全国的に猛暑です。農業やっている友達によれば、地表温度が高すぎるので、スプリンクラー散水は必須とのこと。おまけに気温が高いままなので、秋冬物野菜の種蒔きや苗植えが遅れており、収穫への影響を心配していました。一方、米はもともと、南方が発祥だけあって、この暑さなのに元気で、今年は豊作らしいです。

 

我が家の目の前は、道路を挟んで広いネギ畑ですが、数日前から、ネギが立ち枯れしています。スプリンクラー設備などないので、畑の持ち主であるお爺さんは、梅雨明けから、必死に水撒きして、ネギを守っていましたが、お盆明け以降、暑さに耐えられず断念したようで、残されたネギが即身仏になりつつあります。その光景が、ますます、暑さをそそります。

 

イメージ 1


ネギ畑があるのは、我が家の北側。西側も畑で、東側は隣家、南側は、これまで駐車場でしたが、この夏から、住宅建設が始まりました。御蔭で毎日、ガガガ、うるさいし、振動あるしで仕事の効率、ガタ落ちです。

 

野外作業に慣れているであろう、杭打ち職人のみなさんと大工さんも、さすがに経験したことのない暑さのようで、ガブガブ水を飲み、手が空くと日陰で休んでいます。

 

イメージ 2


唯一、元気なのは浅黒い顔をした中東系?もしくはパキスタン系の作業員の方。「ジャーミー君」と勝手に命名しましたが、炎天下、ニコニコしながら、機敏に働いております。

 

ちょっと、書き物仕事があって、作り物はできなかったのですが、ようやく、今日、納めたので、750SSの作業が再開できそうです。