毎年の冬恒例行事、高知の友人Y氏と何か旨い物を食べに行くツアーです。昨年の戸田に続き、今年も西伊豆の雲見温泉に行ってきました。沼津インターで東名高速を降り、伊豆半島の西側を海沿いに南下します。途中の井田で菜の花畑と富士山が。

イメージ 1

お馴染み戸田ではタカアシガニ。

イメージ 2

道中、飲み物を買うために立ち寄った某所の地元密着型スーパーではホウボウの刺身やマンボウやイ●カなんぞ売っていました。さすがは西伊豆の漁師町です。

イメージ 3

マンボウは、どうやって食べるんでしょう?やっぱり鍋ですかね?

イメージ 4

 千葉でも房総半島の南端の和田漁港では沿岸捕鯨のクジラが特産で様々な料理がありますが、竜田揚げと味噌漬け、あと鯨カツ以外は、それほど美味しいもんではありません。イ●カはどうなんでしょう?

 目的地の雲見温泉は、目の前が海にもかかわらず、掛け流し温泉が楽しめる夢のような場所です。非常にこぢんまりとした街で大きなホテルはもちろん、コンビニもなし。街中に沢山の民宿がひしめいていますが、我々の宿は料理が評判の「高見家」さん。

イメージ 5

 豪華な舟盛りにワタリガニの鍋、金目鯛の煮付け、アワビの踊り焼きなど、どれも駿河湾に面した街ならではの逸品揃い。高知と千葉という魚にうるさい県民も納得の料理でした。

イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8

朝食に出された伊勢海老の味噌汁が、これまた絶品でした~

イメージ 9

最後は、夫婦岩から見える富士山という縁起の良い画像で。

イメージ 10

御蔭で最高の命の洗濯ができました!