GUMKA工房記

千葉県南流山にあるGUMKAミニチュアの備忘録を兼ねたブログです。

2014年11月

千葉市緑区おゆみ野にある「炭一ラーメン」へ行きました。

大きな区分では竹岡式ラーメンですが、
乾麺でなく生麺を使っていたりと
元祖である梅乃家とは異なります。

東金の「ぐうらーめん」の暖簾別けとのことですが、
独自の進化をしており、ぐうらーめんを、
より食べ易くした感じでしょうか?

注文したのは「炭一チャーシュー」にネギを追加でトッピング。

イメージ 1



本家の梅乃家;  ガンダムRX-78-2)、
穴川 つち家;   ジム(RGM-79)
八千代 拉通;    ジムII (RMS-179)

東金 ぐうらーめん;        ガンダムMk-II (RX-178)、
おゆみ野 炭一ラーメン;  ネモ (MSA-003)


23日にお台場で開催されたイベント「旧車天国」に行きました。

イメージ 1

コブラ427がいたり

イメージ 2

ポインターがいたり

イメージ 3

シュタイヤー1500がいたり、

イメージ 4

なんでもアリのイベントでしたが、個人的に最大の収穫は、
 4車種しか存在しない市販ロータリーバイク中、
Van Veen OCR100、ロートン・コマンダー、スズキRE-5の
三車種が展示されていたこと。

イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7

その中でもVan Veen OCR1000は、全世界に37台、
日本に2台しかなく、実動車は、この1台のみ。
自分にとっては憧れ以上のバイクです。
実車を見られただけでも嬉しいのに、
オーナーさんの御厚意で跨らせてもらえました!

イメージ 8


H2より売れないのは、わかっているけど、
やはり1/12でキット化したい…
200個くらいなら、なんとかなるかな?

最大の問題は開発費なんで、スポンサー募集とか
真剣に考えようかと悩んでいます。



西伊豆の駐車場に一匹の猫がいたんで、
いつものように写真を…

イメージ 2


あれ?なんか、すごく機嫌が悪そう…

イメージ 3

なんか、邪魔するな、みたいな感じで睨んでいますね。

わかりました。もう退散しますよ。

イメージ 4

振り返ってこっち睨んでいるし…

何を夢中で見ているのかな?

イメージ 1

あ~、なるほど、夕方の富士山か…

なかなか通な猫だな。




 秋のサクラエビ漁が解禁となったので、夫婦で静岡県由比へ行き、漁協直営の食堂「浜のかきあげや」に行きました。

イメージ 1

イートイン・スペースは、テーブルは会議机まんま。屋根こそあるものの壁がなく、食事の余韻を楽しむには程遠い環境ですが、朝10時過ぎに着くと、日曜ということもあってか、駐車場には地元の静岡、沼津だけでなく、大阪、尾張小牧、岩手、高崎など県外ナンバーの車も沢山いました。

注文したのは、沖漬け丼セット。御飯の上に刻み海苔、ワケギ、漁船の上でタレ漬けにした獲れ立てサクラエビがのった沖漬け丼に衣よりサクラエビの具の方が多い真っ赤な掻揚がセットされています。味噌汁もサクラエビ出汁というありがたさ。


イメージ 2


イメージ 3

沖漬け丼を半分くらい食べたら、机に置かれた保温ポットの出汁のスープを注げば、出汁茶漬けに。こいつが最高です!

すっかり堪能しましたが、この美味しさは産地ならでこそ。由比近郊にお住まいの方々が羨ましいです。


砲塔原型が完成しました。他ブログでは公表済みでしたが、
こちらしか見ない方も多いようなので一応…

簡単に出来上がると思って始めましたが、
やってみたら、意外に手こずりました。

イメージ 1


ただ、形にしてみたら、やはりIS-3はカッコいいですね。
ミンスクやモスクワ、ワルシャワなど各地で実車を見ましたが、
私の頭に焼付いたイメージが、なんとか再現できたかな?と。

イメージ 2


美しい外観とは裏腹に車内の居住性が悪かったうえ、
車体各部の問題点も発見され、わずか2年で生産は打ち切りとなり、
1947年に後継のIS-4にバトンタッチします。

ところが、期待されたIS-4は居住性こそ良かったものの、
10トンも増えた重量は現場に不評で、生産コストはIS-3の2.5倍も高く、
たった250台で生産が終わりました。

結局、軍では、引き続きIS-3を運用することとなり、
1948年から52年までに、転輪のベアリングや無線機の交換などの
改修プログラムが施され、さらに1959年~60年からは、
エンジン換装、転輪のT-10との共通化、サイドフェンダーの追加、
暗視装置の追加などが行われ、IS-3Mに名称も変更されます。

イメージ 3


イメージ 4

仕事仲間の岡田さんにエッチング原図を描いてもらうため、
エッチングの指示書を作成中です。


このページのトップヘ