昔からバイク雑誌の記事で
ベネリ・クアトロ&モトグッチ254系の
OHC空冷四気筒250ccエンジンは、
ホンダCB400/350Fourの縮小と言われており、
私もそのように紹介してきました。

惜しまれつつ閉店したCB400Four専門店
「Four Season」の店長だった高橋さんに
エンジンを分解検証していただいた所、
意外な見解が。

* 254のエンジンはCB500Fをベースに
50%ダウンしているのと思われる。

* オイルポンプやカムチェーンテンショナー、
シリンダーヘッドのオイルラインとレイアウトは 
  500F系とそっくり

* OHCの構造ではCB500F系統のエンジンが良く出来ており、
それを見習ったのでは?

とのこと。これは驚きでした。


イメージ 1


こちらは、ホンダCB500Fのオイルポンプの部品図

イメージ 2


254のオイルポンプ、形状も部品構成もそっくりです。

イメージ 3


CB500F系のミッションは、シフトドラムにシフトフォークが入る独特の方式。

イメージ 4



分解したところ、254のエンジンも同様です。

さすがCB400Four系専門家、説得力ある分析です。
定説でも、確認すると実は違うということがあるのですね。