GUMKA工房記

模型の企画・設計とロシアのレッドアイアンモデルズの代理店をやっている「GUMKAミニチュア」の備忘録を兼ねたブログです。雨が降ると電車が止まるJR武蔵野線の新松戸と南流山駅の中間辺りに事務所はあります。近所に素材や塗料が揃う模型店がありません。最近、昔からやっている本屋が閉店しました。


 2004年に休刊したチャンプUという中古バイク雑誌がありまして。当時としては珍しくホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキなどのバイクメーカーの広告が一社もないという営業的には、かなり厳しい雑誌でしたが、それを逆手にとって、メーカーに媚びたり忖度しないギリギリな記事や企画を掲載していました。

 そんな中で今も語り継がれているのがコラム「ミイラ伝説ー愛すべきウラ名車列伝」です。毎号、各メーカーの不人気車を問答無用で切り捨て、不人気度とミイラ度(認知のなさで忘れ去られてミイラ化した度数)で採点するという、ある意味、無敵なチャンプUでしかできない企画で、バックナンバーが読みたいという声に応えて、出版社のホームページに総集編が掲載されるほど人気でした。

 雑誌の休刊によるホームページの消滅後もミイラ伝説の総集編だけは、別のサイトに移転という救済があったものの、やがてそこもサービス終了で再移転。それが幾度かあって、やがて行方不明に。

 ところが、先日、国産有尾両生類(イモリとかサンショウウオ)の愛好家に南会津のサンショウウオについての話を聞いているとき「今でこそ野外観察にはスズキのジムニー(軽4WD車)で行くから車中泊もできて大雨でも何の不安もないけど、若い頃はホンダのシルクロードに括り付けたテントと寝袋で野宿してたから、雨の日と冷え込む夜は本当にキツかった」という話からバイク談義になりまして。
CT250
 シルクロードはバイクブームの1980年代に街中でもオフロードでも使える多目的250㏄バイクとしてデビューしました。今でこそ再評価されていますが、当時は、どっちつかずのコンセプトと中途半端なデザインが不評で、発売から一年も経つ頃には、あっちこっちで新車が半値以下の投げ売り状態でした。

 その方も野外観察用の移動手段としてオフロードバイクのホンダ XL250Sかヤマハ XT250の中古車を探していましたが、傷だらけのXL250Sよりも、僅か500㎞しか走っていない極上のシルクロードが遥かに安かったので購入したそうです。新車で半値以下でしたから、中古車はもっと安かったんでしょうね。

 しかしながら、シルクロードは安かろう悪かろうではなく、大きなリアキャリアに寝袋やテント、撮影機材などの荷物が沢山積めて250㏄なので高速道路も走行可能。しかもオフロード車っぽい外観なのにタイヤはブロックパターンでないため高速走行も快適で、目的地までは高速道路で行き、現地では未舗装路をゆっくり走って生物観察するという彼の用途にぴったりで非常に重宝したとのことです。

 「昔、バイク雑誌にミイラ伝説というコラムがあって、シルクロードもネタになっていましたよ」と話すと「知っています。チャンプUは一度も買ったことないけど、あのコラムだけは大好きで、いつかシルクロードもネタになるだろうと毎号、立ち読みしてました。今でも、ここで読めますよ」と現在のURLを教えてくれました。

 久々に読んで、しばし懐かしさにひたれました。ちなみにシルクロードは不人気度90点。ミイラ度90点という評価でしたが、私の愛車CB400LCも当然の如く取り上げられており、不人気度90点。ミイラ度95点とシルクロードを凌ぐ高得点をマークしていました。昔、バイク乗りだった方は是非、ご覧ください。
  
7a1383d1.jpg

 近所の坂川を狩場にしているカワウが一羽おりまして。一昨年、結構いいサイズのウナギ(80㎝くらい)と長時間の水上戦をしており、最後は丸呑みを決めて勝ちましたが、自宅のすぐ傍の川に天然ウナギがいて、しかもカワウに食われるという事実が衝撃的でした。

 そんなカワウが、いつものように川に潜って魚を獲っていたのですが、しばらくすると土手に上がって、翼を広げてじっとしています。冷えた身体を温めるために日光浴かな?と眺めていたら、目と目が合いました。

R1124768
 結構、近い距離で、こちらが横移動しても、ずっと翼を広げたままで視線を逸らすことなく、「おらおら、なに見てんだよ」オーラを出していました。
R1124770
 俺は逃げられるという圧倒的な自信があるのかと思っていたのですが、詳しい方によれば、カワウの羽は、普通の水鳥とは違って水をはじかず、潜るには適していますが、飛ぶ前に、こうやって羽を乾かさないとならないそうです。つまり、視線を逸らさなかったのは自信ではなく、すぐ逃げられないので、こちらを警戒していたからでした。また一つ賢くなれました。
 


 これまでソ連時代の建機やトラック、飲料自販機、最近では月面探査車や宇宙船などのレジンキットを積極的に展開してきたロシアのレッドアイアンですが、初のインジェクションキットを発売することになりました。アイテムは、1/24スケールの人工衛星「スプートニク1号」です。

RIM24001_BIG4

RIM24001_BIG5

RIM24001_BIG6

 
スプートニク1号はアルミ製の球体で直径は58cm、重量は約84kgで本体に3個の電池と送信機を内蔵していました。電離層の観測と衛星から発信される電波の状況確認のためにバイコヌール宇宙基地から1957年10月4日に打ち上げられました。

RIM24001_BIG7
 
 電池の寿命は三週間でしたが、電池切れで電波送信が途絶えた後も地球の軌道上に留まり、打ち上げから
92日後の1958年1月4日に大気圏に再突入して消滅します。

 スプートニク打ち上げ成功のニュースは、アメリカや西側社会に大きな衝撃を与え、後に熾烈を極める米ソの宇宙開発競争の発端となりました。

 レッドアイアンのキットは16点のインジェクションパーツ16点とエッチングパーツ、真鍮線という内容で展示用スタンドもセットされています。予価1800円(税込み1980円)で4月~5月の入荷予定です。グムカの直販サイトや都内や大阪、千葉の模型専門店で販売されます。 


RIM24001_BIG2

RIM24001_BIG3

RIM24001_BIG1


 先日、クラシックカメラコレクターのA氏が昨年末に亡くなったと共通の友人B氏から連絡がありました。もともとA氏はライカやコンタックス、アルパ、ニコンSシリーズなどの王道なカメラを収集していましたが、一時期、ソ連製カメラを調べており、5年前に私が所有しているソ連の従軍カメラマンが使用するFED-Sというカメラを見せて欲しいと頼まれ、その仲介役がB氏(カメラマニア兼モデラー)でした。
13256437_2030471660512108_6481448747165895815_n

 お会いしたときには、比較用にとアメリカ製ライカコピーのカードンとイギリス製ライカコピーのリードを持参され、おもしろいカメラ話を沢山聞かせてくれました。

 そのときに総額で数百万は注ぎ込んだと語っていたA氏のコレクションがどうなったのかB氏に尋ねると、遺族が不用品買取業者に安価で売ったとのこと。「なんと愚かな」と思いましたが、詳しく話を聞くと仕方ない顛末でした。

 生前、A氏は奥さんと二人の娘さんに「俺が死んだら、このコレクションを売れば葬式代どころか、おつりで三人で海外旅行に行けるぞ」と口癖のように言っていました。しかし、家族にとってカメラは自宅の一室を占領する邪魔で忌むべき存在で、A氏の言葉も全く信じていなかったうえに、葬儀の直後に「生前の御主人から万一のときはカメラコレクションを引き継ぐよう依頼されていた」という長年の友人を騙る薄気味悪い人物が訪ねてきたので、こんな人が来るのなら、一刻も早く処分したいとなり、すぐに来てくれる地元の不用品買取業者の言い値で売ったそうです。ちなみに、この自称親友とやら、A氏の残した住所録に名前もなく、カメラ仲間や会社の同僚、学生時代からの親友に尋ねても誰も知らず、明らかな詐称でした。

 できれば、その買取業者から、ちゃんとしたクラシックカメラ専門店にコレクションが渡り、本当に欲しい人の手に届いたことを望むばかりですが、ジャンルは異なれど、家族から本とプラモを死ぬまでになんとかしろと言われる自分にとっても決して他人事ではありません。

故人の御冥福をお祈りいたします。
 


 少し前までは、猫が近所の空き地や原っぱ、畑、橋の下など、どこでもいましたが、南流山~新松戸界隈は畑や空き地がどんどん宅地化されており、それと反比例するように猫を見る機会が減っています。

 流鉄線の北側には、まだ沢山いると聞き、ちょっと遠征したときに撮った写真です。たしかに、うちの近所よりは、まだ畑や空き地が多く、猫も沢山いました。

R1039338

 この八割れは、まだ若いからか好奇心旺盛で、カメラを向けても逃げずに写真を撮らせてくれたのは、ありがたかったです。


 駒込に行く用事があったので駅近くの立ち食いそば店「一〇そば」にて、紅ショウガ天・とり天そばを補給。
R1124513

R1124511

 体内の紅ショウガ天数値が、かなり低下していましたが、これでまた約一ヶ月は稼働できます。都内で紅ショウガ天を供給してくれるだけでもありがたいお店ですが、ここのとり天はボリュームがあって、しかも美味しいです。
 名物のゲソ天と合わせてお勧めです。

このページのトップヘ