KX500E4さんからのアドバイスに従い、あれから毎日、ハンドルロックの鍵穴にCRCを吹き付けて、
KHのメインキーで、ガチャガチャやっておりましたが、どうしても解錠方向の左に回りません。

鍵穴に入る数種類のキーでも試しましたが、やはりビクともせず。

これは長期戦かな?と覚悟を決めた本日、いつものようにメインキーを差して、
クイクイと回していたら、これまでとは違って、キーごしに、
何かに触れたような感触がありました。

一縷の望みを託し、小刻みに回すと、
急に、プチッというか、クシュというか何かが砕けるような感触があり、
それを何度も繰り返すうち、ゴリゴリという感じながら、
キーが左に回り、見事に抜けました!!

イメージ 1



抜けたキーシリンダー本体を洗い油で、洗浄したら、
鍵穴から、砕かれて細かくなった砂(埃?)が出てきました。
その後は、さっきのゴリゴリ感が嘘のようにスムーズに回ります。

どうやら、鍵穴から入った大きめな砂粒か、微細な小石(?)が、
内部のどこかに挟まって、キーが回らなくなっていたようです。

ガチャガチャやっているうちに上手く外れ、メインキーで砕いたのでしょう。

イメージ 2



ハンドルロックにカバー状の蓋が付いているのは、
こんなモンが入らないようにと、ちゃんと意味があるのですね。
まあ、入ったモンが金属片とかでなくて良かったです。

シリンダー本体の刻印を確認したら、メインキーと同じだったので、
KHはハンドルロックキーとメインキーは共通でした。
買ったバイク屋の店長が言っていた、

「うん。それで全てOK!」は本当でした。

KX500E4さんを始め、アドバイスをくださった皆様、ありがとうございました!