GUMKA工房記

模型の企画・設計とロシアのレッドアイアンモデルズの代理店をやっている「GUMKAミニチュア」の備忘録を兼ねたブログです。雨が降ると電車が止まるJR武蔵野線の新松戸と南流山駅の中間辺りに事務所はあります。近所に素材や塗料が揃う模型店がありません。最近、昔からやっている本屋が閉店しました。

2021年04月


 2004年に休刊したチャンプUという中古バイク雑誌がありまして。当時としては珍しくホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキなどのバイクメーカーの広告が一社もないという営業的には、かなり厳しい雑誌でしたが、それを逆手にとって、メーカーに媚びたり忖度しないギリギリな記事や企画を掲載していました。

 そんな中で今も語り継がれているのがコラム「ミイラ伝説ー愛すべきウラ名車列伝」です。毎号、各メーカーの不人気車を問答無用で切り捨て、不人気度とミイラ度(認知のなさで忘れ去られてミイラ化した度数)で採点するという、ある意味、無敵なチャンプUでしかできない企画で、バックナンバーが読みたいという声に応えて、出版社のホームページに総集編が掲載されるほど人気でした。

 雑誌の休刊によるホームページの消滅後もミイラ伝説の総集編だけは、別のサイトに移転という救済があったものの、やがてそこもサービス終了で再移転。それが幾度かあって、やがて行方不明に。

 ところが、先日、国産有尾両生類(イモリとかサンショウウオ)の愛好家に南会津のサンショウウオについての話を聞いているとき「今でこそ野外観察にはスズキのジムニー(軽4WD車)で行くから車中泊もできて大雨でも何の不安もないけど、若い頃はホンダのシルクロードに括り付けたテントと寝袋で野宿してたから、雨の日と冷え込む夜は本当にキツかった」という話からバイク談義になりまして。
CT250
 シルクロードはバイクブームの1980年代に街中でもオフロードでも使える多目的250㏄バイクとしてデビューしました。今でこそ再評価されていますが、当時は、どっちつかずのコンセプトと中途半端なデザインが不評で、発売から一年も経つ頃には、あっちこっちで新車が半値以下の投げ売り状態でした。

 その方も野外観察用の移動手段としてオフロードバイクのホンダ XL250Sかヤマハ XT250の中古車を探していましたが、傷だらけのXL250Sよりも、僅か500㎞しか走っていない極上のシルクロードが遥かに安かったので購入したそうです。新車で半値以下でしたから、中古車はもっと安かったんでしょうね。

 しかしながら、シルクロードは安かろう悪かろうではなく、大きなリアキャリアに寝袋やテント、撮影機材などの荷物が沢山積めて250㏄なので高速道路も走行可能。しかもオフロード車っぽい外観なのにタイヤはブロックパターンでないため高速走行も快適で、目的地までは高速道路で行き、現地では未舗装路をゆっくり走って生物観察するという彼の用途にぴったりで非常に重宝したとのことです。

 「昔、バイク雑誌にミイラ伝説というコラムがあって、シルクロードもネタになっていましたよ」と話すと「知っています。チャンプUは一度も買ったことないけど、あのコラムだけは大好きで、いつかシルクロードもネタになるだろうと毎号、立ち読みしてました。今でも、ここで読めますよ」と現在のURLを教えてくれました。

 久々に読んで、しばし懐かしさにひたれました。ちなみにシルクロードは不人気度90点。ミイラ度90点という評価でしたが、私の愛車CB400LCも当然の如く取り上げられており、不人気度90点。ミイラ度95点とシルクロードを凌ぐ高得点をマークしていました。昔、バイク乗りだった方は是非、ご覧ください。
  
7a1383d1.jpg

 近所の坂川を狩場にしているカワウが一羽おりまして。一昨年、結構いいサイズのウナギ(80㎝くらい)と長時間の水上戦をしており、最後は丸呑みを決めて勝ちましたが、自宅のすぐ傍の川に天然ウナギがいて、しかもカワウに食われるという事実が衝撃的でした。

 そんなカワウが、いつものように川に潜って魚を獲っていたのですが、しばらくすると土手に上がって、翼を広げてじっとしています。冷えた身体を温めるために日光浴かな?と眺めていたら、目と目が合いました。

R1124768
 結構、近い距離で、こちらが横移動しても、ずっと翼を広げたままで視線を逸らすことなく、「おらおら、なに見てんだよ」オーラを出していました。
R1124770
 俺は逃げられるという圧倒的な自信があるのかと思っていたのですが、詳しい方によれば、カワウの羽は、普通の水鳥とは違って水をはじかず、潜るには適していますが、飛ぶ前に、こうやって羽を乾かさないとならないそうです。つまり、視線を逸らさなかったのは自信ではなく、すぐ逃げられないので、こちらを警戒していたからでした。また一つ賢くなれました。
 

このページのトップヘ