モトメンテナンス誌が最終号だよと船橋のWさんから教えてもらい、慌てて本屋へ。今回、バイクブロスが刊行していたバイク雑誌が軒並み休刊になり、モトメンテ誌も右に倣え、となったそうです。

イメージ 1
 
 昔、バイクメンテ雑誌などなかった頃、イトシンこと伊東 信さんがバイク雑誌で連載していた記事を参考にエンジンやキャブレターをいじったり、塗装したりしていましたが、この体験があったからこそ、自分で修理する習慣が身に付きました。50代より上のバイク乗りなら、同じような方が多いと思います。
 
 創刊された1995年当時、この雑誌ことなど知らず、買い始めたのは偶然、書店で見つけた9号からでした。初めて見たときは、まさに目から鱗状態で、ケミカルやツールの情報は本当に重宝しました。この本から得た技も多く、ブレーキフルードを上からではなく、注射器で下から入れるなどは今では常識ですが、当時は「モトメンテ、偉い!」と思いました。
 
 ただ、徐々にショップとのタイアップ記事が増えてきて、メンテというより「なんだかショップ紹介誌になってきたぞ?」と違和感を感じるようになり、挙句に「自分でやるより●●店に依頼したほうが良い」「こんな作業は●●店に任せよう」みたいな記事をライターではなく、編集長が平気で書くようになり、アンタがやっている雑誌は一体、何よ?となって、111号を最後に買わなくなりました。商業誌である以上、ショップとの関係も大事なのはわかりますが、メンテ誌を名乗る以上は手を汚し汗をかいた記事が読みたいです。
 
 最終号に目を通しましたが、変わらぬレイアウトや構成は、ああ、そうだったね、こういう雑誌だったねという妙な安心感がありました。一時期のようにショップに過度に依存せず、原点回帰して手を動かしているだなと再認識しましたが、もう次はないんですね。
 
 「今はメンテ雑誌を買わなくても、ネットで情報が得られる」という声も聞きます。確かにブログなど良質な記事が多いものの、中には怪しいというか、間違った情報もあるので、雑誌の存在意義はあったと思います。そいういう意味では残念でなりません。