2007年の暑い夏、H3氏のKZ1000STのMk.II改造が終わりました。一時期、バイクを預けたバイク屋が夜逃げして、押しかけた債権者にバイクを奪われそうになったり、あてにしていたリプロパーツの再生産が遅れたりと色々とトラブルもあったようですが、送られた写真を見ると、これはカッコよさげ。バランス良く、きれいにまとまっています。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


 オリジナルの再現でなく、走ることが第一目的なので、今風のカスタム化が施されているので好みが別れるところですが、私がヤフオクで代理落札して台湾に送ったチタン製4in1マフラーも使われています。

 燃料計の不動、ニュートラル時のメカノイズ、ダイナコイルの故障など、まだマイナーなトラブルはあるようですが、それも徐々に直し、さらなる進化を続けています。今はZ1100GPのホイール移植を検討中とか?頑張れ、H3氏!