GUMKA工房記

模型の企画・設計とロシアのレッドアイアンモデルズの代理店をやっている「GUMKAミニチュア」の備忘録を兼ねたブログです。雨が降ると電車が止まるJR武蔵野線の新松戸と南流山駅の中間辺りに事務所はあります。近所に素材や塗料が揃う模型店がありません。最近、昔からやっている本屋が閉店しました。

2011年10月

この1/12 H2のキット、一つプロポーション上の問題点がありまして。
それが、このテールカウルです。

イメージ 1



テールライトの周囲を覆っているテールカウルは、
実車では薄い鉄板製です。

しかし、模型では、この薄さを再現するのは極めて困難で、
レジン注型や輸送中の部品破損などを考えると、
ある程度の厚みを確保する必要があります。

そこで問題となるのが、この肉厚をどうするかです。

1) テールカウルの外側のサイズや形状を正確に再現して、
 部品の肉厚分は内側に逃がす。
 結果、テールライトのサイズを小さくして調整する。

2) テールライトのサイズは正確に1/12とし、部品の肉厚は外側に逃がす。
  結果、肉厚の分だけ、テールカウルの外観が一回り大きくなる。


今回は後者を選びました。クリアープラ製テールライトを、
正確に実物の1/12サイズとしたかったからです。

イメージ 2



将来、W3やH1B/Cのキット化の可能性も皆無ではないので、
やはり汎用のプラ製パーツは正確なサイズにしておきたかったので…

プロポーションが気になるモデラーさんは削り込んで小さくするか、
工作力があるなら、実車同様に金属板で作り直すとベストですが、
気にならない方はキットを手にされたら、

「あ~、なるほどね」

と御笑納して頂けると嬉しく思います。

昨日で仕事の全てが一段落したら、
気の緩みから、貯まっていた疲れが出たようで、、
今日は、何もする気にはなれず、一日中、横になっていました。

やはり、歳ですかね?

夕方には体調が戻ったので作業を始め、
反対側のマフラーを二本とも付けました。

イメージ 1



あ~、この左右非対称のマフラー配置こそ、
カワサキ・トリプル系の醍醐味です。

前から見たら、こんな感じ。


イメージ 2



お次は外装です。

今日は、幕張メッセで開催されている、
プラモとラジコンのホビーショーに朝から行き、
夜6時過ぎに帰ってきたのですが、
夕食後のH2作業は欠かせません。

会場にて、意外な業界人の方から、
応援メッセージをいただき、
フロント廻り原型の作り直し、やる気になってきました。

んで、左マフラーとチェンジペダル、そのリンク機構を取り付けました。

イメージ 1





ミッションとチェンジペダルは独特のリンク機構を介して、
操作伝達するのですが、実車に近い分割にしたら、
組み立てが難ありだったので、一体化も考慮に入れて、
部品形状を再検討します。

マフラーはメタルの一体部品です。
フレームみたいに歪み変形を覚悟していたのですが、
太さがあるためか、左程、変形はなく、安心しました。

成型の関係上、チェンジペダルのリンク機構を
やや、オーバースケールで作ったので、マフラーの内側と干渉します。
これはマフラー側を削って対応しました。

試しにタンクとシートを載せた姿はこれです。

イメージ 2




次は反対側の二本のマフラーですね。

リアホイールの右側は、いろんなパーツが付くので、
ちょっと面倒です。

ドラムブレーキの操作ロッドは真鍮線で自作します。

イメージ 1




トルクリンクをエッチングパーツに入れ忘れていたので、
金属板から自作します。


イメージ 2




ちゃんと製品ではセットしますので、御安心を。


 10月9日、埼玉県川口市のオートレース場でクラシックレーサーとバイクの走行会があったそうで、それに出走すべく、愛知県からFour Seasonの高橋さんが上京し、わざわざ工房に立ち寄ってくれました。トランスポーターのハイエースの中には、あのCB350F改レーサーが鎮座ましましております。

イメージ 1

 このレーサー、まだMOTOメンテ誌が、雑誌クラブマンの増刊で今よりも、ずっとワクワクする誌面だった頃の創刊第9号にカラー6ページに渡って紹介されました。

イメージ 2

 市販車より、大きく変わった外観もさることながら、最大の特徴は乾式クラッチへの改造です。誌面で紹介された頃よりも、タンクやブレーキ、オイルタンクなど、更なる進化を遂げていました。

イメージ 3

 去年、筑波サーキットのレースで、コンロッドが折れるエンジントラブルがあり、無事に修理を終え、様子を見る意味もあっての走行会参加とのこと。今までは走るのは、専門ライダーにお任せだったので本人が繰るのも約10年ぶりだそうです。カッコいいな~、イイモノが見られた連休でした。

連休明け11日納品の仕事があるので、
こんなことやってる場合ではないのですが、
どうしても気になるんで、パテやサフェーサーの乾き待ちに、
気分転換と称して、チマチマと作業をしています。

んで、リアホイールが付きました。
こっちは左側からで、まだリアサスを付けていません。

イメージ 1



右側はこんな感じです。

イメージ 2



スポークを手軽に再現すべく、
エッチング2枚を左右合わせにする方法を採用しましたが、
どうも、位置決めや組み立てに難があったので、
発売までに改良します。

さて、仕事、仕事と… でも、このままH2,作りたいなあ~

このページのトップヘ