イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

原型製作を開始した割と早い段階で、この部品は、ほぼ完成させていましたが、
今、改めて見ると、パネル周囲のボルトのサイズが、やや大きめで、
点検ハッチ自体も、サイズが今一つに感じたので、作り直しました。

点検ハッチのパーツは、適度な厚みが欲しかったので、
ドラゴンのIV号戦車E型の機関室ハッチのパーツをプラ板代わりに使いました。
このキットのプラ材質は柔らかく加工し易いうえ、
ボルトやリベットなど、スクラッチに応用可能なモールドが沢山あるので、
工作派のモデラーであれば、部品取り用に確保をお勧めします。
付属のエッチングも本来の用途以外に使えそうです。
模型店で特価になっていたら、ぜひ入手してください。

ハッチにヒンジの加工をしたら、周囲にボルトを植え、
前部に前照灯の基部を取り付けて完成です。
サフェーサーを噴いて、古いパーツと比べると、
う~ん、今回も変化が微妙?!(やや泣き)