燃料コックがキレイになったところで、肝心のタンクの錆取りです。

まずはガソリンを抜いて、マジックリンで内部を水洗いして、
残ったガソリンとゴミをキレイにします。

この段階で、細かい錆がどんどん出てきます。
これは大漁の予感がしますね~(笑い泣き

イメージ 1



マグライトで中を照らしてみると、タンク下部左右の袖の部分に錆がかなりあります。
どうやら、前オーナー、水抜き作業を、あまりやらない人だったようです。

そして次のステップが、’70~80年代を生きたバイク乗りの御約束、
サンポールの原液注入です。コックの取り付け穴をゴム栓で塞いで、
2リットルの原液と長さ2mほどの鉄製の鎖、
サンポール流動性を良くするコップ一杯の水を入れて、
ガソリン注入口に蓋をして、ひたすらローリング&シェイクです。

イメージ 2


ある程度やって、サンポールの緑色が黄色く変色したら排出します。
大概の錆は、これで落ちますが、サンポール錆取りの欠点は、
すぐに酸化が始まり錆だらけになることなので、
素早く水洗いして、次のステップへ。

実は、この後は、お馴染み花咲かGを使う予定でしたが、
タンク内を確認したら、コック周辺にゴミと古いガソリンが混ざりあった、
タール状のベトベト物質があったので、作業中断。

この段階で、全てを投げ出したくなりましたが、
それでは何にもならないので、エンジンクリーナーをぶっ込んで、
しばらく放置して溶かします。

数時間後、クリーナーと腐ったガソリンの混ざった邪悪な液体の強烈な臭いに
鼻が曲がりそうに。

こいつを水道の排水口に流そうものなら、絶対に近所に異臭騒ぎが起きて、
やっかいな事になるんで、トイレットペーパーに沁み込ませて捨てました。

(続く)