毎年、12月頃、各バイクのバッテリーを外し、キャブからガソリン抜いて冬眠させ、翌年の4月頃、充電したバッテリーを取り付け、エンジンを始動するというのが恒例行事でした。

去年の今頃、GSX250Eの冬眠明け作業をしていたら、またセルが回りません。あれ?バッテリーかな?
そういえばバッテリー4年目だったよな。12V充電できたけど交換しないとダメかな?などと思いながら、そのまま、ずるずると一年経過。

今年、新しいバッテリーを用意し、改めてセルスターターのボタンを押すとギュル、と、例の嫌な音がして、あとは動きません。


イメージ 1


バッテリーは新品なので、またセルモーターかな?でも、4年前にバイク店で新品に交換しているので、そんな簡単に壊れるかな?とりあえず、外装外して点検ですね。


イメージ 2


GSX250Eのセルモーターをエンジンから取り出するには、タンク外して、キャブも外さないとセルモーターカバーが開けられないんですよね。