GUMKA工房記

武蔵野線新松戸~南流山の中間辺りにあるGUMKAミニチュアの備忘録を兼ねたブログです。

カテゴリ: ラーメン・蕎麦


「たしか、流鉄線の小金城址駅、高田さんの家の近所だよね?」「龍桂林っていう中華料理屋、知っている?」美味しい物ネタには間違いないWさんから電話があったのは日曜の深夜でした。

 Wさんの仕事仲間が小金城址に住む一人暮らしの叔母さんの家に寄ったとき、お昼を誘われ、連れて行ってもらった中華料理屋の五目そばが滅茶苦茶に美味しくて、都内の高級中華料理店で2000~3000円レベルの味だったとのこと。

 お店は自宅から車で5分、歩いて15分くらいの近所で、5年前に「寿司屋が立派な中華料理店に変わったぞ」と開店したことは知っていました。たまに前は通るものの、以前は仕事で頻繁に香港へ行き、現地で安くて美味しい料理を食べていたので、日本の本格中華料理店には行く気になれず(街中華は日本文化なので除外)、ずっと素通りでした。でも、そんな話を聞くと気になって仕方ないので、月曜のランチを奥さんと食べに行きました。

 五目そばが美味しいと聞きましたが、ランチセットで担担麵があったので私は、そちらを。奥さんは初心貫徹で五目そばのセットを。厨房から聞こえてくる広東語の会話と鍋を振る音で、否が応でも期待が高まります。ランチセットは麺とミニ炒飯、杏仁豆腐が付いて1186円(税抜き)

R1109998

 肝心の御味ですが本当に美味しい。担担麵は山椒が少なめですが辛さといい、ゴマ油や甜麺醤の味付けも香港で食べたものと同じ。炒飯もパラパラで味付けも絶品。

R1110001

R1110002
 奥さんの五目そばもスープを飲ませてもらいましたが、野菜の旨味と塩味のバランスがよく、具にキクラゲだけでなく、フクロダケも入る本格派でした。
R1110004

 後から調べたら、料理人は元赤坂離宮の料理長で香港国家一級料理人の資格を持つ香港人でした。どおりで本場の味だよ。こんな店が近所にあったのに5年間もスルーしていたとは不覚です。次は絶対に炒麺と炒飯を食べます。まさに誰かに教えたいけど教えたくない店です。 



 静岡県に住む友達の蕪風さんにヤックスドラッグ限定の「サッポロ一番 竹岡式ラーメン五袋セット」を送ったら、御礼に「マルちゃん焼きそば 袋入り乾麺」の五袋セットを送ってくれました。

IMG_0407

 うちの近所で売っている丸ちゃん焼きそばは、生麺の3食セットだけで、インスタント乾麺を見たのは初めて。「なんだ?これは?」とメーカーのホームページで調べたら、なんと!静岡県でしか売っていない限定品でした。


 豚バラ肉とキャベツ、モヤシを具に、さっそく作ってみましたが、麺がモチモチしていて乾麺とは思えず、旨い!

IMG_0406

蕪風さん、ありがとうございました。

モデラーの皆さん、今年は残念でしたが、来年、合同展示会が開催されたら、ぜひ、これをお土産にしてください。



 JR常磐線我孫子駅の「唐揚げそば」について記事を書くと、高確率で飯田橋の「豊しま」の厚肉そばを食べたか、もしくは知っているかと尋ねられます。同じ大きな肉トッピング括りなのですが、都内では有名な立ち食いそば店です。先日、飯田橋に用事があったついでに行ってきました。
R1056210

 店はカウンターのみで、近所にチェーン店の富士そばがあるのに、お客さんはひっきりなしに入っていますが、全員が厚肉そばというわけではなく、普通に天ぷらそばや月見そばを注文しています。

 厚肉そばの注文が入ると、厨房の小鍋でトッピングの肉を温めます。
R1056212

R1056216

 着丼と引換えにお金を払うシステムながら一万円札と五千円札はNGなので、事前に小銭か千円札の御用意を。看板に偽りなしのぶ厚い豚バラ肉をホロホロに柔らかくなるまで煮込んでおり、甘辛い味付けが絶妙です。しかも濃いめな汁が旨い!これで680円なら、コストパフォーマンスがかなり良いです。これなら、いつも混雑していて当然です。また再トライしたいです。

 千葉県我孫子市にデコイとか様々な木工小物を作っていた会社があり、そこに寄ると必ず連れて行かれたのが我孫子駅のホームにある弥生軒でした。


 巨大な唐揚げが乗った蕎麦が有名な駅そば店ですが、彼ら曰く我孫子に住む男達の男としての終わりは「勃たなくなったときではなく、弥生軒唐揚げそば(2個)が食えなくなったとき」だそうで、いい歳したオッサンたちが、ヒーヒー言いながら巨大な唐揚げが2個乗った蕎麦を食べ「俺達は、まだいけるぞ!」と意味のない怪気炎を上げており、それが馬鹿馬鹿しくて楽しみにしていました。残念ながら2017年に会社が廃業し、もう彼らと蕎麦を食べることはありません。


 60歳になった記念と彼らを偲んで、唐揚げそば(2個)に挑戦してきました。券売機で食券を買って出てきたのは、これまでにない巨大サイズの唐揚げ2個が乗っておりました。若い学生なら大喜びですが、還暦にはヤバいサイズ。


f:id:gumka:20191018015315j:plain

 お腹を空かせて行ったので何とか完食できました。固形物は全て胃袋に収容しましたが、さすがに汁までは飲み干せず。さすがに効きました。


 おそらく我が人生、最後の唐揚げそば(2個)だと思います。

 

 古い友人が、久々に北陸から上京したので、昔話をしに秋葉原へ。大昔、都内のアパートに住んでいた頃は、イラストを描いたり、フィギュアの原型を作ったり、料理人になったり、急に陶芸に目覚めたりしてましたが、今は故郷に帰り、真っ当な勤め人とのこと。人間、落ち着くところに落ち着くものでございます。

 
 どこかで昼飯でも食べようかと言うと「ここから我孫子って遠いか?」はいはい、御用命は唐揚げそばですね。御付き合いしますとも。というわけで、上野に移動し常磐線快速に乗って、我孫子弥生軒へ。
 
 道中、ずっと唐揚げを2個にするか1個にするかで悩んでいましたが、我孫子駅の手前で「よし!滅多に来れないから2個だ!」と決意表明したものの、いざ券売機の前に立つと「いや、やっぱり1個にする」うん。苦悩してこそ人間ですよ。
 
 
イメージ 1
 
 私は、年齢相応に1個+月見で。久々でしたが堪能しました。
 
 彼とも話したのですが、模型にせよ、バイク・車にせよ、雑誌にせよ玉石混合で、様々な物が存在した80年代と90年代に20代~30代を過せて、つくづく我々は幸せだったなと思います。
 

 
 4日から7日まで夫婦で台湾旅行に行きました。春頃、今年は奥さん一族のルーツがある奄美大島を旅行したいとリクエストされていたのですが、その後、義父さんが大腿部骨折をしてしまい、入院&人工関節への置換手術、そして長いリハビリが続き、一段落して気付いたら11月に。
 
 気分転換に奄美大島旅行に誘ったところ、どうせ行くなら台湾の方が良いと言われ、航空券とホテルがセットになったフリーツアーを予約しました。
 
 台湾は、仕事では何度も行ったことがありますが、旅行するのは初めてです。これまではホテルのロビーで待っていれば、先方が車で迎えに来てくれ、そのまま会社に直行だったので、台北市内の地下鉄やバスに乗るのも初めてでした。
 
 台北のホテル近所の路地裏にあったのが劉家山東牛肉麺」です。正直言って見た目はキレイでありません。でもミシュランガイド台北2018のビフグルマンに選ばれています。

イメージ 1

 私達は朝早く行ったので座れましたが、お昼近くに通ったら行列ができていました。

 注文したのは「清燉牛肉麵」であっさり味のスープに具は味付け牛肉、麺は太くて日本のウドンにそっくり。食べやすく、スルスルと身体に入る感じです。地元の常連さんたちはテーブルに置かれたラー油や塩、胡椒、高菜漬、唐辛子を入れて好みの味にしていました。

イメージ 2

 隣に座った田中要次似のオジサンが排骨麺に単品の排骨を追加注文してダブル排骨麺にしていたので、そんなに美味しいのか?と思って店の外に出たら路上で調理人が熱い豚バラを叩いて延ばし胡椒を塗しており、翌日は排骨麺を注文しました。

イメージ 3
 
 他店でも排骨を食べたのですが、どことも違う味わいでした。ちなみに排骨麺は数に限りがあり、いつでも食べられるメニューではないそうです。
 
 
 
 

このページのトップヘ