GUMKA工房記

千葉県南流山にあるGUMKAミニチュアの備忘録を兼ねたブログです。

カテゴリ: イベント

 23日は世田谷区下北沢で開催された「東京AFVの会」へ。午前中、家族の用事があり、それが終わってから出掛けたので、会場に到着すると宮本監督の模型特撮についての講演が始まっておりました。


 本来なら3時間程の内容を1時間に詰めての濃縮講演でしたが「え!あんな素材で海面が?」とか綿を使ってリアルに見える爆発など、とても勉強になりました。


f:id:gumka:20191128023613j:plain

 

例年だと12月に開催でしたが、今年は一か月早いせいか、来場者がすごく多くて、大変な熱気でした。

作品は単品が多かったですが個性豊かな各国のAFVの完成品がずらりと。


f:id:gumka:20191128023714j:plain

f:id:gumka:20191128023727j:plain


f:id:gumka:20191128023757j:plain


f:id:gumka:20191128023954j:plain


f:id:gumka:20191128024015j:plain


f:id:gumka:20191128024033j:plain


f:id:gumka:20191128024101j:plain


f:id:gumka:20191128024123j:plain


 会場でも話題になっていましたが、今回、若い参加者の方が多く、しかも、みんな上手。今風の素材を使いこなしつつ、楽しんで作っている様子が感じられました。


 今回、個人的に最大のヒットは久々に副島博文氏のスクラッチ作品、しかも大好きなルノーNC(ルノー乙型)が見られたことでした。  


f:id:gumka:20191128024311j:plain


f:id:gumka:20191128024326j:plain


f:id:gumka:20191128024342j:plain

 

f:id:gumka:20191128024402j:plain


 

 ホビージャパン誌1985年9月号に掲載された副島氏の八九式中戦車のスクラッチビルドは今でも忘れられません。

 

 

 今月25日から公開予定の「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」の試写会に行きました。

 

f:id:gumka:20191004112205j:plain

 野戦炊事車KP-42を牽引するGAZ-AAトラックから始まり、その後のT-34-76とIII号戦車との戦闘シーンは「これで一本撮ってくれ~!」と言いたくなる迫力。そして舞台は一気に1944年のドイツの捕虜収容所へと変わり…


f:id:gumka:20191004112346j:plain

 

…見終わって改めて「鬼戦車T-34」は昭和の戦争人情映画の傑作だったなと痛感。配給元が敢えてリメイクと謳わないのに納得でした。

 

f:id:gumka:20191004112436j:plain

 

 長女に勧められて、GINZA TANAKA本店(田中貴金属系列のジュエリー・アクセサリー専門店)のギャラリーで開催されている「はしもと みお彫刻展」へ。

 

f:id:gumka:20190923132426j:plain

 

 ギャラリーには木彫りの猫や犬、羊、オランウータン、ワオキツネザル、アカミミガメ、イグアナなど多数が展示され、ほとんどの作品に触れることも可能です。リアルなタッチなのに、なぜか独特の温か味や可愛さがある不思議な作品でした。

 

f:id:gumka:20190923132504j:plain

 

f:id:gumka:20190923132523j:plain

 

f:id:gumka:20190923132540j:plain

 

f:id:gumka:20190923132600j:plain

 

f:id:gumka:20190923132629j:plain

 

f:id:gumka:20190923132644j:plain

 

 こんな機会でもないと銀座の貴金属販売店に行くことはありませんが、入店するや、すぐにシニアなスタッフの方が「いらっしゃいませ。御来店ありがとうございます。本日はどのような御用命でございますか?」と笑顔で。


「いや、あの、はしもと みおさんの展覧会を…」と応えると


「ありがとうございます。奥のエレベーターで6階のギャラリーにお上がりくださいませ」


たった、これだけの会話に緊張するなんて、貧乏人は嫌ですね。

 

 展示会を記念して純金製の猫のミニチュアを販売していましたが、御値段は100万円を越えておりました。金額にビビって写真は撮り忘れました。


 28日は、幕張メッセで開催されたワンダーフェスティバルへ行きました。今までディーラーや企業ブースのサポートで参加してきましたが、今回は普通の御客さんとして会場へ。

イメージ 1


 事前にガイドブックを買って、目ぼしいアイテムをマークして、会場の各ブースに行くのですが、途中で思いがけない物を見つけて嬉しい散財をしたり、知り合いに声を掛けられ話し込んだり…

イメージ 2


イメージ 3

 会場はいつもより、人が少なめに感じました。週末は台風が来ると言う情報が流れていたので、遠方から来る人が断念したり、当日の朝が土砂降りだったことも影響したのかもしれません。


イメージ 4


イメージ 5

イメージ 6


 会場で偶然、10年以上前に真冬のモスクワ~ペテルブルグを旅行した波多野さんと六鹿さんと再会でき、しばし当時の話で和み&盛り上がり。

「また、アイスクリーム食べたい!」

キエフスカヤ駅の傍のピザ屋、まだやっているかな?」

「どんだけ西側ナイズされたか確認せにゃならんから、今年辺り、行きますか?」

ということで意気投合。とりあえず情報集めて、お金も貯めよう!

てなわけで行ってよかったです。


 20日に開催されました東大戦史研主催の東京大学五月祭講演が無事に終了しました。御足労いただいた皆様、ありがとうございました。

 講演内容と使用するスライド画像の事前提出があったため、原稿を用意せねばならなんのですが、仕事の都合上、ホビーショーが終わってから、本格的に原稿を書き始めました。書いてる途中、確認するため、過去の資料やアルバムを引っ張り出すと、懐かしさの余り、読みふけってしまったり、ノスタルジーに浸るので、完成がずるずる遅れ、結構、タイトなスケジュールでした。

イメージ 2


イメージ 1

 10時から始まった講演は、学生さんや一般の方向けということで、なぜソ連軍とソ連戦車にハマったのか、冷戦時代、どうやって資料収集したのか?資料収集からのレジンキットメーカーの起業と模型店の開業など、濃い狭い話題を避けて構成しましたが、講演後の質疑応答では、かなり突っ込んだ質問が多く、もっと内容を絞り込んでも良かったかな?とも反省しております。

イメージ 3

 久々に再会できた方も多く、中には模型店時代のお客さんで、この講演のために新潟から上京された方もいらっしゃいました。

 終了後、何人かの方々から講演内容に絡めてメールやメッセージを頂戴し、やりとりするうちに、またKV-85やIS-2を作りたくなりました。模型の仕事は、そろそろ引退ですが、趣味の模型製作は一生続きますからね。

 来場いただいた皆様、講演に機会を御用意してくださった
主催者である東大戦史研の方々には、ひたすら感謝です。本当にありがとうございました。

このページのトップヘ