GUMKA工房記

千葉県南流山にあるGUMKAミニチュアの備忘録を兼ねたブログです。

カテゴリ: スズキ GSX250E

 台風が通り過ぎた翌日、買い物に出たついでに、その辺を一回り。台風の後は道路が通行止めになっていたり、路上に落下物があったりするので、小回りが利くバイクが便利です。


f:id:gumka:20191020035049j:plain

f:id:gumka:20191020035122j:plain


 不幸中の幸いで自宅周辺は大きな被害もなく、折れた枝や飛ばされた看板などが路上にあった程度でした。

 

 小さなことですが、エンジンのカムカバーをノーマルの鍛造メッキ部品から後期のKATANAに使われている鋳造のペイントのものに変更しました。


f:id:gumka:20191020040048j:plain


f:id:gumka:20191020040101j:plain


f:id:gumka:20191020040118j:plain


 「あのメッキが80年代を感じられて良いんだ」と言う意見もありますが、私は昔から好きになれず。たまたまネットオークションで安価だったので落札し、交換しました。

 9月も終わろうとしているのに、まだ暑い日が続いていますが、カレンダー上は夏も終わったので久々にGSXに乗ろうとガレージから出しました。


 スターターボタンを押すと、セルモーターは回るものの、苦しそうな音を出しエンジンが掛かりません。これはバッテリーだなと思い、電圧を測ってみると11.6Vで微妙に12Vに届かず。これじゃ、あんな情けない音になるわな。


仕方ないので、乗るのは中止してバッテリーの充電をしましょう。


f:id:gumka:20190928225701j:plain

 最後に乗ったのいつだったかな?と思い出すと、今年の6月上旬ですから、3か月以上、放置していました。これじゃ、バッテリーも放電します。


 昔、250ssで真夏にパーコレーションを経験し、不動になったバイクのキャブレターが冷えるのを待った経験が幾度かあるので、気温が30℃を越す季節は、どうしても空冷&キャブレターのバイクには乗らなくなります。やはりマメに動かさないと機械はダメですね。

 

 
 今週の月曜日は、昼間の気温が19℃という暖かさだったので、やらなきゃならんこともあったけど、我慢できずGSXで出掛けました。
 
イメージ 1
 
 定番の松戸~流山周遊コースを走った後、適当に流していて見つけた川の土手で、景色を眺めながら、小一時間ほど、ぼーっとしてました。
 
イメージ 2
 
 そろそろ帰ろうかとバイクに戻ると、自転車で通りかかった背の高い男性が話しかけてきました。俳優の笹野高史さんに似た顔立ちで、年齢も60代後半くらい?に見えます。
 
「懐かしいな。スズキのGSXだろ?俺、昔ホンダのCB250Nに乗っていたんだよ。重くて遅いバイクでさぁ、知ってる?青いヤツ?」
 
 もちろん、知っていますとも。しばらく、80年代バイクの話をしているうちに、バイク雑誌から、当時のTV番組やアイドルに話題は広がります。
 
 この人、私より10歳くらい上なのに、やけに時代が合うなと思っていたら、向こうも同じことを感じたようで「アンタ、たぶん、俺と歳が近い兄さんか姉さん、いるだろう?」と尋ねてきたので「昭和何年の生まれですか?」と聞くと、意外にも同い年であることが判明(笑)
 
 向こうは私を年下だと思っており、私は60代後半だと思っていたと話すと二人で大笑い。まあ、この年齢で、若く見られるというのはありがたい事です。
 
「いや、自分でも見た目が老けているとわかっているんだよ。性格が自分でも嫌になるくらい天邪鬼で、行けと言われれば行かないし、止めろと言われたらやっちゃうしで、しないでいい苦労ばっかりしてきたからね」
 
「やっと、この歳になって人の言うことを聞くようになったけど、10年遅かったな」
 
「若い頃の自分に言ってやりたいことが沢山あるよ」
 
 掻い摘んで話してくれた半生は、なるほどな、という内容でした。「いいもの見せてもらったよ」と自転車こいで帰って行きましたが、私もいろんな事を考えさせてもらいました。
 
 


 エンジンオイルも交換し、新品タイヤの皮むきも兼ねて、定番の周回コースを走っていると「ザー」という異音がフロント辺りから聞こえます。幾度か止まって各部を点検するも異常なし。

 そのまま、ゆっくり走っていたら「キュルキュルキュル」と聞き覚えのある音に変わったので、メーター軸のオイル切れと判明。異音がしたのはスピードメーターで、すぐにメーターケーブルを外して帰宅し、以前、CB400LCでもお世話になった日本計器サービスに電話を。

「車種と年式は?スズキのGSX250E 1981年型?え~っと、横長の箱にスピードメータータコメーターが入っている奴かな?

「最近、GS400とかGT380、GSX250Eは多いよ。スズキに限らずホンダのホークやGB250、CB250RS、カワサキのZ400FXやZ400LTD 、ヤマハのRZ250やXJ400なんかも修理依頼がきているよ。1970年代から80年代の国産バイクは、みんなメーター軸のオイルが切れる時期なんだよ。だって、もう製造されてから35年以上も経つんだよ」

「GSXならメーターケースごと送ってよ。こっちでバラすから。調子悪いのはスピードメーターの方?でもタコメーターだって同時期に製造されているんだから、オイル切れは時間の問題だよ。え?アイドリングで針がプルプルしてる?それ前兆だよ。どうせメーターケース開けるんだから、一緒にOHやっておく?」

てなやりとりがあって、メーターケース丸ごと送って両方OHしてもらうことにしました。GSXの場合、メーターケースから出てる配線が長くて、メインハーネスとのコネクト部がタンクの下にあり、さらにライトに干渉してメーターの固定ボルトにスパナが当てられないので、タンクとライトを外さねばなりません。

イメージ 1



イメージ 2


 5年前、CB400LCのメーターを依頼したときは、OH代がメーター1個6000円で「日本計器サービスは神だな~」と感動しましたが、数年前から12000円(税別)に値上げしたそうです。それでもタコメータースピードメーターのOHで50000円とか請求してくる某店よりはまだ安いです。(最近は両方OHして80000円という素敵なお店もあります) 一週間後、修理が終わって戻ってきました。「文字盤も色抜けしてないし、すごく状態がいいよね」と褒めてもらい、ちょっと嬉しかったですね。


イメージ 3


 さっそく取り付けてテストを。


イメージ 4


 当然、異音もしなければ、タコメーターの針のプルプルもなくなりました。GT380乗りのタケベ・スズキさんに顛末をメールしたら、すでに、ここ2年で3台のバイクのメーターOHを日本計器サービスに依頼したそうです。

「GSX250Eでスターターリレー、メーター軸のオイル切れと来たなら、次はレギュレーターが死ぬから、早めに手配した方がいいぞ」

「うちの界隈(福島県内陸部)でGS400に乗ってる知り合いが、ヘッドライトが急に明るくなって、ウインカーも明るく点滅して絶好調っす!ワックスしてやったからバイクが感謝しているっす!とか能天気に喜んでいる馬鹿がいて、それ単にレギュレーターが死にかけているだけ。すぐ交換しないと過電流で、電球がみんな飛んで、バッテリーから泡が出て最悪、ハーネス全交換と電装系全滅だぞと教えたけど、ヘラヘラ笑っているだけだったから、もうどうなったか知らん」

レギュレーターの純正品は25000円もするので社外品を使っているそうですが、あんまり安いものは、やはりダメだそうで、古いバイクは何かとお金が掛かりますね(泣)


 以前、フロントブレーキの引きずり修理をしたとき、ブレーキパッドに装着される薄い金属製のブレーキシムが見事な錆&表面塗装の朽ちっぷりでして。さっそく、純正部品を発注しました。

イメージ 1


 右の二個穴が新しい部品です。後継のGSX250E KATANAから同一部品番号で形状変更されたそうです。ブレーキシムはブレーキピストンとブレーキパッドの間に入る部品で「付けなくても問題ない」という方もいますが、ここはメーカーの意向を尊重しました。


 ついでにエンジンオイルの交換も。最後にオイル交換をしたのは、バイクが不動になる前の2016年だったので、2年間そのままでした。

 
イメージ 2

 
 バイクが不動だったので、見た目は、それほど汚れていませんが、2年の間に劣化しているのは間違いありません。


 今は園芸農家に転職した元バイク整備士のIさんが「古いバイクは安物でいいから、オイルだけはマメに変えろ。エンジンの耐用年数が全然違うから」と口癖のように言っておりました。

 
 

このページのトップヘ