kenさんが750ssにて工房に遊びに来てくれました。独特の排気音のおかげで、近所に来ているのがすぐわかるというカワサキ・トリプルのありがたさ。

イメージ 1

イメージ 2

 全分解してフレームは粉体焼き付け塗装、外装はリプロ&リペイント、エンジンは内部OH、表面はブラスト処理というコンクールコンディションやミュージアムコンディション並みのピカピカ実車は、これまでも雑誌などで見てきました。それはそれで見事だと思いますが、kenさんのマッハ、北米に輸出された里帰りバイクですがクラッチレリース、クラッチワイヤー、ライトを交換した以外はほとんどが当時のままという驚異のコンディション。しかも故障知らず!これは、本当にスゴい!さっそく、各部の写真を撮らせていただきました。

イメージ 3

 私のCB400LCと750ssのツーショット。比べてわかったのですが車格はほぼ同じ。750ss、750ccクラスとしては小さいです。ちなみにバイクの価値は雲泥の差で、たぶん、状態の良い750ss1台でCB400LCが5~8台位買えます(。´Д⊂)うぅ・・・。

イメージ 4

 写真はさっそうと去り行くkenさんの後ろ姿。本当に煙が目に染みました。午前中から来ていただき、近所の蕎麦屋に昼食に行った以外は、すっかり話が盛り上がり時間が経つのを忘れました。本当に楽しかったです。kenさん、いつでも遊びに来てください。

 やっぱり、カワサキ・トリプルいいな。タンクとか外装はあるし250ss捜してレストアしようかな?あと、今回、実車確認できて、いろいろわかったので夏のワンフェスで750ss、完成品展示はできるけど、商品販売はできないと思います。まさに賽の河原の石積み…