別冊モーターサイクリストの最新号に衝撃的なニュースがありました!

1970年代に僅か38台で生産を終えたオランダ製ロータリーバイク(生産工場はドイツ)、
バン・ビーン(ヴァン・ヴィーン)OCR1000が再生産されるそうです。

イメージ 1

ブランドとロゴの権利を買った新オーナーが、
名ばかりの別物を生産するという,、ありがちな復活劇でなく、
工場閉鎖時に残っていた70年代のオリジナルパーツを組むという、
文字どおりの復活・再生産です。

生産台数は残っていたエンジン数の関係で10台のみ。
既に2台が売約済みで残りは8台です。

気になるお値段は、走行距離無制限の2年間の保証付きで、
85,000ユーロ(約855万円)!


単純に数字だけをみると高いですが、
今後、まず開発されることがないロータリーバイク、
しかも伝説の希少車が新車で買えることを考えれば、
それほど法外ではありません。

もちろん私に買える代物ではありませんけど  
  
記事の中に図面がありましたが、寸法を見ると、想像以上に大柄なバイクでした。
またハンドルが2種類あったのは、はじめて知りました。

イメージ 2


このブログをお読みで、

「ど~れ、ちょっとロータリーバイクでも買ってみるかな?」

などと考えているリッチな貴方!手元に届いたら、採寸させてください! 

必ずキット化します。