きっと、あの二人は、ツーリング先で幽霊を見たって話すんだろうな」と思いながら、ゆっくり温泉と夜食のオニギリを堪能しました。

 彼曰く、夏山の幽霊目撃談の何割かは灯火採集の布を被った昆虫採集マニアだそうで、自分自身も夏の夜道を運転しているとき、白い布をマントのように羽織って道端を歩いている昆虫採集マニアを見てびっくりしたそうで、知らない人なら絶対に幽霊と間違えるとのこと。


 なお、Nさん、夏山の幽霊の何割かは昆虫採集マニアの仕業と言っておきながら、幾度か大変な経験もしており、一番怖かったのは真夜中の山中に立っていて、こっちをじっと見ていた子供だそうです。


 某大型スーパーに行ったら、ペットボトルのアイスコーヒーが沢山並んでいるコーナーで、東南アジア系の若い女性から「すみません、甘い、どれ?」と尋ねられまして。

 売っているボトルを見ると確かに英語表記がないので、これじゃわからないよなと思い、加糖と低糖のボトルを「甘い」「少し甘い」と教えてあげたら加糖を選択。こっちから「学生さん?お仕事?」と質問したら



「ワタシはベトナムから来た。チクワにチーズとキュウリ入れる」


と笑顔でシュールな返事を。

5cc82fa523e0065aa4180f128c9ebbbf


 「え?!」と思ったものの、相手が「ありがとうございます」と行ってしまったので、それ以上は聞けず。

 その後、居酒屋で働いているのか?でも、居酒屋なら掃除とかホールとか他にも仕事があるだろうし、仮に調理場だとして、なぜチクワ?と悶々としていましたが、某SNSでネタにしたところ「工場勤務では?」とアドバイスいただき、おそらく居酒屋チェーンのセントラルキッチン勤務で、主にチクワチーズとチクワキュウリを仕込んでいるのではないかと。それなら、このコメントでも納得です。


 


 いつも来る某女性営業さん(30代)は、小学生2人と幼稚園児一人の3人の息子さんがおりまして。新型コロナウイルス感染防止のための自粛要請中、学校も幼稚園も休みになり、お子さん3人と、さらに旦那さんも在宅ワークとなり家にいたそうです。

 ずっと顔を付き合わせていて、どうしても精神的に耐えられなくなると、貯めてある古い油で唐揚げを山盛り作って昼御飯に食べさせ、全員を胃もたれで動けなくした後、見たい動画や読書で気分転換したと笑顔で語っていました。

PAK85_syokutakubkaraage20150203185651_TP_V


「おろしニンニクをたっぷり入れた濃いめのタレに鶏肉を漬け込んでから、揉んで柔らかくした後に唐揚げ粉を付ければ、揚げ油の悪さが完全に誤魔化せて、みんな、美味しい、美味しいって、どんどん食べてくれるの。ふふふふふ」

いらんわ、そんな知識!


ただ、ひたすら怖い…

(泣)


 以前、香港の某模型会社の社長から、旧友の香港系アメリカ人夫婦が初訪日するので、面倒を見てもらえないかと頼まれまして。

 御夫婦のリクエストで浅草と秋葉原を案内し、その後、都内のレストランと北陸の秘湯宿の予約をお願いされまして。浅草を案内しているとき、世間話で普洱茶を飲むと言ったら珍しがられ、後日、御礼にと、見るからに高そうな普洱茶セットが届きました。

R1059996

R1059998

 容器に圧倒され、根が貧乏なので、もったいなくて一年以上もそのままですが、工房に来た人に見せると誰もが驚くので、完全にネタ・アイテム化してます。



  クラフト作家の友人より固定電話を解約したとのメールがあった。話を聞けば、最近はマンションや不動産、プロバイダーの乗り換え、リフォーム、不用品買取り等々の営業電話が大半。


 お客さんからの電話もあるにはあるが、多くは冷やかしや「これなら自分でも作れるから返金しろ」「ヤフオクに出品したけど高値で売れなかった(転売屋?)作品に価値がないぞ」などの理不尽なクレームで心と貴重な時間が削られるので決意したとのこと。

 さすがに転売屋からの文句はないものの、うちも似たような状況だ。営業電話は続くとイライラするものの、今でも製品の問い合わせや注文が電話という年配のお客さんもいるので解約までの決断はできない。

 そんな悩みを某SNSに書いたら、友人のWさんからアドバイスがあった。Wさんもサラリーマンを辞めて独立後、頻繁にかかってくる営業電話に悩まされ、あるときから息遣いを荒くして「さっきまで、俺の頭に指令の電波を送っていたのはお前か?」と何年も言い続けていたら、彼らにもブラックリストがあるのか、やがて営業電話が全くなくなったそう。
 
 これは有効だなと思うけど、間違って相手が取引先だったりすると、全てを失いそうで、私にはできない。

 


 旧東ドイツ軍のレインドロップ迷彩ジャケットを着ていたら、20代くらいの若い男性から尋ねられました。

8dacb154.jpg

「その迷彩、フランス軍ですか?」

「いや、東独軍だよ」

「トーゴ軍?アフリカの?」

「いやいや、トーゴじゃなくて東独。東ドイツ軍」

「(怪訝そうな顔で)ドイツ軍には西軍と東軍があるんですか?」

 トーゴなんてマイナーな国を知っているのに東ドイツを知らないとは。たぶん、ソ連やワルシャワ条約機構も知らんのだろうな…東西冷戦を知らない世代が増えているのかな?

 そんな東独アイテムですが、先日、海外オークションに旧東ドイツ軍の野戦炊事車FKü180/62のセット写真が出品されていました。

R1059915

 「こんな貴重な写真がセットで!これは全世界の野戦炊事車ファンと研究者が狙っているに違いない。激しい打ち合いになるな」

と覚悟し、オークションの終了時刻間際に自分が出せる目一杯の金額で入札。ドキドキしながら終了までPC画面を見つめていましたが、結局、誰もライバルは現れず、開始値で落札できました。

 落札できて嬉しかったですが、裏を返せば世界で他に誰も興味がなかったわけで…

 そして先日、写真が手元に届いたので、ロシア人の友人に「これ落札したぞ」報告をメールしたら、彼も、この写真セットがオークションに出品されていたのは覚えており、

「これに入札するのはドイツのライナー・ディトリッヒ(東独野戦炊事車の偉い人)か日本のお前だけだろうなと思っていたけど案の定だったか」

という内容の褒めているのか、馬鹿にしているのかわからない返信をもらいました。

FKü180/62はマニュアルを持っているので、細部写真が入手できた暁には製品化を、などど密かに妄想していましたが、アイテムとしてダメのダメダメな奴だと身に染みてわかりました。



このページのトップヘ