GUMKA工房記

千葉県南流山にあるGUMKAミニチュアの備忘録を兼ねたブログです。

2014年07月

1年ぶりの参加となったワンダーフェスティバルでしたが、
沢山の方々にお立ち寄りいただき、ありがとうございました。

イメージ 1


今回は、ゴールドとブルーの2台のH2の完成品を並べることができました。

イメージ 2

晴れの場で二台並ぶのは初めてなので、
開場前、自分で準備していてワクワクしました。
ワンフェスは、普通の展示会とは違う亜空間ですね。

イメージ 3


イメージ 4

模型店時代の御客様と再会できたり、ブロ友さんとリアルに会えたり、
既にキットを購入いただいた方から、感想を頂いたりと、
とても有意義で楽しい1日でした。

会場内はいつも以上に混んでいました。

ビッグサイトで開催されていた頃、センムこと海洋堂の宮脇社長は、
ワンフェスを「カニの産卵」と例えていました。
産卵のため、月夜の晩に無数のカニが海岸に集まるのと同じで、
年に二回、全国からマニアやらオタクやモデラーが、自分の作品を披露したり、
仲間の新作を眺めたり、それを買うために集まる場であると。
つくづく、いい例えだなと思っていたのですが、
回を重ね、入場者が増えていくにつれ、カップルや家族連れなど
普通の人が増えて、独特の雰囲気も変わってきた気がします。

イメージ 5

次回の参加は未定ですが、
暑い中、お立ち寄り頂いた皆様、本当にありがとうございました!

7月27日に幕張メッセで開催されるワンダーフェスティバル
2014[夏]に参加します。

 卓番号は7-14-07

ディーラー名は「GUMKAミニチュア」です。

メーカー在庫最後の1/12 カワサキ750SS輸出仕様4個、
国内仕様1個を持って行きます。

当日販売する1/12 H2のキットは、青・金共に、
ラグにゃんさんが製作してくれたパッケージ用
完成品の写真を収録したCD-R、
さらにデカールが2枚セットされた
ワンフェス特別仕様です。

イメージ 1


イメージ 2


御値段も、暑い中、会場まで来ていただくのですから、
限定の特価で提供します。

当日、会場にお出での際は、ぜひ、お立ち寄りください。


 昨日、奥さんの自転車を借りて、出掛けようとしたら、タイヤの空気が抜けています。パンクかな?と思いましたが、とりあえず、空気を入れたら、シュ~と、すぐにバルブから空気が抜けていくので、虫ゴムの劣化と判明。

 一番近い自転車屋までは距離があるし、暑いのでKH250で行きました。

 その自転車屋は、50代くらいの女性が一人で修理や販売など店の全てをやっています。
我が家も引っ越して間もない頃、自転車を、ここで買ったのですが、納車整備から、パンクしたときの修理まで、テキパキと女将さんがこなしており、旦那さんは外で働いているのかね?もしかしたら、独身なのかな?などと夫婦で話していました。


 バイクが店の前に止まると、すぐに店の引き戸が開いて、自転車屋の女将が「どうしたの?」

「虫ゴムある?」

「そのバイク用じゃなくて、自転車用だよね?」

「もちろん」

などという会話をしていたら、

「イイ音してるね~、おお!カワサキの2ストだな。マッハの後のヤツ」

なんと店の奥から、Tシャツ姿の恰幅のいいオヤジが…あ、この人が旦那さんか。初めて見ました。

「オレ、昔、メグロに乗っててさぁ、メグロ知っている?そうそう、カワサキの前身みたいなもんだな…」

てな具合でバイク話を語り始めました。その横で奥さんが虫ゴムを取り出し、

「100円」

こっちで金銭授受をしてても、旦那さんのバイク話は全く止まらないどころか加速しています。

「これ、まだ部品は出るの?」 

カワサキは、昔、ほんとに部品供給がダメだったな」

「2スト用オイル、どこで買える?」

「プラグは、どの位の頻度で替える?」etc…

いつまでも旦那さんの話は止まらないので、女将、小さく溜息ついて外へ。さて、問題は、どのタイミングで帰るかです。数分後、運良く、

「すいません~、パンクの修理いいですか?」

という御客さんが来てくれ、旦那さんが自転車を中に入れてとか言った後、外にいる奥さんを 

「お~い、御客さんだぞ、パンク修理! お~い!」

大声で呼んでいる隙に「御忙しそうなんで、じゃあ~」と即座に離脱。なんとなく、店のスタイルとか夫婦の形とかが理解できました。現代版髪結いの亭主だったのですね。

まあ、きっと、いい人生なんだろうな、あの旦那。たぶん、女将にとっても。うん。

私の母親は富山県砺波出身で、生家が庄川に近く、
子供の頃から川魚を食べて育ち、中でも鮎は大好物です。
私の川魚好きは、間違いなく、母親のDNAを引き継いだのでしょう。

新盆の15日、実家に行ったら、
母が「今年は鮎、いつ行く?」と。

まだ父が生きていた頃から、
鮎を食べさせてくれる
数多の店や簗に連れて行きましたが、
その中で一番のお気に入りが、群馬県渋川にある「綾戸簗」で、
ここ5年ほど、季節になると通っています。

イメージ 1

イメージ 6


母は頭から骨まで全てを食べるため、
まだ身が軟らかい若鮎が好みなので、
なるべく7月20日までに行くようにしています。

三連休前の金曜日、生憎の雨でしたが、
母親と家内と共に行って、鮎のフライ、
鮎の味噌田楽、定番の塩焼、酢の物、
味噌汁の鮎づくしを堪能しました。

イメージ 2


イメージ 3

 
イメージ 4

イメージ 5

食べ終わって、帰ろうかのタイミングで、
母の口からまさかの

「今年は、落ち鮎も食べたいわぁ~」

「あ?、あぁ、い、いいんじゃないかな?」

こう返事するしかないですね。

人間の欲望に限りはありません(泣)

秋には、また群馬行きですかね?

イメージ 7


モデラーの職業病といえば、首凝り、肩凝り、眼精疲労
腕の筋肉疲労というわけで、たまに整体治療に行きます。

ピアニストに多いジストニア治療を得意としており、
本来は、演奏家の患者さんが多いのですが、
模型も指先を多用するということで、
面倒を見てもらっています。

先日、施術中の世間話で、
先生が、福島のソースカツ丼を食べたいと言うので、
それなら、お易い御用ですよと、
御案内することになりました。

肉好きと伺ったので、数あるソースカツ丼の名店の中でも、
ボリューム満点と評判の「お食事処むらい」を選びました。

会津若松市の郊外にあり、
土日ともなると県内外から沢山の御客さんが来店し、
長い行列ができるそうです。

看板メニューのロースカツ丼(ソース)1400円を注文し、
待つことしばし。

「お待たせしました~、がんばって、完食してくださいね」

店員さんの笑顔と優しげな言葉と共に、
ぶ厚いカツが六切も載っている
強烈なソースカツ丼がテーブルに置かれました。

イメージ 1


三切のカツが空を睨む様子は、まるで
2K12クーブ(SA6ゲインフル)地対空ミサイルです。


イメージ 2

このゲインフル・カツ丼、
当然、食べ切れない御客さんもいるらしく、
店内では持ち帰り用のクリアーパックを
10円で販売していました。

第一印象は「こりゃ、無理かな?」と思いましたが、
見てくれとは裏腹に、肉自体は美味しく、
食べても、油がもたれる感じもなかったので、
意外に食が進み、なんとか完食できましたが、
さすがに50代のお腹には、かなり効き、
この日は晩飯をパスしました。

一方、先生は胃に負担がかかるような無茶はせず、
味を楽しみつつ、数切を残して持ち帰っていました。
自宅でカツサンドにして、美味しくいただいたそうです。

さすが、健康が商売な方は違います。

50歳過ぎての無茶食い、ちょっと反省しています。

このページのトップヘ