レストアが終わったCB400LCですが、ナンバーがないので試乗するわけにもいかず、たまにエンジンを掛けて、悦に入っております。

 今日も、いつものように、エンジンを始動すると、しばらくしてキーキーと異音がします。最初は、どこから音がするのかわからず、エンジンを止めたり、始動したりを繰り返しましたが、タコメーターの針がバッタみたいに、ピョンピョン上下動し始めたので、故障個所が判明。

 以前、オールドタイマー誌で紹介されていた都内のメーター修理店に電話すると、原因は回転軸の油切れで、異音がするとなると、軸自体が摩耗して、偏芯している可能性もあるので、外して、宅配便で送って欲しいとのこと。

というわけで、バラしました。

イメージ 1

 メーターから出ているコードは、メーター内の夜間照明用とオーバードライブ表示灯用の配線です。CB400LCには通常の5速ギアに追加して、高速走行用のオーバードライブが装備されており、ODにギアが入ると点灯する表示灯が、タコメーター内にあります。写真のメーターの下部にODと見えるのが、それです。

 オーバードライブは、CB400TやCB400N、CM400、スーパーホークIII等にない装備で、これがあるばっかりに同系のタコメーターをポン付けができません。

メーター修理店に週明けに着くよう、宅配便で送りました。せっかく文字盤とか色抜けしていない良い状態なので、なんとか直して使いたいです。