GUMKA工房記

千葉県南流山にあるGUMKAミニチュアの備忘録を兼ねたブログです。

カテゴリ: 模型・プラモデル


 呉光雄さんの家で新年会があり、コレクションのスケールリンクの1/32 マークIV菱形戦車を見せてもらいました。履帯やスポンソン、展望塔、転輪、起動輪、誘導輪、その他の細部パーツはメタル製で、車体側面装甲板はエッチングというハードルの高いキットですが、呉さんは見事に完成しています。

 今や猫様の下僕となったOさん  が発売当時は高くて買えず、後にオークションで入手したキットが、まさにこれです。

R1050180

 アーマーモデリング誌の元編集長だった土居雅博さんが、昔、大阪の模型店で1/16くらいの大きな菱形戦車の完成品を見たと話すと呉さんがコレクションの中から出してきたのが、FIRING LINE 1/15 マークI菱形戦車。これは私も初見でした。

R1050188
R1050186

R1050184

 ミンティアと比べてもらえば、その大きさがわかってもらえるかと思いますが、とにかく大きく、完成時の全長は60cm越え。車体後部の補助輪、履帯、砲身、転輪などはメタル製で、車体は側面装甲板が三分割されたエッチング。全体にあるリベットは凹モールドされており、裏からポンチで叩きだしてリベットにしますが、冶具を作らないと絶対にエッチングが歪みますよね。さすがの呉さんも、これに手をつけておらず。

こういう模型を見ると、パンツァーショップのマークB中戦車如きでヒーヒー言っている自分が恥ずかしくなります。

 それにしても組めるか否かは別にして、昔は夢のある模型が沢山ありましたね。



 SNSとは便利なもので、フェイスブックに「懐かしのパンツァーショップのマークB中戦車を作っていますよ」と記事を何本か挙げたところ、わざわざ海外から「俺も昔作ったことある。でも、この実車写真見てから諦めた」とメッセージをくれる御節介な 親切な方がおりまして。いやいや、ありがたいことでございます。
enginedeck

R1050137

確かに機関室形状やレイアウトが全然、違いますね。機関室上面は傾斜角度が違うし、本来、車体と一体式の後部燃料タンクがキットでは、なぜか別体。エアインテークのサイズは大きいし、その横にあるはずの乗員用ハッチはなし。いやーこれは参りましたね。

 結局、機関室上面と別体式燃料タンクを切りました。毒喰らわば皿までの精神で、やれるところまでやってみます。
R1050139

これで完成が遠のいた気がする。







銃塔右装甲板は長かったので削って調整していたら、
後部のリベットが1/3くらい消えたので、埋め直しました。

R1050080


車体側面の排土板のパーツが不足していました。
輸入レジンキットあるあるですが、簡単な形状なので自作しました。

R1050037

そんなこんなで、これまではパッケージの写真を見つつ
「完成すれば、こうなる」と自分自身を奮起させ、
今日まで製作に励んできましたが、
ある程度、形になったところで判明しました。  

1233f7a4.jpg

d38048c4.jpg

a0e4eea1.jpg

e1ce6da3.jpg

パッケージの完成写真はキットを組んだのではなく、
全く別物のスクラッチビルド作品だったと…

 23日は世田谷区下北沢で開催された「東京AFVの会」へ。午前中、家族の用事があり、それが終わってから出掛けたので、会場に到着すると宮本監督の模型特撮についての講演が始まっておりました。


 本来なら3時間程の内容を1時間に詰めての濃縮講演でしたが「え!あんな素材で海面が?」とか綿を使ってリアルに見える爆発など、とても勉強になりました。


f:id:gumka:20191128023613j:plain

 

例年だと12月に開催でしたが、今年は一か月早いせいか、来場者がすごく多くて、大変な熱気でした。

作品は単品が多かったですが個性豊かな各国のAFVの完成品がずらりと。


f:id:gumka:20191128023714j:plain

f:id:gumka:20191128023727j:plain


f:id:gumka:20191128023757j:plain


f:id:gumka:20191128023954j:plain


f:id:gumka:20191128024015j:plain


f:id:gumka:20191128024033j:plain


f:id:gumka:20191128024101j:plain


f:id:gumka:20191128024123j:plain


 会場でも話題になっていましたが、今回、若い参加者の方が多く、しかも、みんな上手。今風の素材を使いこなしつつ、楽しんで作っている様子が感じられました。


 今回、個人的に最大のヒットは久々に副島博文氏のスクラッチ作品、しかも大好きなルノーNC(ルノー乙型)が見られたことでした。  


f:id:gumka:20191128024311j:plain


f:id:gumka:20191128024326j:plain


f:id:gumka:20191128024342j:plain

 

f:id:gumka:20191128024402j:plain


 

 ホビージャパン誌1985年9月号に掲載された副島氏の八九式中戦車のスクラッチビルドは今でも忘れられません。

 

 パンツァーショップのマークBのキットに入っているボールマウント機銃は機銃の出来が今一つ。


f:id:gumka:20191121140649j:plain

 もともと機銃未装備の状態にするつもりでしたが、その部品も開孔部の穴の形が違っているうえに実車のようにボールマウント部が車外に突出しません。


f:id:gumka:20191121140705j:plain


「マークBの武装はホイペット中戦車と同じだからモンモデルかタコムのキットから流用すれば解決!」と思われるでしょうが、このマークBのキット、固定式銃塔の高さと前後長が足りず、一回り小さくなっているのをボールマウント機銃のサイズを小さくしたり、各部品のレイアウトを微調整することで誤魔化しており、キットの流用部品を付けると不自然に大きく見えて破綻します。


f:id:gumka:20191121141022j:plain


f:id:gumka:20191121141034j:plain


 かくして、原型を一個作って複製しました。銃塔に接着したらレトロなロボットみたいになりました。

このページのトップヘ