GUMKA工房記

模型の企画・設計とロシアのレッドアイアンモデルズの代理店をやっている「GUMKAミニチュア」の備忘録を兼ねたブログです。雨が降ると電車が止まるJR武蔵野線の新松戸と南流山駅の中間辺りに事務所はあります。近所に素材や塗料が揃う模型店がありません。最近、昔からやっている本屋が閉店しました。

2021年01月


 先日、「Go to 奄美プレゼントキャンペーン」にて、数多ある懸賞の中から、レトルトの鶏飯や島豚ハム・ソーセージ、くろきび酢や黒糖焼酎、奄美の特産スイーツ、フルーツジュース、大島紬の小物などには見向きもせずに「軍政下奄美の密航・密貿易の本& 奄美紬のしおりセット」を選んで当選してしまい、奥さんから無言の圧力を受けましたが、先日、奥さんも応募していた「鶏飯セット」が届きました。なんと夫婦揃って当選でした!それにしても、こんな競争率高そうな景品、よく当てたものです。

R1124473

 当選商品には、今回のキャンペーンに関するアンケートが同封されていますが、喜々として書き込んでおりました。我が家に平和が訪れました。みなさんに敢えて言いたいです。「神は存在する」と。本日、確信しました。 


 体内の紅ショウガ天数値が低下してきたので、日暮里の「一由そば」に行き、ゲソ天&紅ショウガ天そばを食べて補給を。関東地方で紅ショウガ天は珍しく、手軽に食べられるのは、こことチェーン店の富士そばくらいです。
 私は千葉県市川市生まれですが、祖父が和歌山県出身で大阪の橋梁会社に勤めており、1936年に東京支店に転勤してからの関東住民です。すでに三世代、85年が経過したものの、すき焼きに割り下は使わない、オデンに牛スジ串は入るけどチクワブはなし、ところてんは黒蜜、肉ジャガは牛肉など今でも食生活に僅かながら西側社会の名残があり、紅ショウガ天もその一つです。

R1124442

 不思議なことに祖父は好物だったのに、なぜか父は嫌い。そして隔世遺伝で私は好きなのですが、二人の娘たちは全く食べる習慣がありません。私の代で途絶えてしまうか?はたまた再度の隔世遺伝で娘たちの子供世代は引き継いでくれるのか?楽しみであります。


 昨年12月、義父の一周忌で奄美大島に行ったとき、レンタカー店から「Go to 奄美プレゼントキャンペーン」の応募用紙をもらいました。

R1124453

 来島した観光客総勢10000人に合計4000万円分の奄美特産品が当たるという太っ腹なキャンペーンで応募したところ、「軍政下奄美の密航・密貿易(佐竹京子著)& 奄美紬のしおりストラップセット」に当選しました。春から縁起が良いです。

R1124452

 「軍政下奄美の密航・密貿易」を知ったのは、2016年に読んだ徳田虎雄に関する書籍「トラオ」でした。戦後、徳田の父親はアメリカ軍政下の徳之島にて砂糖の密貿易をしており、その背景や当時の状況を説明する本として書名が出ていたものの、当時は絶版でした。ところがキャンペーンの懸賞の中に、この本が!

 キャンペーンの景品カタログにはレトルトの鶏飯や島豚ハム・ソーセージ、郷土料理の詰め合わせ、くろきび酢、黒糖焼酎、奄美の特産スイーツ、フルーツジュース、大島紬の小物などが並んでおり、その中から希望の品を選んで応募するのですが、奥さんに当選を伝えると「何が当たったの?」と嬉しそうに聞くので「奄美の密貿易の本」と返事すると無言でした。でも、顔には「ちっ、お前は、そういう奴だよな」と書いてありまして。

 す、すまんのう、でも、どうしても、この本だけは読みたかったんじゃ!

 届いた本と一緒に新聞の切り抜きのコピーが入っており、2018年に15年ぶりに再販されたそうです。仕事の合間に、ゆっくりと読んでます。 

 
 昨年頒布したズリーニィ資料同人誌ですが、その後に判明した情報を

79b5e8d5.jpg

 52ページに掲載された写真でズリーニィ先行量産車(非装甲鋼板製)の操縦手ハッチから顔を出している人物ですが、実は1944年のブダペスト防衛戦で無残に破壊されている有名な「シャーリカ」号の車長である第1突撃砲大隊第3中隊長ラーツ・ティボル中尉だそうです。 


ErHoWRgUUAAlTP3


 同じく70ページのブダペスト市内のヴェールメズー公園で破壊されたラーツ・ティボル中尉の「シャーリカ」号です。

EncUANfVkAAo2cc

 婚約者のシャーリの愛称が由来でラーツ中尉はブダペスト防衛戦で捕虜となり、ソ連の捕虜収容施設に送られましたが、そこで
3回の脱走を試み、最後の脱走時に歩哨から銃撃されます。その怪我が原因で、敗血症性ショックを起こして1945年2月に病死します。ラーツ中尉は部下たちに、ソ連の甘言は絶対に信じるな。チャンスがあれば脱走しろと言っていました。


 増刷する際に増補改訂するのが一番なですが、いかんせんハンガリーの自走砲という厳しいアイテムだったので完売までは、しばらく掛かりそうなので御知らせさせていただきました。気になった方は、ぜひ「ハンガリー陸軍 40/43.M 突撃榴弾砲ズリーニィ」をご覧ください。

*同人誌なので、一般書店やAmazonでは売っていません。



 モデルアート誌2021年2月号(通巻1054号)のブックレビューにて「ソ連の最優秀主力戦車T-80Uと派生型」を御紹介いただきました。ありがたいことでございます。

R1124433

R1124435

 巻頭特集のエアブラシ記事ですが、各社の溶剤比較や洗浄せずに違う色を連続吹付けした場合の実験、エアブラシ洗浄のツボなど、今までにない切り口で、一読の価値ありです。

このページのトップヘ