GUMKA工房記

模型の企画・設計とロシアのレッドアイアンモデルズの代理店をやっている「GUMKAミニチュア」の備忘録を兼ねたブログです。雨が降ると電車が止まるJR武蔵野線の新松戸と南流山駅の中間辺りに事務所はあります。近所に素材や塗料が揃う模型店がありません。最近、昔からやっている本屋が閉店しました。

2012年05月

工房の入り口脇のハナミズキが満開です。

hanamizuki



春から初夏に季節は移りつつあるのですね。


 千葉県は伊勢海老の水揚げ高が全国一です。 主漁場である外房では、伊勢海老を食材とした様々な料理を楽しめ、刺身や鬼殻焼き、テルミドール、味噌汁辺りは勿論、 天丼、カレー、握り寿司、干物、つい最近は焼そばも見ました。
 しかし、さすがに、ロールケーキには驚きました。甘いモンに伊勢海老って…このユニークなロールケーキを販売しているのは、大原駅前にある自家製洋菓子店「昭和堂」さん。お値段、1,050円也

イメージ 1

手造りのシールが、どこか誇らしげです。ラベルを開くと、こんな感じ。

イメージ 2

 これがロールケーキ本体。伊勢海老をイメージして、赤いロールケーキにしました、とかいう半端な製品ではなく、ケーキのスポンジに伊勢海老の粉末を混ぜたホンマもんの伊勢海老ロールケーキ!

イメージ 3

 パッケージを開けると、プ~ンと漂うカッパえびせんの香り。この段階で、奥さんと二人の娘たちから浴びせられる罵詈雑言…

「なんで、こんなモン、買ってきたの!」

「ちゃんと、甘いの、これ?」

「普通のロールケーキにしとけばよかったのに!」etc 

まあ、全人格否定です。虫以外は、大概のモンを平気で食べられる長女が最初に口にし、

「あ~! 匂い以外は普通のロールケーキだ…」

これからも、外房は様々な伊勢海老メニューを発信し続けることでしょう。

量産部品が届くまで、寸法を決められなかったのが、
このセンターハブです。

左右フロントフォークやディスクローターなどの部品が付くので、
量産品を確認後、寸法決定したかったもので…

イメージ 1

当初はレジン製部品にして、真ん中に穴を開けて、普通のバイク・プラモのように、
長いネジかシャフトを通して、左右フォークと繋げるつもりでしたが、
いろいろ考えて、シャフトとハブ本体を一体化し、アルミ製挽き物部品としました。

コストが~


近所にある野良猫の溜まり場になっている駐車場にて。

横を通ったついでに覗いてみたら、二匹の猫の視線が…

イメージ 1

おっ!、なんか厳しい視線です。

イメージ 2


あ、トラが視線を外してくれた…

イメージ 3

暖かくなった御蔭で、あっちこっちで野良猫を見ます。


 大原ー上総中野間を繋ぐ千葉のローカル線いすみ鉄道は、会社のキャラクターにムーミンを採用しており、「ミー」「ムーミン」「スナフキン」などの名前を付けた列車も運行しています。んで、大原駅の入口にある飲料自販機の横に、それはありました。
6727d486

たぶん、ムーミンですよね? 私、ムーミンに詳しくないんですが、こんな潰れた顔でしたっけ?
aa48a4d7



イメージ 3

 ムーミンの顔って、こんな楕円でなく、下膨れだったような?手に持っているのはボール? それともリンゴかな?

 地元の小学生が、みんなでワイワイやって作ったとかなら、とってもイイ話しですが、いすみ鉄道の社長御自らが作ったとか、懇意にしているアート作家に作らせたとか、いすみ市長からプレゼントされたとかだと、誰も文句言えませんね。

あと、国吉駅にはミー(?)とヘムレンさん(?)も…

イメージ 4

いすみ鉄道って、いいかもしれない…


今日、メタルパーツの量産品が届きました。

これがないと寸法が決められない部品が
数点あったので待っていたよ~ 

イメージ 1


あ、そうか…袋詰もしなきゃいけないんだね

このページのトップヘ