GUMKA工房記

模型の企画・設計とロシアのレッドアイアンモデルズの代理店をやっている「GUMKAミニチュア」の備忘録を兼ねたブログです。雨が降ると電車が止まるJR武蔵野線の新松戸と南流山駅の中間辺りに事務所はあります。近所に素材や塗料が揃う模型店がありません。最近、昔からやっている本屋が閉店しました。

カテゴリ: 資料同人誌

 
 昨年頒布したズリーニィ資料同人誌ですが、その後に判明した情報を

79b5e8d5.jpg

 52ページに掲載された写真でズリーニィ先行量産車(非装甲鋼板製)の操縦手ハッチから顔を出している人物ですが、実は1944年のブダペスト防衛戦で無残に破壊されている有名な「シャーリカ」号の車長である第1突撃砲大隊第3中隊長ラーツ・ティボル中尉だそうです。 


ErHoWRgUUAAlTP3


 同じく70ページのブダペスト市内のヴェールメズー公園で破壊されたラーツ・ティボル中尉の「シャーリカ」号です。

EncUANfVkAAo2cc

 婚約者のシャーリの愛称が由来でラーツ中尉はブダペスト防衛戦で捕虜となり、ソ連の捕虜収容施設に送られましたが、そこで
3回の脱走を試み、最後の脱走時に歩哨から銃撃されます。その怪我が原因で、敗血症性ショックを起こして1945年2月に病死します。ラーツ中尉は部下たちに、ソ連の甘言は絶対に信じるな。チャンスがあれば脱走しろと言っていました。


 増刷する際に増補改訂するのが一番なですが、いかんせんハンガリーの自走砲という厳しいアイテムだったので完売までは、しばらく掛かりそうなので御知らせさせていただきました。気になった方は、ぜひ「ハンガリー陸軍 40/43.M 突撃榴弾砲ズリーニィ」をご覧ください。

*同人誌なので、一般書店やAmazonでは売っていません。



 モデルアート誌2021年2月号(通巻1054号)のブックレビューにて「ソ連の最優秀主力戦車T-80Uと派生型」を御紹介いただきました。ありがたいことでございます。

R1124433

R1124435

 巻頭特集のエアブラシ記事ですが、各社の溶剤比較や洗浄せずに違う色を連続吹付けした場合の実験、エアブラシ洗浄のツボなど、今までにない切り口で、一読の価値ありです。


  先週の12月3日に印刷会社より、どどっと重いダンボール箱が沢山届きました。

R1124303

R1124304
「ソ連の最優秀主力戦車T-80Uと派生型(アンドレイ・アクセーノフ著)」です。この日を待っておりましたとも。  週末から週明けで各模型店や同人ストアへの出荷を終えました。下記の頒布協力店にてお求めください。

       *模型店

イエローサブマリン秋葉原本店(東京都:秋葉原)

  キヤホビー(東京都:荻窪)

  サニー(東京都:下北沢)

  ホビーランド(大阪:本町)

  マキシム(千葉県:市川)


       *同人ストア

コミックとらのあな

  メロンブックス


取り扱いを希望される販売店様は、ホームページのcontact usから御連絡をください。

 弊社の直販サイトでの通販も御利用ください。よろしくお願いいたします。 


 大変に長らくお待たせしました。
新刊資料同人誌「ソ連の最優秀主力戦車T-80Uと派生型」が12月上旬に頒布開始です。
T-80Ucover

 T-80BVの改良型として1985年から量産されたT-80Uは、ガスタービンエンジンを搭載し、主砲は125㎜滑腔砲で新型の爆発反応装甲(ERA)のコンタークト5を装着しており、ソ連時代に開発された主力戦車としては、最優秀と称えられました。しかし、ソ連崩壊後は、軍の予算も大幅に縮小され、T-72Bの3倍もの車両価格と燃料消費量が多いガスタービンエンジンは、運用コストが高すぎるとされて、新生ロシア陸軍の標準装備とはなれず、1998年に生産が終了しました。
P12

P39
P46

 本書は写真を中心にT-80Uを解説する内容で、簡単な開発史、細部や車内を含む実車写真、T-80UK指揮戦車、T-80BVを近代化改修したT-80U-E1、TMT-K/-S地雷処理アタッチメントを紹介しています。

 解説はロシア人研究者で、オスプレイ出版で実車のカラーイラストを手掛けているアンドレイ・アクセーノフ氏で、これまでの国内出版物にはない様々な新情報が盛り込まれており、
写真はアンドレイ・アクセーノフ氏の他にアンドレイ・マールイシェフ氏にも御提供いただきました。判型は前作ズリーニィ本よりも大きなA4サイズで、フルカラー80ページ(表紙を入れると84ページ)収録写真数は120枚以上で写真解説には英文も付きます。

P51
P78


 頒布価格2500円(本体価格)で一般書店での取り扱いはありません。GUMKA直販サイト、各模型店、同人誌専門店でお求めください。


 T-80U/T-80U-E1の資料同人誌ですが、アンドレイ・マルイシェフ氏からT-80Uのインテリア写真を御提供いただけることになりました。

 マルイシェフ氏は、ロシアのファッション業界で活躍中のカメラマンですが、基地公開日や兵器展示会に行き、戦車や航空機の写真を撮るのが趣味だそうです。

AMA_0044m2

AMA_0071m2

AMA_0040m2

AMA_0111m





 ロシアのAFV研究者でカメラマン&イラストレーターでもあるアンドレイ・アクセーノフさんと共作で冷戦期~現用のソ連・ロシア戦車、大戦中の戦車・トラック・軍用自動車の資料同人誌を年に数冊、シリーズ化して刊行していきます。

 前作のズリーニィ本とは異なり、実車開発や構造に関する文章を減らして解説付きの細部写真集みたいな内容を目指しています。

 第一弾は、T-80UとT-80U-E1で「T-80UってT-80BVのレンガみたいなERA装甲が変わった程度じゃないの?」という方も多いかと思いますが、これが結構、違います。


DSC_0050m2

 
AMA_0082m2


22A_0346m2


TYA_0155m2


 写真の解説もアクセーノフ氏御本人が担当しているので、各装備の正確な名称や「砲塔の上にある、これは何に使う物なの?」がよくわかります。現在、翻訳&編集作業中で、今年5~6月頃に販売予定です。どうかご期待ください。



 

このページのトップヘ