GUMKA工房記

千葉県南流山にあるGUMKAミニチュアの備忘録を兼ねたブログです。

2013年09月

ミニアートの1/35ハーレーの横置きV型二気筒エンジンを
縦置きにして、駆動系もチェーンからシャフトに変更します。

文字にすると簡単だけど、作業が面倒なのは、模型の常

イメージ 1

大学時代、結構長く喫茶店でバイトしていました。
そこは店内でスポンジから焼いて、数種類のケーキを手作りしている店でした。

早番で出勤すると、店長と共に、仕込みや掃除など開店準備をするのですが、
店長から、「お~い、いつもの頼む~」と言われるのが、
近所の八百屋で、ショートケーキ用のイチゴを数パック買ってくる仕事でした。

「色艶の良いヤツ、選んでこいよ」

まあ、連日、イチゴを見ていると、素人ながら、
色とか粒のサイズとか、ヘタの鮮度とかで、
なんとなく良し悪しがわかるようになります。

最初の頃は、ダメ出ししていた店長も、
やがて、買ってきたイチゴを黙って洗い、スライスして、
ケーキの準備を始めるようになりました。

近くに女子大や女子高もあったので、結構、店は繁盛しており、
客層の7割が女性で、ケーキは人気商品でしたが、
困ったことに、中には勘違いをする方がおりまして…

「お宅のケーキのイチゴ、とっても美味しくて感心するんだけど、
やはり、契約農場とかあるの?」

「ショートケーキのイチゴ、その辺で売っているのとは、全然、違いますよね~
やはり、店長さんが、市場とかで、コダワって選んでくるんですかぁ?」

学生だった私でも、正直に答えてはイケナイという雰囲気を察したものの、
どう答えれば、いいかわからないので、店長に相談しました。


「あぁ、そういうときはなぁ…」


「専門の業者から、毎日、買いつけています、と言っとけ」

「我々に御客さんの夢を壊す権利はないからね」

嘘はついていないけど、本当の事も言わずにボカすのは、
お互いのために、大切なんだなと学びました。

一つ成長した気がしました。



9月末に発刊されたホビージャパン誌の別冊
「バイク模型製作の教科書~作ろう!マイバイク編~」
に、GUMKAの750SSが紹介されました。

イメージ 1

今回の特集は市販車に絞っているので、上級者向けの複合素材キットにも、
市販車があると紹介したいというお話しをいただき、
各社の製品カタログの隅っこにでも載せてもらえるのかな?と思っていたら、
カラー見開き2ページだったので、嬉しいやら、驚くやら。

イメージ 2

別冊の内容としては、初めてバイク・プラモに挑戦するモデラー向けで、
アオシマの1/12 カワサキZ2(750RS)とタミヤの1/12 ホンダCB750F、
1/6 ハーレーダビッドソン FXE1200を題材に組み立て工作の基本から、
省略されたモールドの再現や、デカールの貼り方、
缶スプレーでやるキャンディ塗装法など、
初級~中級モデラーに役立ちそうな技術ノウハウの紹介です。

ぜひ、本屋さんの店頭で御覧ください。

ようやく、猛暑の夏も終わり、急速に秋らしくなってきました。CB400LCも夏の間は、いじる気もしなかったですが、やっと、気持ち良く作業ができる気候となりました。この連休、ガレージのシャッターを開けて、細かい作業をボツボツとやっていたら、背中に視線が…

よく、地元のおっさんや老人が黙って、ず~っと作業を見ているんで、興味があるのかな?と思い、こっちから「こんにちは、」と挨拶すると、なぜか無言で立ち去るというのが、この地域の定番パターンなので、どれ、いつものように…と振り返ると、立っていたのは小学校3~4年生くらいの少年でした。人の顔を見るや、元気一杯に

「こんにちは!見てていいですか?」

もちろん、いいよ~と返事をすると、寄ってきて、

「何をやっているんですか?」

「バイクを直しているんだよ」

「これが、おじさんの仕事ですか?」

「いや、趣味だね」

「直したら、売るんですか?」

「いや、自分で乗るんだよ」

「いつ直るんですか?」

「わからない。でも、完成まで、そう遠くはないよ」

「予定を立てて、直さないんですか?」

「(え?!)いや、趣味だから気のむくまま、気分次第だよ」

「ボク、いつも、ちゃんと予定を立てて行動しろって、お母さんから怒られる」

「若いうちは、その方がいいよ。人間は大人になると、自分に甘くなるからね」

こんな調子で、ず~~と質問攻め。

実は、私も子供の頃は、この少年と同じでした。

生まれ育った千葉県市川市の京成線鬼越駅周辺には、ニッケ(日本毛織)の大きな工場があった関係で、下請け工場や縫製作業所、仕立屋が沢山ありましたが、それ以外にも、小さな革鞄の工場や木工所、ガラス工場、缶詰工場、鋳物工場、同級生のお父さんが経営していた絵具工場、狭い敷地に牛数頭を飼育していた酪農家、自宅の土間に射出成型機を置き、家族で作業していたボタン屋、見習いの小僧を何人も使っていた大きな自転車屋セキセイインコのブリーダーの母娘、延々と型抜き作業をしている老夫婦、指物師の老人、露天の鋳掛屋etc

見ていて飽きない対象が山のようにあったので、日替わりで観察していました。

大半の大人は「向こうに行け」「邪魔だ」と、私を追い払いましたが、中には、いろいろな事を教えてくれたり「坊主、これ売り物にならないから持って行け」と製品をくれる人もいました。好奇心旺盛で、世間話が得意な性格は、この経験から生まれたと思います。

そんな私が、いつの間にか、教える側になっていました。

少年の興味は尽きず、質問は、使っている工具やバイクの構造に。その眼は羨ましいほど、キラキラと輝いています。

20分以上、話していたでしょうか?「そろそろ行かなきゃ!」と急に慌て始めました。飼っている犬のために、ドッグフードを買いに行く途中だったそうです。

「また、来てもいいですか?」

ああ、もちろん、いいよ。 

何だか、とっても嬉しかったです。





先日、ホームページ宛に海外からメールが。

カナダ人でアメリカの模型イベントにて、モデルアート誌を買ったそうで、
H2のキットが欲しいから送ってくれ、とのこと。

海外から直接、H2のキットの注文があったのは二度目ですが、
最初の香港人は、日本国内に住む知人宛に送ったので、直送は初めて。

模型店時代は、たまに海外発送もやっていましたが、
送料の計算とか面倒なので、ホビーリンク・ジャパンで海外通販できるぞ、
と案内しましたが、メールやりとりしたら、親日家で、おもしろい人だったので、
「まあ、いいか~」と送ってやることに。(←いい加減な奴)

リクエストどおりEMSで送ったら、受取ったぞメールが来ました。

内容に満足した様子で、メールを読んでいるこっちが恥ずかしくなるくらい、
高評価で喜んでくれている様子でした。

海外のモデラーは感情表現がストレートだから、素直に嬉しいですね。

H2Aのコスト計算とかしていて、「難しいな~ 」と悶々と悩んでいましたが、
やる気になりました。(←とっても単純な奴)

このページのトップヘ