GUMKA工房記

武蔵野線新松戸~南流山の中間辺りにあるGUMKAミニチュアの備忘録を兼ねたブログです。

2011年02月


 日曜日、長女と奥さん共に、午前6時前に車で出発し、幕張メッセに到着したのは7時過ぎでした。毎度のことですが会場には入場待ちの長蛇の列が…

 今回も自動車搬入で、会場裏手の搬入用スペースに誘導されましたが、すでに満車になっており、通路にも長い駐車の列が。運良く、1台分空いていたので停められましたが、変わらぬメッセの楽屋裏設備の貧粗さには幻滅。

 前回は、人出を分散させるために出店業者をシャッフルしましたがやはり不評だったようで、ホールごとに同じジャンルを集める方式に戻っており、出店者にも来場者にも概ね好評でした。

 開場と同時に会場限定品を売る企業ブースと成人ゾーンは大混雑でしたが、スケール物が多い、第2、第3ホールは一日中、平和な空気でした。

イメージ 1


イメージ 2

 H2のキットに入る予定のバイク用クリアーパーツを販売しましたが、装着できるキットがアオシマのZ1/2、レベルの古いH1A、ハイテックのKA1、W1しかないうえにアオシマのキット以外は入手難なので、そんなには売れず。

 H2は完成間近の原型を万一の事故などで破損したくなかったので、敢えて一次原型を展示しましたが、二名ほどから、

「これはブログの原型じゃないよね?」

と鋭い突っ込みを入れられました。見ている人は、ちゃんと見ていますね。楽しみにしていますの声援を頂き、ありがたかったです。

今回も、久々に再会できた方や、前回買い物をして頂いた方、
店舗時代のお客さんなど、沢山の方々にお会いできて、とても嬉しく、楽しかったです。

次回は、まず間違いなくH2が並びますので、どうかよろしくお願いします。

2月6日のワンダーフェスティバルで販売予定の商品です。

1/12 カワサキ’70バイク用クリアーパーツ 1,200円

イメージ 1



今回、塗装済み見本すら間に合わなかった1/12750SS用クリアーパーツの別売りです。

一昨日の時点で値段を発表できなかったのは、
金型代や成型代、香港からの輸送費など、どう計算しても、
2,000~2,200円で売らないと、原価割れだと判明したからです。
(200円の開きがあるのは、香港ドルの外為レート差)

でも、クリアーパーツに、そんな金額を出す人いないでしょうから、
数量限定で、この価格で売ります。

1970年代のカワサキ製オートバイのウインカー、テールライト、ヘッドライトレンズのセットです。

<内容>

ライトレンズ 2種各1個
  *小径サイズ 500SS(KA1)、W1S/W1SA用 
  *標準サイズ 750SS、Z1/2用

ウインカー 2種各4個
  *500SS(KA1)、W1S後期用 
  *750SS、Z1/2、 W1SA/W3用

テールライトレンズ 4種各1個
  *500SS(KA1)、W1S用 
  *750SS(輸出仕様)、W1SA用
  *750SS(国内仕様)、W3用
  *750SS(H2B/C)、Z1/2、KH用

その他; 
  *スピードメータータコメーター用ガラス(2個)、
  *リフレクター(4個)

イメージ 2



イメージ 3


実物を1/12にしたパーツなので、そのままでは、
各メーカーのプラモデルに取り付けられない場合もあります。
御自分で加工できる上級者向けの商品です。

KH250/400の純正コックは、構造的にガソリン漏れしやすいうえ、
もうメーカーから消耗部品が出ないので、多くのオーナーは社外品に交換しています。

ただ、この社外品、 「なんで?」と言いたくなるくらい、
クロムメッキのギンギラ表面で好きになれません。

コックはやはり半艶鋳造肌が一番似会います。

とりあえず、純正コックの何が悪いか分解検証して、それから考えようかと。

イメージ 1



ガソリン漏れの原因は、コックの三か所に使われている、
耐ガソリンゴム製ガスケット&Oリングの劣化ですが、
コックとタンクの結合部のガスケット92065-081、
コック内部の51037-010は、
事前の情報どおり、両方とも販売終了。

コック切り替えレバーの基部にセットするOリングは、
部品番号がパーツリストにありません。
つまり部品売りはしない設定です。

これでは、OHもレストアもできず、
社外品交換しか手段がありません。

イメージ 2



私のKHの前オーナーの英国人は、純正部品が手に入らず、
代替に水栓用(?)のニトリルゴム製ガスケットとOリングを使ったようで、
完全にガソリンに侵されて、カチカチになっていました。

仕方ないので、汎用の耐ガソリンOリングから、近似サイズを捜して交換しました。


コック内部の金属メッシュフィルターは、コックOHの際、取り外し辛いので、
以前見たホンダの同機能部品を参考に、真鍮線のツマミを半田付けしました。
これで簡単にピンセットで摘めます

イメージ 3




イメージ 4


あとは各部を掃除して、再組み立てすれば完了。
レバー基部のOリングがややキツメで、コック切り換えが固くなりましたが、
たぶん、これで何とかなると思います。



… まあ、ダメならギンギラの社外品頼りですね。

このページのトップヘ