GUMKA工房記

千葉県南流山にあるGUMKAミニチュアの備忘録を兼ねたブログです。

2017年07月


コンビニで前に並んでいた50代くらいの男性は、作業服姿の強面で坊主頭、180cm近い長身で大柄な体格でした。香典袋とハサミとペンをレジに置くと、20代後半~30代前半の店員さんに

「レジ袋は要らないよ。シールだけ貼って。レシートは頂戴ね」

そして自分を指差しながら笑顔で

「なんせ、こんな見てくれだから警察に職質されて、持ち物検査やられたときに面倒だからさぁ」

おそらく場を和ませるための、この方の持ちネタなんだと思います。

店員が笑顔で「いやいや」とか「そんな御冗談を」とか返せば、丸く収まるものを、なぜか「ああ、わかります!わかります!」と嬉しそうに…

予想外の返しだったからか男性客は10秒くらい沈黙。

追い打ちをかけるように「人は見た目っすね」

無言でお金を出し、お釣りを受取り、そのまま立ち去る男性。

店内に立ちこめる「そっちじゃないだろう」の空気。

真夏のコンビニでの出来事でした。


 ソ連対戦車ライフル射手のポスターが本当に到着。作者の比村奇石さん曰く「赤いたわわ」


イメージ 1


 夢みたいな話なので、物が届くまでは半信半疑でしたが現実の出来事でした。今は感謝の気持ちで一杯です。一応、作品タイトルは「Сокрушение!(撃破)」で、7月30日のワンフェスにて頒布します。


札幌から帰って、あまりの暑さに呆けている間に一週間経ちましたが、先週末は第15回北海道AFVの会でした。初開催から主催団体も会場も変わっていないAFVの会は、おそらく北海道だけ。ゲストとして初参加をさせていただきましたが、とにかく楽しかったです。


イメージ 1


クレーンが動くジオラマがあったり

イメージ 2

1/7スケールのBT-42があったり

イメージ 3

さり気なく、日産キャリヤーのスクラッチがあったり

イメージ 7

イメージ 8


超絶技巧のミニスケールがあったり、

イメージ 4


作品の個性が豊かで飽きません。

 当日はゲストとしての講演がありました。今回は一人で話すのではなく、横に司会者の方がいて、話を振ってくれながら進行するスタイルだったので、とてもやり易かったです。

事前に届いていた質問の「ソ連軍は飲料水をどうしていたのか?」と「戦車ペチ」こと車載冬季用暖機ストーブについてを資料画像を使って説明した後、一問一答形式での様々な質問があり、持ち時間の1時間をなんとかこなせました。


イメージ 5


やはり最初は緊張していたのですが、司会者の方が、上手に質問やパスを出してくれた御蔭で助かりました。


イメージ 6


講演を聞いてくださった参加者の皆さん、サポートしていただいたスタッフの方々には感謝です。

本当にありがとうございました!



 ありがたいことにツイッターの「月曜日のたわわ」で有名な比村奇石さんが、GUMKA miniatures に応援のカラーイラストを描いてくださいました。題材は第二次大戦のソ連対戦車ライフル射手。一応Сокрушение!(撃破)」という作品タイトルがあるのですが、比村さん曰く「赤いたわわ」


イメージ 1


 A3サイズのポスターを作成して夏ワンフェスにて頒布を予定しています。どうか御期待ください。

このページのトップヘ