GUMKA工房記

模型の企画・設計とロシアのレッドアイアンモデルズの代理店をやっている「GUMKAミニチュア」の備忘録を兼ねたブログです。雨が降ると電車が止まるJR武蔵野線の新松戸と南流山駅の中間辺りに事務所はあります。近所に素材や塗料が揃う模型店がありません。最近、昔からやっている本屋が閉店しました。

2012年09月


このキットの特徴であるエッチング積層エンジンの製作です。

まず、シートから切り離す前に240~320番のスポンジヤスリで足付けを施します。


イメージ 1

フィンとフィンの間のエンジンシリンダー本体の部品は2枚を貼り合わせます。

イメージ 2

あとは、フィンとシリンダー本体を交互に重ねていきます。


イメージ 3

フィンには向きを示す矢印と番号があります。
フィンは下から、9→8→7→6→5→4→3→2→1の順番です。
写真は9ではなく、6です。
矢印の先が前を向くように組んでください。

イメージ 4


途中まで組むとこんな感じです。

イメージ 5


(続く)

カワサキ・トリプル系の最大の特徴である空冷2サイクルエンジンの組み立てです。

私は完成見本をワンフェスなどのイベントに展示する際に
展示台やケースにボルトで固定するため、
ボルトを通す穴を 下部クランクケースに開けます。

イメージ 1

上部ケースには、ナットを埋めておきます。


イメージ 2

上下を接着します。

イメージ 3

クランクケース右エンジンカバーを接着しますが、
左エンジンカバーは、この段階では接着しません。


イメージ 4




千葉県の佐原にある道の駅「水の郷さわら」にて。

歩いていたら、猫が近寄ってきます。

イメージ 1

すぐ傍まで来て「ニャー、ニャー」と鳴きます。
写真を撮っているだけと判断するや…

イメージ 2


ぷいっと方向転換。

「餌くれないのか~」 てな感じでしょうか?


イメージ 3


あまつさえ、「しけてやがんな~」とばかりに、首ポリポリのポーズで、
こっちにプレッシャー


イメージ 4

すぐに、お弁当を広げているオジサンを発見。
媚びています。


イメージ 5

逞しく生きていますね。



エッチングシートから、チェーン・スプロケットホイールのパーツ4枚を切り離します。

イメージ 1


240番のサンドペーパーで接着面に足付けをします。

イメージ 2


4枚とも貼り合わせます。

イメージ 3


リアホイールのセンターハブの右側に、ドラムブレーキのブレーキパネルを接着します。


イメージ 4


部品が揃ったとこで組立です。

イメージ 5


まずは、スイングアームにチェーン・スプロケット部品をセットします。

イメージ 6


ホイールをはめ込みます。この段階では、まだセンターハブと、
チャーン・スプロケット部品は接着しません。

イメージ 7


ブレーキパネルとスイングアームにトルクロッドの部品を取り付けます。

イメージ 8

スポークホイール用エッチングパーツ(エッチングC)から、
後輪のスポーク用パーツC1、C2を切り離します。

前輪の部品は、エッチング2枚、挽き物保リールリム左右各1個、
挽き物センターハブ1個、スペーサー1枚の6点です。


イメージ 1

ホイールリムは接着剤の食い付きを良くするため、
240番のサンドペーパーで表面を荒らす「足付け」をします。

イメージ 2


後輪と同じくホイールリムにエッチングを嵌めます。

イメージ 4


そこにセンターハブ、エッチングを嵌め、最後にもう一方のホイールリムでサンドイッチ。


イメージ 5

接着したら、クランプで固定し、硬化を待ちます。


イメージ 6


しばらくして出来上がり。


イメージ 3


ディスクローターを取り付ける側にスペーサーを接着するので、まずは足付けをします。

イメージ 7

接着後は、こんな感じ。

イメージ 9



ゴムタイヤを装着して、作業終了です。

イメージ 8




スポークホイール用エッチングパーツ(エッチングC)から、
後輪のスポーク用パーツC3、C4を切り離します。

イメージ 1

私はカッターを使いましたが、エッチング用ハサミや金属ニッパー(プレモデル用は不可)など、
使い慣れた工具をお使いください。

イメージ 2


レジン製のリアハブ部品と挽き物の後輪用ホイールリムを用意します。

イメージ 3

ホイールリムにエッチングパーツを乗せます。

イメージ 4

中央の穴にレジン製ホイールハブを嵌めます。

イメージ 5

もう一枚のエッチングパーツをはめます。このとき、エッチングの凸部を
ホイールリムの切り欠きに合わせます。(←量産型のポイント)

イメージ 6

もう一つのホイールリムでサンドイッチしたら、瞬間接着剤を流し込み、
硬化するまで、クランプなどでしっかりと固定します。

イメージ 7

接着材が固まったら、クランプを外します。

イメージ 8

ゴムタイヤを装着したら、この過程終了です。

イメージ 9


このページのトップヘ