GUMKA工房記

千葉県南流山にあるGUMKAミニチュアの備忘録を兼ねたブログです。

2010年04月

市川市内の県立高校に通う次女は、今年の4月から高校三年生になりました。

先日、新三年生になって最初の学級懇談会があり、奥さんが出席しました。
その日の議題は、体育祭や文化祭などの学校行事を手伝うクラス代表のPTA委員を決めること。

各クラスから数名づつ選ぶのですが、担任の先生が
「どなたか、やっていただけませんか?」と呼びかけたとき、
一人の保護者が挙手して「あのー、…」

「私、行徳から来ていて、高校まで往復で1000円近く掛かるんです。
これって引き受けたら、交通費を学校から支給してもらえるんですか?」

水を打ったように静まる教室。先生も一瞬、言葉をなくしましたが、

「お子さんのためのボランティアですから、そういうものは出ません…」

他の参加者から、私は往復で1500円も掛かるけど考えたこともない等々の意見が出て、
そのお母さんは沈黙。

一人目のお子さんということで年齢は30代後半。
うちの奥さんも、一体、何を考えて生きてきたんだかと、えらく憤慨してましたが、
憤りのあまり、PTA委員を引き受けたところが、実に九州女性な彼女らしいと思いました。

昔から、三度目の正直という言葉がありますが、
まさに、そのまんまの三作目のフレームです。
過去二作の問題点をクリアーすべく、完成まで一番、時間が掛かりました。
まずはタンクやシート、エンジンを載せて全体のバランスを見ます。

 

イメージ 1

エンジン、エアクリーナー、バッテリーケースの位置関係はこんな感じ。

 

イメージ 2


イメージ 3

うん。これぞイメージどおり。
ようやく、肩の荷が降りた気がします。

ぎっくり腰をやってゴロゴロしていたら、体重が3kgも増量。

短期間に、こんなに太るのは、正月休み以来です。
でも正月みたいに、沢山食べてないので運動不足が原因でしょう。
というわけで、今日は天気も良かったので、
腰のリハビリも兼ねて近所の散歩に。

自宅のすぐ傍に坂川という、
冬になると沢山の鴨が訪れる川があり、
川風が気持ち良いので、その土手をつらつらと。

すでに葉桜となった桜並木や、
魚を捕っている鵜を眺めながら歩いていると、
前から小さな犬を連れた50代半ばくらいのオバさんが来て、
いきなり、笑顔で川を指差し、

「この前、お爺さんが泳いでいたけど、あれは溺れていたのかしらね?」

何なんだ?その話題は?

土手の上には私と、そのオバさんしかおらず、
間違いなく、私に話しかけています。

初対面の私に、なんで、そんな疑問文を?
私、そんな光景見てないから、肯定も否定もできませんよ。

そもそも、この前って、いつよ?
割と最近だとしたら、寒中水泳でもない限り、泳がないし、
こんな汚い川では、寒中水泳しないだろうから、
やっぱり、その爺さんは、溺れていたんじゃないの?

いやいや、でも泳いでいるか溺れているかは、
一目見ればわかるよな?

判断できないってことは、泳いでいたのか?

まあ、ここは、聞き返し反応すれば、オバさんが
詳しく説明してくれるだろうと瞬時に考え、

「えっ?」

その返事を聞いて、オバさん、詳しく説明するどころか、
急に無表情になって、無言でスタスタと行ってしまいました。

私、街を歩いていると、割と道を聞かれるタイプですが、
こういうパターンは初めてですね。

急に暖かくなったから、いろんな人が出ているんですかね?

イメージ 1

カワサキ750SSの原型が完成しつつある1/12バイクシリーズですが、
企画当初から、プラモメーカーや玩具関係の仕事をしていた某デザイン会社が、
「バイク模型、好きだから」と申し訳ない位の価格で、
外箱のデザインや版下製作、広告レイアウトなどの印刷物関係を
引き受けてくれることになっていました。

しかし先月、我々には、どうしようもない事情があって、それは不可能に。

そこで、急遽、これらのデザイン、版下製作をして下さる方を捜しております。

社会人としての常識があり、連絡がちゃんと付いて、
バイクについて、詳しい性能や車種の知識はなくてもいいですから、
タンク、シート、サイドカバーなど各部品名称がわかる方を希望します。

ブログを見ていただければわかるとおりの超零細個人営業ですが、
おもしろそうなので、手伝ってあげようという心の広い方や、
模型開発に係わりたいという奇特な方がいらっしゃいましたら、
内緒コメント機能で連絡先を記していただくか、
gumka1995@yahoo.co.jj (最後のJをpに)宛まで御連絡ください。

よろしくお願いします。

途中、腰痛で中断というアクシデントがありましたが、
カワサキ・トリプル・バッテリーケース原型の神様が、
ちりっと降りて来てくれたようで、なんとか形になりました。

「神様の力を借りて、この程度か!?」とか思う方もいらっしゃるでしょう。
私の場合、神様の力を借りて、ようやく、ここまで、と考えて下さい。

以前、 M30さんにも突っ込まれましたが、
完成するとサイドカバーとシートで見えなくなる臓物系パーツは、
どこまで再現するか判断に悩むところ。

徹底再現すると切りがないし、かといって何もないじゃ寂しいし。
ない智恵を絞って、初回なんで、そこそこ程度にやっておきました。
配線コード類は省略となりますが、お好きな方は、ぜひ御自身で工作してください。

イメージ 1


イメージ 2


改修前はこちら。

イメージ 3



イメージ 4


フレームに載せてみました。ドライブ・チェーン潤滑油ポリ・タンクの
キャップがフレームより少しはみ出しているのが再現できて良かったです。

このページのトップヘ