GUMKA工房記

模型の企画・設計とロシアのレッドアイアンモデルズの代理店をやっている「GUMKAミニチュア」の備忘録を兼ねたブログです。雨が降ると電車が止まるJR武蔵野線の新松戸と南流山駅の中間辺りに事務所はあります。近所に素材や塗料が揃う模型店がありません。最近、昔からやっている本屋が閉店しました。

2022年07月


  海外オークションのebayに長年、探していた「モトグッチ254整備マニュアル」が出品されていました。

25401

25402

 以前、ベネリ・クアトロ用は持っていたのですが、レストアに協力してくれるというバイク店にベネリ254のフレーム、エンジンと一緒にお預けしたら、店が閉店してしまい、全てが戻ってこず。

 ただ、後からわかったのですが、ベネリ・クアトロ用整備マニュアルはキャブレターの油面など、いくつかの数字が誤植で間違っていて、信じて調整すると調子が悪くなるばかりで、土壺に嵌るという呪いのアイテムだったそうで、改訂されたベネリ254整備マニュアルか、モトグッチ254整備マニュアルを入手したほうがいいとイギリスのベネリ・モトビ愛好会のメンバーから教わりました。

 しかし海外オークションで何年も探しているのに、どちらも全然、出品されず。それが、ひょっこり出品されてて、値段も決して法外ではありません。

 問題は、イタリア在住の出品者が海外発送は不可と明記していたこと。海外オークションの代行業のセカイモンでなんとかなるかと調べたら、イタリアはサービス対象外ということでダメでした。

 仕方ないので、ダメ元で出品者に「日本人でモトグッチ254のオーナーだ。ベネリ・クアトロ用整備マニュアルを持っていたが、バイク店に貸したら持ち逃げされた。いつか、レストアしたいと思っている。今、出品中のモトグッチ254整備マニュアルだが海外発送不可という条件は読んだ。敢えて相談なんだが、日本に送ってもらえないか?」と証拠写真と共にメッセージしました。


be83c3ed.jpg

06ce9f76.jpg

 翌日「こんな写真を見せられたら送るしかないだろう。送料はキッチリ請求するかならな」と返事が来ました。やったぞ!

 数年前にアメリカから部品カタログは入手してあるので、これは公道復帰に向けて大きな前進です。


 iPhone 7 Plusのバッテリー容量が78% を切って、充電が半日持たなくなり「さっさとサービスに予約してバッテリー交換しろ」のメッセージが表示されたので、自分で交換しました。

 AmazonやYahooや楽天で、交換バッテリーが工具付きのセットで売っているので、それを買いました。まずはバックアップをしてから本体を開けます。

RIMG5188

 次にバッテリーを取り除いて、新しいバッテリーと交換して終わり。


RIMG5189

 容量100%になったのでOKです。

 最近は契約しているキャリアから「とっとっと、iPhone12か13に更新しろや」メールが、ちょくちょく届くのですが、人間がガデム大尉なので、どうも新型の強化ガラス筐体は好きになれず。最後のアルミ筐体iPhoneなので、もう5年ほど使っています。
 
 2017年に香港のドラゴンモデルズの子会社だったスタジオ・ドラゴンの東京事務所がオープンするとき、私も手伝いを頼まれまして。その際に先方から連絡用に支給されたのが、このiPhone 7 Plusでした。キャリアはauで、ドラゴンモデルズが契約していた香港の大手通信会社と提携関係にあったからと聞きました。
 当時、個人スマホは、まだiPhone 5sだったので、大きな画面と処理能力の速さに「新しいスマホはええのう」と思って使ってました。

 その後、香港で人権運動が活発化し、経済が打撃を受けた後、コロナ禍で止めを刺され、スタジオ・ドラゴンも2019年11月末に東京事務所は閉鎖に。そのとき、このiPhone 7 Plusも一旦は返却したのですが、今まで会社が払っていた機種代金の残額を一括で払うなら、譲るけど、どうする?と打診されまして。気に入っていたし思い出も沢山あるし、残金も高くなかったので支払って自分の物にして、今に至ります。

 せっかくバッテリー交換したのだから、もうしばらく使いますが、次は新しい機種になるのかな?

このページのトップヘ