GUMKA工房記

千葉県南流山にあるGUMKAミニチュアの備忘録を兼ねたブログです。

2014年12月

リードで繋がれているからだけでなく
なんとなく猫っぽくない…

イメージ 1

なんか、雰囲気が犬っぽいんですけど…

イメージ 2

不思議な猫です。


千葉方面に用事があったので、帰りは敢えて遠回りして、
東金の「ぐうらーめん」に行きました。

お昼休み直前で、行列はなかったものの満席でした。
いつものようにオーダーを聞きに来た後、待っていたら、
「お待ちの方、どうぞ~」と呼ばれ着席すると、すぐに着丼。

注文は、ネギチャーシューメンの薄味

イメージ 1


トロトロのチャーシューが絶品で、美味しくいただきました。
食べ終わって、店の外に出たら、行列ができてきました。

これが、おそらく、今年のラーメンの〆でしょう。


前回の続きで帰国便の機内食を紹介します。香港ー台北ー成田という空路でした。香港ー台北間は、単独メニューで、御飯の上にソースを絡めた鳥肉に付け合わせは冬瓜。牛乳プリン、ミネラルウォーターでした。

 

f:id:gumka:20190830175337j:plain

 

御飯の上の鳥肉は、薄味の「ほていの焼き鳥」という感じでした。

 

f:id:gumka:20190830175544j:plain

 

台北で約1時間半のトランジットがあって成田行きに。CAから日本語で「豚肉と魚、どちらにしますか?」と尋ねられます。まずは魚。御飯の上に白身魚の照り焼き、付け合わせはピクルスとショウガ(ガリ)、パン、キュウリ、フルーツ、チョコバーでした。

 

f:id:gumka:20190830180115j:plain

 

豚肉の方は、バラ肉とネギ、ナスの炒め物で付け合わせは、ニンジンとインゲン。あとは魚と同じです。

 

f:id:gumka:20190830180459j:plain

 

 

OCRモータースから模型化の許諾が下りる前、
香港から帰国した直後、仕事仲間の岡田さんと一緒に、
東京都世田谷区にある二輪車専門店「カウスペース」へと行きました。

こちらは、バンビーンのオーナー様である牛山宙幸さんが
経営するお店で店内に実車が鎮座ましましております。

イメージ 1


今回は、第一回目ということで、イメージを掴むための
写真撮影とフレーム採寸をしました。
屋内だったせいか、お台場の旧車天国で見たときより、
大きく感じました。

イメージ 3


イメージ 2


二人で実車を見た感想は

「マッハより、はるかに大きい」
T-34 1940年型とIS-2重戦車くらい差がある)

「キャストホイールだし、水冷エンジンなんで、
エッチングパーツは少ないかな?」
(その分、レジンやメタルのコストが掛かる…)

「なんか、ライトのサイズ、大きくないか?」
(バイク用でなく、ポルシェ928の流用だそうです)

スピードメータータコメーターもポルシェの流用か…」
(自動車用なので色抜けしやすいそうです)

イメージ 4


「変な形状のサイドカバーだな?」
(なんだこりゃ?!)

イメージ 5


「なんであれ、前途多難そうだな…」
(二人の共通認識でした)

いろんな意味でやりがいのあるバイクです。


つい最近、白河ラーメンの名店「とら食堂」の支店が、
地元の松飛台にあると教えてもらったので行きました。
お店の名前は「とら食堂 松戸分店」

イメージ 1

 注文したのは、塩ワンタン麺 味玉入り。

イメージ 2

海鮮ダシの効いた美味しいスープにイイ感じな手打ち麺。
幸せ感じる昼食でした。

このページのトップヘ