GUMKA工房記

模型の企画・設計とロシアのレッドアイアンモデルズの代理店をやっている「GUMKAミニチュア」の備忘録を兼ねたブログです。雨が降ると電車が止まるJR武蔵野線の新松戸と南流山駅の中間辺りに事務所はあります。近所に素材や塗料が揃う模型店がありません。最近、昔からやっている本屋が閉店しました。

カテゴリ: 1/35 マークB中戦車


 労農赤軍の馬鋤とハンマーの国籍マークの自作ができず、長らく製作が中断していた1/35 マークB中戦車ですが、約半年の紆余曲折と試行錯誤の末、なんとか見られるデカールが出来上がりました。これまでの経緯は以下のとおりです。

*象のロケットWindows10用ドライバ+MD1300プリンター

 マイクロドライ・プリンターの駆け込み寺的存在である「象のエンジン」。ALPS製MDプリンターの修理やメンテの他、インクカセットや専用デカールなどの部材も販売し、さらに独自にWindows10用のMDドライバも提供しています。

 私はALPS純正Windows7用ドライバを持っていないので、このドライバをインストールしましたが、どうやっても黒しか印刷できず。
 仕事仲間のタヌタヌ岡田さんから「象のロケットのオリジナル・インクカセットはプリンターが黒と認識する仕様となっているので、それのワインを使えば赤いデカールが印刷できるのでは?」との、ありがたいアドバイスをいただき、さっそく試すもワインはワイン色で赤ではなく、おそらく、これにイエローを合成すれば赤になりそうだけど、合成方法がどうしても不明。
 さらに、このドライバでMDプリンターの使用して、シャットダウンした翌日にパソコンを起動するとブルースクリーンとなり、デバイスの接続もしくは解除方法に問題があったという内容のメッセージが表示されて再起動を求められることがしばしば。ただ、これも常に出るわけでなく、詳しい方によるとWindows10には各社プリンターの登録機能があるものの、ALPSのマイクロドライ・プリンターは、そもそも登録できないため、幾つかの条件が重なった場合、PC側が問題のあるデバイスを接続したと判断するのでは?とのこと。原因はともあれ、私レベルでは完全にお手上げでございます。

*Windows7ノートPC+海外のALPS販売サイトからDLしたドライバ

 次女が学生時代に使っていたWindows7ノートPCをくれたので、海外のALPS販売サイトからWindows7用ドライバをダウンロードしインストールしたものの起動せず。実はドライバは32bit専用で、次女の使っていたPCは64bit。たぶん、起動しない原因はこれかな?これも私レベルではお手上げ案件なんで次へ。

*格安Windows7 32bitノートPC+海外のALPS販売サイトからDLしたドライバ

 「どっかに格安のWindoes7 32bitノートPCないかなか?」と探していたら某ネットオークションにOSのみ、ソフト一切なしのノートPCが3000円で出品されており、ライバル不在で開始値で落札。前回同様、海外のALPS販売サイトからWindows7用ドライバをダウンロードしたものの、ZIPファイルを解凍してインストールしようとすると途中でエラー表示されて、なぜか実行できず。再び私レベルではお手上げ案件。この段階でマイクロドライ・プリンターに見切りをつけました。


*中古PowerBook 2400cか3400c+OS7.6.1用ALPS純正ドライバ+MD1300プリンター

 これは考えただけで実行できなかったのですが、ALPS純正のMac OS 7.6.1用ドライバディスクは持っているので、程度の良さげなPowerBook2400cか3400cあたりを入手してインストールすれば、MDプリンター専用機として使えるじゃないの?と思って中古価格を調べたら、今から20年以上前の機種にもかかわらず、ちゃんと動いて程度の良いものは15000~30000円もするので諦めました。なんでも古いMacintoshはデスク機もノートも熱心なコレクターがおり、特にPowerBook2400cは思い入れがある人が多いのでWindowsノートPCのような値崩れはしないんだそうです。

*ハイキューパーツ製インクジェット用デカール+canonインクジェットプリンター

 結局、大回りして原点に戻り、ハイキューパーツのインクジェットプリンター用のホワイトデカールシートに国籍マークを印刷しました。多くの方々が指摘されているようにデカール自作にはインクジェットプリンターはベストではありません。私もデカールシートに国籍マークを印刷する段階でインクが滲んだり、貼るときに水に浸けたらインクが溶け出したりなど失敗の連続でした。
 インクの滲みは、K-トレーディング製のデカールベーススプレーで改善されると聞きましたが既に絶版品。ところが、仕事のついでに寄ったタムタム千葉店で売っていて(残っていて?)即買い。現在、タムタム千葉店は京葉線の稲毛海岸駅前に移転しており、その際に盛大な在庫処分セールをやったらしいので、今でも売っているかは不明です。「インクのにじみが強力に抑えられる」のコピーは半信半疑でしたが確かに吹き付けると印刷時の滲みは改善されました。自社のミラクルデカール専用を謳っていますが、ハイキューパーツのデカールにも問題なく使えました。

R1125125
R1125127
 てなわけで完成したデカールを貼ってみました。いろいろ課題が残るものの、ようやく途が開けました。



 「OSがWindows7のPCがあれば、マークB戦車のデカールが作れるんだけどな」とボヤいてたら、次女が学生時代に使っていた富士通ノートPCを供出してくれました。キーボードが死んでいるよというので、探してみると某PCショップにデッドストックのパーツがあったので、すぐ手配して交換しました。

R1124498

R1124481


 
Windows7用のMD-1300ドライバは、海外のアルプスプリンター専用サイトからダウンロードしてインストール。しかし、なぜかプリンターは作動せず。

 「なんでだ?」と検索してみたら、そもそもMDプリンタードライバは32bit環境下でしか使えず、64bit環境では動かないという記事があり、次女からもらったノートPCを確認すると確かに64bitでした。

 仕方ないので今回は、MDプリンターは諦めて、白デカールの上にインクジェットプリンターで印刷しました。
R1124508

R1124509

  MDプリンターは、今後の課題ということで、先に進みます。


 ロシア内戦の赤軍マークBを作る際に避けられないのが銃塔と車体正面に描かれたバンザイ赤星に馬鋤とハンマーの国籍マークです。残念ながら市販品はなく、手描きは難易度が高いので自作デカールがベストです。
R1079998
 使用色は赤と白の二色で、今は自作デカールにはインクジェットやレーザープリンターを使う方法が一般的ですが白色が印刷できないのが難点です。

 白色が印刷できるとしてモデラーに重宝されたのがALPSのマイクロドライ・プリンタでございます。大昔、1/35で八九式中戦車のレジンキットを販売したときセットしたデカールを印刷するためMD-1300を入手し、版下を仕事仲間のタヌタヌ岡田さんに作ってもらい、私はデータをもらって印刷だけやってキットにセットしておりました。
R1089993

 生産メーカーであるALPSが2010年に全機種の販売を終了し、ドライバの提供もWindows7までで止まったので諦めて封印しましたが、つい最近、サードパーティーがWindows10用ドライバとインク供給をしていることが判明。急遽、倉庫からサルベージしました。
 プリンター本体のコネクターは懐かしのSCSI。今でもSCSI-USB変換ケーブルがアマゾンで買えました。マイクロドライ・プリンタの救世主「象のエンジン」様よりWindows10用ドライバをダウンロードしてPCとプリンターを繋いで電源をオン。エラー表示も出ずプリンターは復活。PC側も、ちゃんとプリンタを認識してます。

R1080001

 密かに「勝った!」と思いましたよ。まさか令和の時代にマイクロドライ・プリンターが使えるとは感無量でした。捨てずに保管してて本当に良かったです。
 まずは試し刷りです。描きかけですが国籍マークを印刷します。操作画面がALPSと全く異なっており戸惑いますが画像を読み込ませ、印刷ボタンをクリック。
 独特の動作音の後、印刷終了。「あれ?黒一色になっているぞ?変だな?赤色じゃないぞ?よし、もう一度やり直しだ」でも2度目も3度目も黒一色です。悲しいかな、象のエンジン様のホームページを見てもカラー印刷の詳しい操作方法は記載がありません。(あるかもしれないけど、見つけられなかった)

R1089992

全然、勝ってなかったです。敗北です。終わります。


 今回のマークB中戦車はロシア内戦時の赤軍塗装にするつもりですが、困るのが銃塔左右と車体前面に描かれた国籍マークです。厄介なことにソ連といえば誰もが思い浮かべる御馴染みの「赤星に鎌とハンマー」ではなく、それより前の1918年から22年まで使用されていた「バンザイする赤星に馬鋤とハンマー」で別売りデカールはありません。
rkkamkb

rkkamarking

 「そのデカールならTAKOMのホイペットに入っているよ」と仰るモデラーさんもいるかと思います。でも御覧のように赤星の形はバンザイをしてないイトマキヒトデだし、ハンマーは柄が長すぎて杖だし、馬鋤もクマムシやトビムシみたいで、これはちょっと…しかも必要枚数は3枚なのに2枚しかなく、どうしようもなければ検討しますが、到底、喜んで飛び付ける代物ではありません。

takom

仕方なく人生初のデカール自作に挑戦していますが、アナログ人間な私には、原図作成なんぞは拷問も同然。
R1079998

泣きたいです。


 パンツァーショップのマークB中戦車の塗装を始めました。

 まずは履帯から。基本色はクレオスのラッカー系のNATOブラックを吹付け塗装して、そこにタミヤアクリルのレッドブラウン、バフ、フラットアース、クレオスのウェザリングペーストのマッドイエローを毛先の傷んだ筆で擦り込み、それっぽく見えるようにしました。

R1079985

R1079986

 
 塗装はイギリス軍ではなく、ロシア内戦で実戦運用された赤軍にするつもりです。

rkkamkb


 まずは下地塗装から。蔭になる部分に履帯と同じくNATOブラックをハンドピースでライン入れ。

R1079962

R1079961

 赤軍のマークBはアルハンゲリスクでイギリス軍から鹵獲して間もない頃の単色塗装、1920年にモスクワに運ばれて整備された後の二色迷彩、その後の冬季白色迷彩がありますが、今回は二色迷彩にします。迷彩色は濃淡のグリーンですが、まず下地となる明るいグリーンをクレオスの312にグレーを混色して作りました。
R1079969

R1079971

R1079972

 この後の作業で、銃塔と車体前部に赤星の識別マークを入れて、もう一色のグリーンを塗るのですが識別マークが悩みの種です。

 


 パンツァーショップのマークB中戦車、全ての工作が終了です。とりあえずタミヤのマークIV用の履帯を付けてみました。

R1079940
R1079944
R1079942

 昨年秋、台風の夜に事務所で不寝番をすることになり、暇潰しに作り始めたのがきっかけでした。SNSや海外の模型サイトでも、まず完成品を見ない製品なので一抹の不安はありましたが、いざ組み始めてみると、案の定、アレな内容でした。

 そもそも、このキットのパッケージ写真はキットの完成品ではなく、スクラッチビルド作品でプロポーションがキットとは異なっています。ただ、機関室のレイアウトなどは酷似しているので、おそらく原型師は実車写真ではなく、このスクラッチビルド作品を見て原型を作り、しかも完全コピーではなく「俺設定」&「俺ディフォルメ」を入れたんだと思います。

1233f7a4.jpg
 製作途中では全体形状やリベット位置、細部ディテールなど、いろいろ気になりましたが、いざ形にしてサフェーサーを吹くと「あれ?意外とマークBしている」でした。
R1079948
 外観のアクが強い戦車は模型的に有利かつ、サフェーサーの魔法ですね。
これから、のんびりと塗装したいと思います。

このページのトップヘ